日誌

学校生活

にっこり あじさいプロジェクト!

1年生の女の子3人が昼休みにニコニコで書いているもの。

廊下の掲示板に「あじさいプロジェクト」なるものが登場しています。

「フワフワことばで、きれいなあじさいをさかせよう」と書かれているように、うれしかったことや楽しかったことを折り紙に書いて貼るものです。

どんなことが書かれているかのぞいてみると、

「シャトルランのとき、がんばれって言われてうれしかった」

「〇〇ちゃんみたいになりたいなぁ」

「ぼくが朝のあいさつの時大きな声であいさつしたら、みんな大きな声で返してくれるからうれしい」

「◇◇くんにありがとうっていわれました」

「△△(弟くんの名前)が、いうことをきいてくれたのでうれしい」

などなど、たくさんの温かい言葉やできごとが書かれています。

白水小が、もっともっと楽しい学校になりますように(^^)

0

バス 5年生集団宿泊学習!9

宿泊学習最後の活動で「ほっとはうす」に着きました。

「ほっとはうす」は、1998年、胎児性・小児性水俣病患者さんがスタートさせた、障がいのある人が働き・集い・交流する場です。

今日は、元施設長の加藤タケ子さんの進行で、胎児性水俣病患者の3名の方がそれぞれの生い立ちや思いを話してくださいました。

十数年前、白水小の5年生と交流したときは、歩けたり車椅子を自分で操作できていたりした方も症状が進行しているそうです。

一言一言、声にするのも大変な様子です。

ゆっくり、懸命に話してくださることが子どもたちに伝わり、聞き取りにくい声を心で受け止めて話を聞く5年生の姿にみなさんとても感心されていました。

子どもたちからは、

「子どもの頃に一番楽しかったことは?」

「今まで一番大変だったことは?」

という質問が出ていました。

今回のほっとはうすでの交流は、水俣病から宝物を伝えるプログラムです。

この患者さんたちとの出逢いを通して心で感じたことを、これからの自分の生活とつなげていける白水っ子になってほしいと思います。

水俣病は今年で公式確認63年です。

しかし、どの場所で話しを聞いても「水俣病は終わっていません」という声を聞きます。

自分たちのこととして、これからも考えることができますように。

 

この3日間で得た、たくさんの「宝物」を持って元気に帰ってきました。

送り出してくれたおうちの方に「ありがとう」と感謝の言葉を伝えるはずです(^^)

「ただいま!」

 

 

0

バス 5年生集団宿泊学習!8

いよいよ最終日。

もう一度水俣へ学習に向かいました。

白水小では、十数年前から現地に足を運んで、自分の目と耳と心で学ぶことを続けています。

まずは、茂道の海に向かい、杉本肇さんにお会いしました。

不知火海は魚(いお)わく海と言われるほど豊かな海です。

なぜ魚がたくさんとれるのか?海の中に真水が湧いていてプランクトンが多いことを教えてくださいました。

次に海岸に向かいました。

途中、杉本さんの作業所の前で天日干ししていたちりめんじゃこを食べさせていただきました。

昨日の漁でとってきたしらすで、

「かりかりしていておいしい!」

「香ばしくて海の味がする!」

と、子どもたちが嬉しそうに食べていました。

海岸の石ころの下には、カニ、フナムシ、ナマコの仲間、ビナと呼んでいる巻き貝、カサ貝などたくさんの生き物がいました。

いのちいっぱいの海岸です。

杉本さんは、「この海が大好きです」と言われていました。

そして、

「自分の地域のいいところ、好きなところをたくさん見つけてください」

と、話されていました。

次に坂本みゆきさんの案内で、親水護岸に行きました。

ここは有機水銀を含んだヘドロを封じ込めた埋め立て地です。

ただ、それだけでなく、当時の水俣の海で生きていた水銀に汚染された魚やたこなど海の生き物も一緒に埋め立てられている、命がたくさん眠る場所です。

このことをみんなが忘れないようにと、お地蔵様などたくさんの魂石(たましいいし)が海の方を向いて置かれています。

そして、最後に見学した場所が水俣病の原点とも言える百間排水口です。

排水口の説明とともに、坂本さん自身のお話を聞きました。

家族のこと、症状のこと、これからも向き合い続けていくこと…。

現地に足を運んで、お話を聞いて、感じたことがたくさんあると思います。

ぜひ、5年生の子どもたちに聞いてみてください。

0

夜 5年生集団宿泊学習!7

「優しくて温かいたくさんの友達をつくる火。

これからの私たちを見つめる夢いっぱいの火。

いついつまでも消えてはいけないと思います。

今夜、みんなと一緒にこの火を囲んで、静かに自分のことを考え、自分の夢に向かって進んでいくことを心に決めました。

私たちは、今日ここで育てた心を、これから先も、友達のためや、たくさんの人のために役立てていきたいと思います。

これからの毎日の生活の中で、悲しいこと、苦しいこと、つらいこと、困ったことなどあるでしょう。

そんな時は、ここで過ごしたことを思い出し、元気いっぱいに胸を張って頑張ることを誓います。

白水小学校5年生一同」

<キャンドルの集いでの誓いの言葉>

 

フープリレーや、シーツを使ったラインナップゲーム、貨物列車などのレクリエーションも楽しみました(^o^)

0

晴れ 5年生集団宿泊学習!6

あれ、デジャヴ?

今夜のメニューは(も)特大チキンカツに焼き餃子、ナポリタンなどなど。

揚げ物好きな子どもは喜んで食べています(^^)

今回のお白水小5年生は、毎食キャベツの千切りを3,4回お代わりをしている人が2人います。

誰のことかは帰ってから尋ねてみてください(^_-)

他にも、ご飯に汁物、しっかり食事をとっています!

0

晴れ 5年生集団宿泊学習!5

フォトウォークの感想発表より。

「海にゴミが落ちていました。なんでかなと考えました。ゴミはちゃんと決まったところに捨てたいです」

「展望台からの景色がきれいでした。班のみんなで協力できたので、明日の勉強も頑張りたいです」

環境についていろいろな気付きができたフォトウォークでした。

疲れた体をゆっくり、しっかり癒やすために、お風呂に入りました(^^)

そして、夜はキャンドルの集いが待っています。

現地でもホームページをチェックしています(^_-)

0

晴れ 5年生集団宿泊学習!4

みんなの祈りが通じて……、海にやってきました!

予定通りのマリン活動がスタート。

まずはカヌー。

パドル裁きを教わり、協力して波打ち際までカヌーを運び、いざ出航!

最初からスイスイと漕ぎ出すことができましたが、時々、

「ぶつかる~!」

「そっちに行ったらダメ~!!」

などの声も聞こえてきます。

行き過ぎて戻りたいのに戻れず、とうとうまさかの反対向き座りでバックするカヌーもありました(^^;)

カヌーのあとは海水浴。

フロートから飛び込んだり、みんなで輪になって浮かんでみたり、磯の生き物探しをしたりと、楽しい時間を過ごしました・

お昼は豚丼。

日頃は食が細いと思っていた子が、ぞくぞくとお代わりに向かっていました(^^)

昼食後は、海から陸地へ。

みんなで協力して自然を感じるフォトウォークラリーへ元気に出発しました。

「がんばるぞ!」

「おーーっ!!」

0

バス 5年生集団宿泊学習!3

気持ちのいい朝です。

お天気は晴れ。

風が気持ちよく吹いていますが、風速8メートル以上の場合はカヌーができないそうです(>_<)

できることを祈りつつ、今朝は遅めの朝食(8時20分)までにマリン活動の準備や荷物の片付け、部屋掃除をやり、準備万端で待機中です。

とにかく、今日もみんな元気です(^^)/

0

バス 5年生集団宿泊学習!2

今回2泊させていただく、あしきた青少年の家です。

入所の集いでは、代表が目標を発表。

教頭からは、

「ここでも白水小の『あいうえお』を意識して生活しましょう」

と、話がありました。

今回、「お」には「おもいでいっぱい」もプラスです(^^)/

さて、夕食のメインは特大フライドチキン!

みんなぺろりと平らげ、生活係さんの采配で、食器の片付け&床掃除までバッチリ。

「うつくしさいっぱい」です(^_^)v

本日最後の活動は、ナイトゲーム。

暗くなるのを待つ間には青少年の家の先生の楽しい話もあり、「えがおいっぱい」の夜となりました(^_^)

 

もうみんな眠りについたかな。

また明日も充実した一日になりますように。

 

そうそう、校長も応援に駆けつけました。

みんなの元気な姿に、安心してとんぼがえり(^_-)

0

バス 5年生集団宿泊学習!

お見送りのおうちの方々に、

「さみしくても泣かないでね!」

と、元気にあいさつをして出発。

バスの中では、何曲も歌を歌っていました。

心配されたバス酔いもゼロでした。

午前中は水俣市立水俣病資料館での学習でした。

話をしてくださったのは、前水俣病資料館長さん。

父親がチッソで働いていたため、水俣病ではなく、小児マヒとして過ごしてこられたそうです。

「正しいことを学んでいなくて、間違ったことや噂を信じていたため、私も高校生の頃まで差別する側にいました」

だから、今、語り部として子どもたちに「正しいことを学んでほしい」と訴えています。

「自分の周りをしっかり見て、差別や偏見がないか点検してくれることを願います」。

この方は詩人でもあり、声なき叫びを詩集「光り海」として発刊されています。

午後は環境について学習。

環境にやさしいエコショッピングに挑戦しました。

「環境ラベルがついているよ」

「古紙がリサイクルされてるから、こっちがエコだ」

と、しっかり考えて選んでいました。

 

 

0