日誌

学校生活

バス 集団宿泊スナップ

5年生の集団宿泊学習のスナップです。


水俣病資料館、環境センターでの学習です。


環境センターの学習ゲーム。     芦北青少年の家で楽しく寝ます。


海でのカヌー体験です。


「またね!」という看板に見送られました。
0

昼 おかえりなさ~い!


日曜日から芦北に集団宿泊学習に行っていた5年生が帰ってきました。
激しい雨の中での出発でしたが、3日間、予定通り活動をしてきたようです。
バスから降りた子どもたちは、少し疲れた表情でした(^^;)
それでも、中身の濃い充実した時間を過ごしてきて、少し成長した子どもたちです。
これからの学校生活で、高学年としての役割をますます果たしてくれることでしょう。

おうちの方にお土産話をたくさんして、明日一日ゆっくり休んでください(^^)
0

笑う ソファー


先日、くらら学級にソファーが届きました。
見覚えがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
旧白水庁舎にあったものです。
どのあたりにあったのでしょう。
どれだけの人が腰掛けたのでしょう。
今では、特に低学年の子どもたちの大好きな場所です。
高学年の子どもたちも、くつろぎに来てください。
もちろん、保護者や地域のみなさんも座ってお話しましょう(^_^)

0

ニヒヒ 梅干し作り


4,5年生が、収穫したウメを使って梅干し作りに挑戦しています。
先日は、地域の方やおばあちゃんに来ていただいて指導を受け
ました。
まずは、傷ものを取り出しました。そして、よく水気を取ります。
次に、樽にウメを入れて塩と焼酎に漬けます。
当日の作業はそこまでです。
次はどんなことをするのでしょう?

昨年の地震の際は、その前年の梅干しを避難している方々に
配ったところ大変喜ばれたそうです。
そんな災害とかは困りますが、今回も人に喜ばれる梅干しに
なるといいですね。
0

ひと休み スズムシ!


2年生の生活科の時間。
養護教諭の丸山が持ってきた虫かごの中にいたのはスズムシの
赤ちゃんたちでした。
かわいいはずの赤ちゃんが、かごの中いっぱいに「気持ち悪い」
(児童の言葉(^^;))ほど大量のスズムシ。体長2ミリくらいのものが
うじゃうじゃしていました。
丸山のスズムシ飼育歴はなんと20年!大ベテランですね。
この由緒ある?スズムシを分けてもらい、2年教室で飼おうという
のです。

丸山が飼い方を2年生にレクチャーしました。
オスとメスの見分け方やエサのあげ方、住み処の作り方などです。
下の写真はスズムシを分けてもらっているところです。植木鉢の
かけらについているスズムシが見えるでしょうか。この裏にはびっ
しりついていましたよ。
2年生、かわいがってくださいね。

このスズムシ、なんと無料で!希望者に分けたいということです。
すでに何人かの子どもがもらって帰りましたよ。
おうちでスズムシの音色を聴く、風流な秋の夜長を楽しみませんか(^^)
0