日誌

学校生活

驚く・ビックリ 爆発!

4年生の理科の授業をしていると、

「先生、阿蘇山が爆発しました!」

と、子どもたちが驚いて口々に言い出しました。

外を見てみると、なるほど、中岳から黒い噴煙がもくもくと出ています。

こうやって、これからも噴火を繰り返していくのでしょうね。

もうそろそろ収まってくれてもいいのではないかと思いますが…(-_-)

子どもたちもちょっと怖がっていたので、カーテンを閉めました(^^;)

30分もすると、煙は消えていました。

子どもたちも一安心で理科室を出て行きました(^_-)

 

0

にっこり ようこそ!

1年生の担任が産休に入ったのにともなって、新しく臨採の職員が就任することとなり、朝から子どもたちとの顔合わせを行いました。

長年教職に就いていて、以前は南阿蘇村の学校でも勤務したこともあるベテランです。

あいさつでは、

「南阿蘇で働いたことはありますが、白水のことは知らないので教えてください」

「名前を覚えることが苦手なので、『~~が好きな〇〇〇〇です』と、名前を教えてください」

と子どもたちにお願いをしていました(^^)

また、児童代表からは、

「僕たちは低学年も高学年もみんな仲良く遊んでいます」

と、学校の紹介がありました。

 

1年生も新担任もはじめはちょっとドキドキでしょうが、すぐに打ち解けますよね(^_-)

よろしくお願いします(^_^)v

0

期待・ワクワク 元気な赤ちゃんを!

1年生の担任が昨日をもって産前休暇に入ることになりました。

結婚して1年目の第一子。

さぞや楽しみなことでしょうね(^^)

一旦学校を離れるということで、子どもたちにあいさつがありました。

 

妊娠が分かったときは涙が出るほど嬉しかったこと。

その時の赤ちゃんの体重は玉子1個分くらい(50g)だったこと。

今は1Lのペットボトル2本分くらい(1900g)あること。

白水小が大好きだから、みんな頑張ってください、ということ。

最後に6年生から励ましとお礼の言葉がありました。

 

産前休暇に入るまで、つわりなどで少々体調が悪いこともあったでしょうが、しっかり仕事をこなしてきました。

子どもたちも体調やお腹の赤ちゃんのことを気遣ってくれていたと思います。

ここまで順調にきたことを、職員一同喜んでいます。

多くの女性職員からは、

「育児休暇のときが一番幸せな時間だよ」

と声を掛けられていました。

 

かわいい赤ちゃんを連れて、学校に遊びに来てくれるのを楽しみに待っています(^_^)v

0

にっこり それぞれの1日目!

一昨日が始業式で、実質昨日から授業が始まりました。

その1時間目、4年生教室ではお楽しみ会が行われていました。

2学期末にやれなくて延期になってのことです。

写真は、グループごとの出し物で「学校あるある」の寸劇です。

ちょっと見ただけでは理解できないところもありましたが(^^;)シナリオも自分たちで考えていて演技派ぞろい。

次の運動会あたりの活躍が期待できます(^_-)

みんな楽しそうでした。

2年生は新出漢字の練習をしていました。

みんなで手を出して筆順の練習をしています。

1月末に漢字検定を受ける子もいるので頑張って練習しよう、ということだそうです。

そう言えば、今日1年生の健康観察に行ったところ、

「漢字検定があるので楽しみです。お母さんと練習をやっています」

と話してくれた子がいました。

おうちの方も一緒にやってもらえると、子どもも心強いし頑張ろうという気持ちも大きくなりますね。

何事も目標を持って努力することは大切です。

検定を受ける子も受けない子も頑張ってください(^^)/

0

ニヒヒ 大事なお便り!

始業式のあとに、養護教諭の話がありました。

まずは、トイレットペーパーのこと。

トイレに行くと、トイレットペーパーが、べろんと床に着くくらい垂れ下がっていることが多くあるそうです。

時には、床に落ちていたり…。

ペーパーを切るときに、ホルダーの上をちょっと押さえて切るようにして欲しいということです。

おうちではどうでしょう?

日々練習です(^^)

 

それからもう一つは「うんち」のこと。

冬休み明けで体調がすぐれないこともあるだろうから、どんなうんちだったかを毎回確認して欲しいということです。

具合が悪くて保健室に行くと尋ねられますよ(^^;)

うんちは体からの「大」事なお「便」りだそうです(^o^)

自分の体調を知ることは大切ですね。

0

にっこり 3学期!

 いよいよ令和2年、2020年の学校が始まりました。

始業式では、校長から

「この3か月を大事にしてください。この学年で習うべきことを分かるようになって次の学年へ上がってください」

という話がありました。

子どもたちからは、

「お年玉をもらった」

「いとこと遊んだ」

「太宰府で、100点を取れるようにお参りした」

などと、冬休みの思い出が発表されました。

3学期の目標では、勉強を頑張るという子が多かったです。

期待できますね(^^)

 

また、今年初めての校歌斉唱は、6年生の伴奏で歌う最後の校歌斉唱となりました。

1年前に、当時の5年生の女の子たちが昼休みに音楽室に集まって伴奏の練習をしていたのを思い出しました。

去年の卒業式からずっと伴奏をしてくれてありがとう、の気持ちを込めて、みんなで拍手を送りました。

 

今年は東京オリンピック・パラリンピックの年。

きっとこれからずっと語り継がれるような一年になることだと思います。

白水小学校にとっても最後の大切な年です。

まずは3か月、いい3学期にしましょう!

0

笑う さあ、冬休み!

今日は2学期の終業式でした。

校長からは、

「2学期に勉強や運動会や学習発表会や掃除や朝マラソンや読書や、それぞれに頑張ったでしょう。他人には見えないところで頑張った人もいるでしょう。頑張ったことはいつか必ず効果が表れます」

「白水を大好きになってください。白水のいいところを見つけてください」

「あいさつを大切にしてください。いつでも自分から進んであいさつしましょう」

という話がありました。

子どもたちの発表では、2学期に頑張ったこととして、運動会や持久走大会、漢字・計算大会などが多く出ていました。

また、冬休みは宿題を早く終わらせたい、家の手伝いをしたい、ということがありました。

ぜひ、おうちの方は期待をしていてください(^_-)

 

最後に生徒指導関係の話がありました。

内容はゲームの「レーティング」について。

レーティングとは、簡単に言えば、評価とか格付けということですが、ここではゲームの対象年齢ですね。

子どもたちが大好きなコンピュータゲームには、対象年齢があって、A,B,C,D,Zで示されています。

Aは全年齢対象、Bは12歳以上対象で、C,D,Zはもちろんそれ以上対象です。

子どもたちに尋ねると、どうも多くの子がB以上のゲームをやっているようです…。

LINEやTwitterなどにも対象年齢があるようですよ。

どうぞ、保護者の方でそういうことにも気をつけていただきたいと思います。

 

2学期最後の日、お楽しみ会をやっている学級もありました。

2年生はいす取りゲームで盛り上がってました(^^)

 

楽しい冬休みを過ごして欲しいと思います(^_^)v

 

0

ハート ご協力を!

今日の児童集会は、環境ボラティア委員会の発表でした。

まずは、先日まで呼びかけていた赤い羽根共同募金の集計結果から。

1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉、1000円札…と発表し、総額が発表されます。

その額、6829円。

みんなの温かい気持ちをいただきました(^^)

 

そして、次は書き損じはがき集めのお願いです。

「はがきマン」が登場し、書き間違いをした年賀状を処分しようとする人の行動を阻止します。

ぜひ、誰もが「はがきマン」になって、書き損じはがきを集めて欲しい、というお願いでした。

その中で、書き損じはがきによる益金が点字の本を作るのに使われるという紹介がありました。

また、海外に目を向けると、はがき11枚で貧しい国の子ども一人が1か月学校に通えるという紹介も。

一人一人の小さな心遣いでも、集まると大きなことができますね。

 

環境ボランティア委員会のおかげで、子どもたちの意欲も高まったようです。

お正月が終わって、お年玉年賀はがきの当選番号を確認したあとに、1枚でも協力をお願いします(^^)/

0

ピース エアコン始動!

かねてより行われていた校内のエアコン設置工事がほぼ終わりました。

昨日の午前中までは、従来のボイラーを使った暖房器を使用していましたが、その重油も使い切り、新しいエアコンがとうとう動き出しました!

と言っても、この頃は年末としては気温が高く、エアコンを使うほどではないんですけどね(^^;)

それでも試運転としてスイッチを入れてみました。

新しいものを使うときの気持ちはやっぱりいいものです(^_^)v

学校中のエアコンを職員室で集中管理もできます。

素晴らしい環境を整えてくださった村に感謝です。

これで、子どもたちも一年中勉強にますます精を出すことができます(^o^)

乞うご期待!

0

笑う アミアミアミーゴ!

6年生がクラフトバンドを使ってバッグ作りをしていました。

図工の教科書に「アミアミアミーゴ」という題材名で載っているものです。

そして、ちょうどこのような小物作りがとてもお上手なお母さんが6年生におられるので、ゲストティーチャーとしてお招きしました。

お母さん先生は、子どもたちのためにクラフトバンドを長さを揃えて準備してきてくださいました。

そうしないと時間が足りないだろう、と考えられて。

ありがたい限りですm(_ _)m

子どもたちに話を聞くと、実は以前の学年レクリエーションでもお世話になったとのこと。

でも、

「その時は、お母さんたちばっかりにしてもらって、子どもは遊んでましたぁ(^^;)」

とも言ってました。

「ああ、間違った!」

「難しい!」

という声も聞かれながら、今回は授業ということもあり、真剣にクラフトバンドに向き合う6年生でした(^^)

素敵なバッグができあがりました(^_^)v

 

0