日誌

2018年2月の記事一覧

笑う 夢の教室!


今日は、元全日本バレーボール選手で、ワールドカップやアテネオリンピックで活躍、一世を風靡した大山加奈さんが学校に来てくださいました!
これは、子どもたちに夢の大切さや素晴らしさを伝えていこうという、
日本サッカー協会が全国で行っているプロジェクトで「夢の教室」といいます。
大山さんは、その「夢先生」、加奈先生なのです。
午後の2時間、4,5,6年生の「夢の教室」が始まりました。

まずは、体育館で子どもたちと出会います。
自己紹介の中で、子どもたちに軽くレシーブをさせてくださるなど、サービス精神旺盛の加奈先生。
子どもたちの目がいきなり輝き出しました。

その後、みんなでゲームの時間です。最初は個人個人がばらばらにやっているゲームなのですが、少しずつ内容に制限がかかってきます。その度に、子どもたちはどうすれば上手くいくのかを考えなければなりません。加奈先生を中心にいろいろな意見を出す子どもたちの姿がありました。
みんなで一つの目標に向かって考え行動し、そして、その目標をクリアしたとき、子どもたちの喜びは大きくなっていきました。
加奈先生は、この子どもたちの姿に感動し、涙が出そうになったと言ってくださいました(^^)


体育館での活動が終わると、教室で「夢先生の夢トーク」。
まず、加奈先生が小学生の頃から全日本エースのバリバリの頃までの映像を観ました。
加奈先生の現役時代を知らない子どもたちからは、会場一体となって応援される中でアタックを決める加奈先生に感嘆の声が漏れていました。
その加奈先生、実は小さい頃は体が弱く、運動も苦手な子だったそうです。小学2年生でバレーを始めても、妹さんの方が上手で、初めて立てた目標が「妹に負けない」だったとのこと。その小さな目標が、どんどん大きくなっていくんですね。まさに、千里の道も一歩から、です。

その後、いろいろありましたがオリンピックにも出場することができました。しかし、それから間もなく腰を痛めて手術をします。バレーができなくなるかもしれないとも言われたのですが、きついリハビリを乗り越えて484日かけて復帰を果たします。そのリハビリを頑張れたのは「自分が頑張って復帰をすれば、同じように苦しんでいる人に元気を与えられるかもしれない。誰かのためになろう」という気持ちだったそうです。そう考えることで、勇気や力が湧いてきたのだそう。何よりチームのみんなが応援してくれたことが支えになった、と。
そして、子どもたちに「困っている人、きつい環境にある人に声をかけて欲しい。みんなと私との約束」と。

最後に、「夢は叶わないこともある。でも夢に向かって頑張ったことは絶対に力になる」と、伝えてくださいました。また、「夢を叶えるには応援してもらうこと、みんなに自分の夢を知ってもらうこと。おうちの人にも伝えてね」だそうです。
加奈先生の言葉を受けて、教室では多くの子どもたちが夢を発表してくれました。

素晴らしい「夢の教室」でした(^o^)
0

にっこり 児童総会!


今日の2時間目は児童総会でした。
まず、各委員会からの発表がありました。
白水小学校は、「あいうえお学校」を目指しています。
あいさついっぱい、いのちいっぱい、うつくしさいっぱい、えがおいっぱい、おもいやりいっぱい、の学校です。
児童みんながこの意識をもっているので、委員会活動でもそれぞれに「あいうえお学校」のためにという意識で活動しています。
今日は、この1年の委員会活動においての反省などが中心の発表でした。

その後、6年生全員で後輩たちにメッセージを送りました。
その中で、2つの「ミッション」が託されました。
ひとつは、あいうえお学校の「あ」、あいさつを特に大事にして欲しいということ。
もうひとつは、決まりを守る学校であって欲しいということです。
どちらもしっかりできている白水っ子ですが、小さなほころびもなくして欲しいということでしょう。
それを受けて、今度は4,5年生が、来年度への決意などを語りました。

一年の終わりに近づいたな…という気持ちになった集会でした。
0

会議・研修 阿蘇をもっと知ろう!


3年生の総合的な学習の時間「おおるり学習」で、阿蘇について勉強しています。
今回は、阿蘇ジオパークのガイドさんにゲストティーチャーとして来ていただきました。
先生は、阿蘇山の成り立ちや素晴らしさについてお話されました。
その後、子どもたちからの質問タイムです。
「どうして阿蘇のことを調べているんですか?」
「マグマはどうしてできるんですか?」等々。
先生は、阿蘇が大好きだからガイドをされていること、大地がこすれ合って熱いマグマができることなど、写真や身振り手振りを使って丁寧に答えてくださいました。
この勉強を通して、子どもたちは自然の偉大さや不思議さを強く感じたことだと思います。

0

音楽 音楽集会♪


今日は、2日連続の音楽集会で、6年生の発表。
6年生は「広い空の下で」と「この星にうまれて」の合唱、「そよ風のデュエット」のリコーダー演奏を聴かせてくれました。
卒業を1か月後に控えた6年生の気持ちのこもった歌には、聴く者の心を揺さぶるものがありました。
卒業式でも、きれいな声で歌う6年生の姿が想像できます(^^)



また、リコーダー愛好会の2人の演奏もありました。
「ふるさと」と「ビギナーズ・ビギン」です。
心地よく響くリコーダーの音でした。
卒業前にいい演奏会ができました。

0

音楽 歌桜会!


今日のお昼に来てくださった20名の方々。
南阿蘇歌桜会(うたおうかい)の皆さんです。
村内の歌を歌うのが好きな皆さんが集まった合唱団で、日頃から練習に励み、県立劇場など大きな舞台でもその歌を披露することがあるそうです。
今回は、子どもたちにも聴いてもらいたいというご提案があり、実現した会です。
「どこかで春が」をはじめとするメドレーと、村歌である「大地の賛歌」を披露してくださいました。
女性の透き通った高音と男性の迫力ある低音に、子どもたちは驚きもおぼえつつ興味深く聴いていました。
聴き終えた子どもたちからは、「とてもきれいだった」「自分たちもまねしたい」という感想が発表されました。
子どもたちの今後の指標になるような合唱を聴かせてくださってありがとうございました。

ちなみに村歌の歌詞です。
毎日6時に放送で流れてますね。
月曜と木曜が1番、火曜と金曜が2番、水曜と土曜が3番、日曜がカラオケだそうです(^^)
0