日誌

2019年2月の記事一覧

笑う あかね先生!

JFA(日本サッカー協会)が社会貢献活動として行っている「JFAこころのプロジェクト」の「夢の教室」が行われました。

これは、様々な競技の現役/OB/OGのスポーツ選手などを「夢先生」として学校へ派遣し、「夢を持つことやその夢に向かって努力することの大切さ」「仲間と協力することの大切さ」などをゲームと夢先生の体験談を通じて子どもたちに伝えていくものです。

本校は今回で3年目で、すっかりおなじみの活動となりました。

今日は、5,6年生が「夢先生」の授業を受けました。

今回の「夢先生」は、川面茜(かわづらあかね)さん(旧姓は新原)。

あの強豪ジャパンエナジーのバスケットボールチームで主将を務められ、日本一に何度も導いたスター選手です。

まずは、体育館で名刺代わりにドリブルを披露。バスケ部2人がかりでも全然取れません(^_-)

そして、みんなでボール渡しやおにごっこなどの簡単なゲームを行います。

進行役の方が少しずつそのゲームに制限やルールを付け加えます。

子どもたちはその約束の中でどうやれば上手くゲームをクリアしていくことができるのかを真剣に考え、話し合います。

考え、協力し、実行するというのが、このゲームの目標となっているのでしょうが、子どもたちはばっちりその目標をクリアしました。

茜先生も「みんなすごく仲がよくて、一生懸命でびっくりした」とおっしゃっていました。

ゲームのあとは、教室で茜先生のお話を聞きました。

バスケに出会って、小学校から高校まで全国大会に出場するなど、ずっと第一線で活躍してきたこと。

しかし、社会人になって7年間も試合にほとんど出られなかったこと。

外国人コーチに褒められたことで、さらに努力を重ねレギュラー、そして主将にまで抜擢されたこと……。

これまでの夢先生もみなさん大きな挫折を味わっておられます。

茜先生も辛い時期が長かったですよね。

それでも目標を持ってあきらめなかったことを子どもたちには胸に留めておいて欲しいです。

 

最後に、茜先生から子どもたちへ、

「目標を持つ」「自分を信じる」「親に感謝する!!」

との言葉をいただきました。

お話のあとには、子どもたちが自分の夢を発表しました。

全員が手を挙げたので全員が発表したのですが、このことにも茜先生は感激しておられました。

「今までこんなことはなかった。みんなが堂々と自分の夢を語れる学校なんだね」

と。

 

素敵な授業をありがとうございました(^^)/

0

グループ 児童総会!

今日は児童総会を行いました。

総会では、各委員会から1年間頑張ったことや反省などが発表されました。

それぞれ、学校のためにしっかり働いてくれて、感謝です。

その後は、4~6年生が学年ごとに学級目標に対する振り返りなどを発表しました。

4年生は、自分たちで考え話し合って課題を解決できるようになったことを伝えてくれました。

6年生は、これからもよりよい「あいうえお学校」にしてください、と。

それに応えて、5年生が、最上級生になる決意を語りました。

子どもたちの1年間の成長は素晴らしいものですね。

ただ、これだけで終わらないのが白水小学校です。

高学年の発表を聞いた低学年の子たちが、手を挙げて感想をどんどん発表するのです。

こちらの成長もすごいです(^^)

 

 

委員会の発表には、あのTT兄弟の姿もありました(^_-)

0

音楽 顔が命!

音楽集会がありました。

もう2月も終わりを迎えたこともあり、卒業式に歌う「ビリーブ」の練習をしました。

歌の練習で担当がいつも言うのが、いい顔で歌おうということ。

「歌は顔が命」。

目を開けて、口を縦に開けて歌います。

頬の筋肉を柔らかく、引き上げて歌います。

そんなことを意識して歌うと、柔らかな、澄んだ歌声が響きます。

いい顔で、いい声で、いい歌を期待しています(^^)

0

体育・スポーツ ティーボール!

今日は、毎年恒例、村内6年生のティーボール大会でした。

教育委員会の主催で、パークドームを貸し切ってのレクリエーションです。

本校の子どもたちも以前から楽しみにしていました。

村内5つの小学6年生の参加者が4つのチームに分かれての総当たり戦。

他の小学校の子どもたちとも、これまでの交流などでなかよしの様子で、和気あいあいでした。

お弁当のときには、

「2敗してるから、次は勝ちたいな」

「全勝で優勝するバイ」

と、なかなかみんな本気モードです。

試合中は、

「かっとばせー、〇〇!」

と、チームで息の合った応援の声も聞こえました。

 

中学校では一緒に勉強する子どもたち。

楽しい一日を過ごせてよかったですね(^^)/

0

期待・ワクワク わくわく!クラブ見学!

今日は今年度最後のクラブ活動でした。

そして、4月から4年生になる3年生がクラブ活動の見学をして回りました。

科学クラブでは、そんな3年生に手作りべっこう飴を作ってプレゼントしました。

作り方は簡単。アルミカップに入れた砂糖に水を垂らしてコンロの火にかけるだけ。

少し黄色くなったところで火を止めて冷やします。

爪楊枝を刺して固まったら立派なべっこう飴です。

家でもぜひ作ってみてください。

3年生はこのプレゼントに大喜び。

「おいしい!」

と、ニコニコでした(^^)

4年生になったら楽しいこともたくさん待ってますよ(^o^)

0

にっこり 笑顔いっぱい!

毎週水曜日に学校に来てくださるスクールカウンセラー(SC)の先生が、昼休みに子どもたちを集めて遊びを教えてくださいました。

まずは「トイレットペーパー綱引き」。

トイレットペーパーを二人で引き合い、ペーパーを長く取った方が勝ちというゲーム。

チーム対抗で、少し短くなったものを次の対戦で使うので、ペーパーの無駄もそんなにありません。

これにも勝つコツがあるのかもしれませんが、誰が勝つかわからないのがいいですね。

続いてのゲームは「ストローリレー」。

口にくわえたストローで輪ゴムを次の人に送っていくもの。

最初はちょっと恥ずかしがっていた子どもたちもゲームが始まるとそんなことは言ってられません。

どうにかリレーしようと四苦八苦していました。

 

どちらのゲームも子どもたちが自然と笑顔になり、とっても和やかな時間が過ごせました(^^)

SCの先生、ありがとうございました。

 

ゲームが終わって教室に戻った2年生、仕事をしていた担任に、

「キスゲーム楽しかったです!」。

それを聞いた担任、

「えええーーっ!!キスゲームぅぅぅぅ~~~~!!??」

仰天してました(^_-)

0

ノート・レポート そろばん!

3年生が算数でそろばんの勉強をしています。

親指と人差し指で珠を操作するのって子どもたちにとって難しいんですよね。

特に親指が。

「あっ、お母さん指で動かしちゃった!」

と、失敗した声も聞こえてきます(^_-)

二人組で見合いながら、

「そろばん楽しい!」

と、ニコニコ活動しています(^^)

 

たまたま職員室で校長が、

「子どもの頃、そろばん8給落ちたったいね。ショックだったなぁ」

って思い出話をしていました(^^;)

0

笑う ようこそ小学校へ!

今日は、4月に入学する予定の新1年生たちが体験入学に来てくれました。

午後から2時間ほど学校にいましたが、保護者説明会の間、新1年生は5年生と1年生の子どもたちと過ごしました。

まずは5年生と。

体育館でボール遊びをしていました。

新1年生が投げたボールを5年生が三角コーンで受けます。

5年生も責任重大なので真剣でした(^^;)

次は1年生との交流。

教室の机の席に着いているのが新1年生。

まずは先輩1年生が学校での行事を紹介します。

その後は1年生手作りのおもちゃで遊んでいました(^^)

説明会、交流会が終わると一斉下校。

新1年生一人一人に自己紹介をしてもらいました。

名前と好きなもの。

好きなものは、サッカーやレゴ、外遊びなどなど。

ある子は「ママ!」と言ってました(^o^)

と思ったら、職員の間でもめ事が…。

「あれは『桃』と言ったんでしょ」

「いや、ママに聞こえた!」

入学したら、もう1回尋ねてみます(^^;)

 

すごくしっかりした12人でした。

職員も先輩たちも、みんなで入学を待ってます!

0

給食・食事 チョコorメロン?

今日の給食はみんなが楽しみにしていたセレクト給食。

チョコスティックパンかメロンパンかを一人一人が選べるのです。

6年生の教室に行くと、女子はチョコパン、男子はメロンパンときれいに分かれていました。

どうしてチョコパンを選んだのか女の子に尋ねると、

「おいしそうだから」

「上の砂糖がザクザクしているのだったら苦手だから」

という答え。

栄養教諭によると、全体では5対3の割合でメロンパンが多かったそうです。

ちなみに今日のメニューは、ポークビーンズとアーモンド入りサラダ。

いつものことですが、すごくおいしかったです(^^)

6年生はよく食べるので、時々給食センターからのおまけがあります。

ということで、今日はジャンケンで勝ち抜き、おまけのパンをゲットして2種類とも食べられるという幸せ者もいました(^_-)

0

にっこり みんなちがって…

今日のえがお集会は養護教諭が本の読み聞かせをしました。

本の題名は「わたしはあかねこ」

黒ネコと白ネコの親から生まれた赤ネコは、みんなから変な目で見られます。

そして、どうにかして白や黒にしてやろうと周りのネコたちがいろいろな作戦を立てます。

でも、肝心の赤ネコは自分の赤い体が好きなのです。

みんなから離れた赤ネコは青ネコと出会います。

やがて、黄や紺やいろいろな色の子ネコが生まれました。

当たり前のことですが、誰もが一人一人違います。

それぞれに個性を持っているのです。

養護教諭が持っている旗は、一人一人の個性を大事にしますよ、という意味を表す「レインボーフラッグ」というそうです。

そして、この旗は南阿蘇村のすべての学校の保健室に掲げられているそうです。

安心して来室できる素敵な保健室、素敵な村ですね(^^)

0