日誌

学校生活

晴れ プール開き!

今日は、絶好の天気に恵まれてプール開きを行いました。

昨年改装されて、先日みんなで掃除したプールはまぶしいほどに輝いています。

まずは、校長から、

「水の事故で毎年命を落とす人がいます。プールの中では絶対にふざけたことをしないこと。そんな時間があるなら、上手になるように練習してください!」

と、とにかく命を大切にして体力をつけるよう、話がありました。

その後は準備運動、5,6年生代表による模範の泳ぎ、シャワーへと続きます。

さあ、いよいよ水の中へ。

水慣れをして水に入ると、全員でプールの中を丸く歩きます。

6年生は1年生をおんぶしています(^^)

でも、今年の1年生は水を怖がる子は見当たりませんでしたよ(^_-)

プールに大きな渦ができ、子どもたちは気持ちよさそうに体を水にまかせます。

最後には自由時間で思い思いに楽しんだ子どもたちでした。

 

プールさん、今年も事故なく、よろしくお願いします(^o^)

0

了解 安全に登下校を!

最近は、子どもが巻き込まれた交通事故のニュースがとても多い感じがします。

本校でも、毎日のように担任をはじめ、全職員で子どもたちに注意を促しているところです。

そういった状況から、村が子どもたちの安全のために動いてくださいました。

登下校時に子どもたちが着用できる安全ベストを購入してくださったのです。

ということで、昨日、その安全ベストの贈呈式?が行われました。

校長の話のあと、教育長さんから児童代表に渡していただきました。

子どもたちは、今日持って帰ったので、明日から登下校時に着用します。

きっと、ドライバーの方々の注意力も高まることだと思います。

絶対に子どもの交通事故を村内で出さないようにしましょう!

      ↑ こんな感じです。

 

PS…教育長さんから、白水小の子どもたちは話の聞き方がとてもいいとほめられました(^^)

0

泣く 悲しかったこと

ある学年(〇年生)の学級通信を読んでいたら、「悲しかったこと」という見出しの文章がありました。

写真を撮ったので紹介します。

見出しを見たときはドキッとしたのですが、中身を読んでホッとしました。

というか感動しました。

白水小は、みんな仲良く、優しい子どもたちばかりです(^^)

 

0

ピース シンチャオ!

「シンチャオ!」

という言葉をご存じですか?

ベトナム語のあいさつだそうです。

日本語で言えば「こんにちは」ですね。

今回の学校集会は、この「シンチャオ!」で始まった教頭の話。

実は、本校の教頭は20年近く前に、3年間ベトナムの日本人学校で勤務した経験があるのです。

それで、子どもたちにベトナムのことをいろいろと教えてくれました。

気候のことや学校のこと、食べ物のこと、などなど。

興味深いことがたくさんありましたが、子どもたちの反応を見てみると、フォーとかドリアンとか結構知ってることに驚きました。

情報を得るツールも多くて、国際化が進んでるんですね(^^)

その中で子どもたちが一番驚いたのは、バイクに4人乗りしてる写真かな。

4人まではOKだったそうです(^^;)

 

村内にも外国から来た方々が住んでおられるし、生活習慣や考え方など、日本人同士でも様々です。

そういう多様さや違いを知ることはとても大切だ、ということを知らせたいという思いがこもった話でした。

続きも是非、またの機会に(^_-)

0

ピース 大きくなあれ!

今日、毎年恒例、全校児童でサツマイモの苗植えを行いました。

今回も3名の保護者の方がお手伝いに来てくださいました。

ありがとうございます。

まず最初に、苗の植え方をレクチャーしていただきました。

その後、早速縦割り班ごとに植えていきます。

苗を植え終わった畑は壮観です。

10月の親子ふれあい活動で、芋掘りをしますので、保護者の皆さまにはお世話になります。

 

最後に、子どもたちが感想を発表しました。

「みんなでやったから楽しかったです」

「大きなイモがとれるといいなと思います」

そして、

「新幹線より長いイモがとれるといいです!」

と、1年生。

素晴らしい発想です(^^)/

0

にっこり たねまき!

3年生が小さな「うちわ」みたいなものを持って畑に集合していました。

何ごとかと思って見てみると、大豆の種まきをするとのこと。

そして、その「うちわ」にはかわいいイラストが。

一人一人がパソコンで描いたキャラクターだそうです。

おおるり学習(総合的な学習の時間)で、パソコンと大豆の栽培を関連づけて勉強してるんですね。

子どもたちは、

「納豆を作りたい!」

「枝豆がいい!」

「持って帰りたい!」

などと口々に言いながら種まきをしていました。

ちなみに担任は、

「豆腐とかできたら…」

と言ってました(^^;)

さあ、何ができるのでしょうね(^^)

 

ちょうど収穫の時期頃かな、国語で「すがたをかえる大豆」という説明文を勉強する3年生です。

国語とも関連づけて活動するなんて、担任の考えの深さにも感心です。

子どもたちは、実体験をもとに理解が深まること間違いなしですね(^_-)

0

笑う どんな仕事?

1年生が職員室にやってきました。

「職員室の先生たちはどんな仕事をしているのかな?」

というのを知る勉強のようです。

 

教頭や養護教諭の話を聞いて、最後に校長室へ。

「校長先生はどんな仕事をしているんですか?」

と、みんなで声を合わせて質問。

校長からは、

「難しいなあ。そうだなぁ、先生は警察みたいな仕事をしているよ。みんなが元気にしているかな、勉強を頑張っているかな、元気にしているかな、っていうのを見ているよ」

との答え。

「警察みたいな仕事」

と聞いて、ぽかんとしていた子どもたちも何となく?納得していたようでした(^^;)

話を聞くと、代表の子が手紙を読んで渡しました。

「校長先生、遊んでくれてありがとうございます」。

かわいいですね(^^)

 

写真下の教頭への手紙は、

「これからも、あさマラソンしょうぶしましょう」

と書いてありました。

教頭の『やる気スイッチ』も押してくれた1年生でした(^_-)

 

 

 

0

にっこり 縦割り班掃除!

本校では、毎年1年生から6年生までを縦割りにした班で掃除を行っています。

異学年の友達とのつながりが深くなるし、上学年は下学年を引っ張っていかなくちゃ、という意識が強くなり、下学年は上学年を見習おうとする気持ちが湧きます。

明日から縦割り班掃除が始まるので、今日はその話し合いがありました。

今日の話し合いから早速上級生はリーダーシップを発揮します。

てきぱきと話を進める姿は、頼もしくかっこよく見えました。

明日からの掃除の時間にもきっとかっこいい姿を見せてくれることでしょう。

上級生だけじゃなく、掃除を一生懸命やる姿は誰もがかっこいいものですよね(^^)

0

グループ 児童総会!

今日は児童総会がありました。

総会では、各委員会からの発表と各学年からの発表がありました。

委員会からは、1年間の目標や学期ごとのめあて、お願いなどが伝えられました。

文字や寸劇など、各委員会で、より印象深く伝える工夫がされていました。

各学年からは、学級目標と人権目標、それらの目標に対する思いが発表されました。

 

本校の素晴らしいところは、本校の合い言葉である「あいうえお学校」(あいさつ、いのち、うつくしさ、おもいやり)の精神が委員会でも学年でも、目標にちゃんと生かされていることです。

全校で「あいうえお学校」にしようという思いがしっかりあるのです。

みんなが、言葉は違うにせよ、同じ目標に向かっていることが嬉しいですね。

 

さて、本校の総会は人権集会も兼ねているので、最後に人権教育担当の職員からの話がありました。

笑顔あふれる白水小にするために、「笑顔で進んであいさつ」「進んで声をかけよう」「みんなでなかよく遊ぼう」「優しい言葉をつかおう」「気持ちを友達に伝えよう」という話です。

やっぱりこれも「あいうえお学校」につながりますね。

 

最後の最後に校長から、素晴らしい総会だったということと、

「言葉にしたのだから、実行しよう。期待しています!」

という児童への激励の言葉がありました。

 

また1ランクアップの学校になる1年間になること間違いなしですね(^o^)

 

 

 

0

病院 今のうちに!

先日、内科検診が行われていました。

低学年の男子の様子を覗いてみると…。

「はい、そのまま前に倒して。ぐーっと。」

「ん~、君も硬いねぇ」

と、検診の先生の声が聞こえます。

どうやら、前屈をさせて体の柔らかさを診ているようですが、硬い子どもが気になられるみたいです。

 

あとから養護教諭に聞いてみると、たくさんの子が「硬い」と言われたとのこと。

職員室では、

「子どもの頃は柔らかくないとね」

と、数人で話しながら前屈。

まあ、8割の職員は手が床につきませんでしたね(あくまで、たまたまそこにいた職員です!)

「立ったまま靴下を履けんもん」

「いつからか足の爪を切るのが大ごとになった」

「腹がつかえてねえ」…。

こんな会話が続きます(^^;)

 

体が硬いといろいろ不便ですよ。

児童のみなさんは、今のうちからストレッチなどに励みましょう!

大人も、ですね(^_-)

 

ちなみに、写真で前屈している男の子は柔らかかったです(^^)

0