日誌

2018年2月の記事一覧

笑う 夢の教室!


今日は、元全日本バレーボール選手で、ワールドカップやアテネオリンピックで活躍、一世を風靡した大山加奈さんが学校に来てくださいました!
これは、子どもたちに夢の大切さや素晴らしさを伝えていこうという、
日本サッカー協会が全国で行っているプロジェクトで「夢の教室」といいます。
大山さんは、その「夢先生」、加奈先生なのです。
午後の2時間、4,5,6年生の「夢の教室」が始まりました。

まずは、体育館で子どもたちと出会います。
自己紹介の中で、子どもたちに軽くレシーブをさせてくださるなど、サービス精神旺盛の加奈先生。
子どもたちの目がいきなり輝き出しました。

その後、みんなでゲームの時間です。最初は個人個人がばらばらにやっているゲームなのですが、少しずつ内容に制限がかかってきます。その度に、子どもたちはどうすれば上手くいくのかを考えなければなりません。加奈先生を中心にいろいろな意見を出す子どもたちの姿がありました。
みんなで一つの目標に向かって考え行動し、そして、その目標をクリアしたとき、子どもたちの喜びは大きくなっていきました。
加奈先生は、この子どもたちの姿に感動し、涙が出そうになったと言ってくださいました(^^)


体育館での活動が終わると、教室で「夢先生の夢トーク」。
まず、加奈先生が小学生の頃から全日本エースのバリバリの頃までの映像を観ました。
加奈先生の現役時代を知らない子どもたちからは、会場一体となって応援される中でアタックを決める加奈先生に感嘆の声が漏れていました。
その加奈先生、実は小さい頃は体が弱く、運動も苦手な子だったそうです。小学2年生でバレーを始めても、妹さんの方が上手で、初めて立てた目標が「妹に負けない」だったとのこと。その小さな目標が、どんどん大きくなっていくんですね。まさに、千里の道も一歩から、です。

その後、いろいろありましたがオリンピックにも出場することができました。しかし、それから間もなく腰を痛めて手術をします。バレーができなくなるかもしれないとも言われたのですが、きついリハビリを乗り越えて484日かけて復帰を果たします。そのリハビリを頑張れたのは「自分が頑張って復帰をすれば、同じように苦しんでいる人に元気を与えられるかもしれない。誰かのためになろう」という気持ちだったそうです。そう考えることで、勇気や力が湧いてきたのだそう。何よりチームのみんなが応援してくれたことが支えになった、と。
そして、子どもたちに「困っている人、きつい環境にある人に声をかけて欲しい。みんなと私との約束」と。

最後に、「夢は叶わないこともある。でも夢に向かって頑張ったことは絶対に力になる」と、伝えてくださいました。また、「夢を叶えるには応援してもらうこと、みんなに自分の夢を知ってもらうこと。おうちの人にも伝えてね」だそうです。
加奈先生の言葉を受けて、教室では多くの子どもたちが夢を発表してくれました。

素晴らしい「夢の教室」でした(^o^)
0

にっこり 児童総会!


今日の2時間目は児童総会でした。
まず、各委員会からの発表がありました。
白水小学校は、「あいうえお学校」を目指しています。
あいさついっぱい、いのちいっぱい、うつくしさいっぱい、えがおいっぱい、おもいやりいっぱい、の学校です。
児童みんながこの意識をもっているので、委員会活動でもそれぞれに「あいうえお学校」のためにという意識で活動しています。
今日は、この1年の委員会活動においての反省などが中心の発表でした。

その後、6年生全員で後輩たちにメッセージを送りました。
その中で、2つの「ミッション」が託されました。
ひとつは、あいうえお学校の「あ」、あいさつを特に大事にして欲しいということ。
もうひとつは、決まりを守る学校であって欲しいということです。
どちらもしっかりできている白水っ子ですが、小さなほころびもなくして欲しいということでしょう。
それを受けて、今度は4,5年生が、来年度への決意などを語りました。

一年の終わりに近づいたな…という気持ちになった集会でした。
0

会議・研修 阿蘇をもっと知ろう!


3年生の総合的な学習の時間「おおるり学習」で、阿蘇について勉強しています。
今回は、阿蘇ジオパークのガイドさんにゲストティーチャーとして来ていただきました。
先生は、阿蘇山の成り立ちや素晴らしさについてお話されました。
その後、子どもたちからの質問タイムです。
「どうして阿蘇のことを調べているんですか?」
「マグマはどうしてできるんですか?」等々。
先生は、阿蘇が大好きだからガイドをされていること、大地がこすれ合って熱いマグマができることなど、写真や身振り手振りを使って丁寧に答えてくださいました。
この勉強を通して、子どもたちは自然の偉大さや不思議さを強く感じたことだと思います。

0

音楽 音楽集会♪


今日は、2日連続の音楽集会で、6年生の発表。
6年生は「広い空の下で」と「この星にうまれて」の合唱、「そよ風のデュエット」のリコーダー演奏を聴かせてくれました。
卒業を1か月後に控えた6年生の気持ちのこもった歌には、聴く者の心を揺さぶるものがありました。
卒業式でも、きれいな声で歌う6年生の姿が想像できます(^^)



また、リコーダー愛好会の2人の演奏もありました。
「ふるさと」と「ビギナーズ・ビギン」です。
心地よく響くリコーダーの音でした。
卒業前にいい演奏会ができました。

0

音楽 歌桜会!


今日のお昼に来てくださった20名の方々。
南阿蘇歌桜会(うたおうかい)の皆さんです。
村内の歌を歌うのが好きな皆さんが集まった合唱団で、日頃から練習に励み、県立劇場など大きな舞台でもその歌を披露することがあるそうです。
今回は、子どもたちにも聴いてもらいたいというご提案があり、実現した会です。
「どこかで春が」をはじめとするメドレーと、村歌である「大地の賛歌」を披露してくださいました。
女性の透き通った高音と男性の迫力ある低音に、子どもたちは驚きもおぼえつつ興味深く聴いていました。
聴き終えた子どもたちからは、「とてもきれいだった」「自分たちもまねしたい」という感想が発表されました。
子どもたちの今後の指標になるような合唱を聴かせてくださってありがとうございました。

ちなみに村歌の歌詞です。
毎日6時に放送で流れてますね。
月曜と木曜が1番、火曜と金曜が2番、水曜と土曜が3番、日曜がカラオケだそうです(^^)
0

にっこり 体験入学!


今日は、4月に入学してくる子どもたちの体験入学でした。
13人のかわいい子どもたちです。
図書室では、保護者の皆さまに集まっていただいて、入学にあたっての学校側からの説明会を行いました。
約半数の方が、初めて小学校に子どもさんを通わせられるということで、メモを取りながら、真剣に話を聞いてくださいました。
最後は、和やかに学級委員や入学式での代表あいさつ者を決定していただきました(^^;)

さて、説明会の間、子どもたちは5年生や1年生と楽しく交流をしていました。
5年生も1年生も、新1年生のみんなを飽きさせないようにいろいろと工夫していました。
そのおかげで、しっかり盛り上がったようです。


説明会と交流会が終わると、一斉下校です。
新1年生も一緒に歩いて帰ります。
その前に、新1年生に一人一人自己紹介をしてもらいました。
びっくりするくらいに元気にはきはきとしゃべってくれました。
素晴らしかったです!
登校班長から朝の集合場所や集合時刻などを書いたカードを渡され、登校班に入っていきました。
みんな、学校に来るのを楽しみにしてくれたかな(^^)
0

会議・研修 What insect do you like?


新しい学習指導要領の全面実施が小学校では2020年度からとなっています。
その大きな目玉と言っていいのが「外国語科」でしょう。
実際は「外国語科」は5,6年生の教科で週2時間、3,4年生は「外国語活動」を週1時間行うことになります。
全面実施は2020年度からなのですが、多くの地域の学校が今年の4月から「外国語科」と「外国語活動」を前倒しで行うようです。
で、我が南阿蘇村も4月から前倒しで行うことにしています。
ちなみに現在は5,6年生で「外国語活動」を行っています。

ということで、教職員は外国語の指導についていろいろと研修を受けています。
その一環として、本校の3年生で「外国語活動」を行い、村内の学校の先生たちも多く参観されました。

内容は「何の虫がすきですか?~~が好きです。の言い方を知ろう」というもの。
あいさつの後、まずは、いろいろな昆虫の名前を発音します。
リズムに乗って楽しく、何回も繰り返すのです。
そして、昆虫を表す英語は「insect」なので、
「What insect do you like?」「I like ant.」
などの言い方を知り、練習します。
何度も繰り返すために、カードを使ったゲームを取り入れていました。

とにかく、楽しく英語に慣れ親しむ時間にする必要があります。
職員も頑張ります!
0

期待・ワクワク 給食の先生に感謝!


2月の児童集会は、給食委員会の発表でした。
その中で、給食配膳の先生が、子どもたちに手紙を書いて読んでくださいました。
これは、1月の給食週間のときに各学級の子どもたちが、先生に感謝の手紙を送ったことへのお返しということです。

先生は、「緊張する~」と言いながら、子どもたちの前に立ち、読み始められました。
そこには、子どもたちがいつも残さず給食を食べてくれることや、片付けをきちんとしてくれることへのお礼が綴られていました。
また、ある子どもが「給食に愛情が入ってました」と言ってくれたというエピソードを語る時には、胸がいっぱいになり声を詰まらせる場面もありました。
思わずもらい泣きする職員も…。
子どもたちは、これからも感謝しながら給食を食べたい、という感想を発表してくれました。

先生は、給食室の前だけでしか子どもたちと接する時間はないのに、全員の名前を知っているのではないかと思うくらい、子どもたち一人一人の名前を呼んで声を掛けておられます。
だからでしょう、子どもたちも先生のことが大好きで、給食室に先生と話をしに行く子どももいます。

給食は学校生活の大きな楽しみの一つです。
献立を家で毎日確認してくる子がいるし、教室で確認してみんなに報告する子もいます。職員室でも給食の話題は結構な時間になりますよ(^^;)
そんな子どもたちと職員のために、これからもよろしくお願いしますm(__)m
0

にっこり ピョンチャンに負けない!3


剣道部もやりました!

11日に行われた郡市剣道錬成大会。
白水小チームは4年生2人、3年生1人と他校の4年生と1年生の5人で出場しました。
そして、この5人で挑んだ団体戦で、何と準優勝!
相手は、どこのチームももちろん6年生主体です。
これは、まさに快挙ですよね。
この子たちが5年生、6年生になって戦うのが今から楽しみです。

そして、個人戦では3年男子の部で優勝!
4年女子の部で準優勝!

「表彰式はいつですか?」
と、学校での表彰を楽しみにしている子どもたちでした(^_^)


0

にっこり ピョンチャンに負けない!2


オリンピックではメダル獲得が続いています(^_^)v

学校では、バスケットボール部もやりました!
土、日の大会に出場して、土曜日の試合に勝ち、日曜日の準決勝へと駒を進めたのです。
準決勝では、優勝したチームに惜敗してしまいましたが、6年生最後の試合を全力で戦う姿に応援団のボルテージも上がっていました。
本当にご苦労さま。
3位、立派です。おめでとう(^^)/
0

にっこり ピョンチャンに負けない!



冬季オリンピックが盛り上がっています。
昨日は日本選手が3つのメダルを獲得ということで、これからも期待できますね(^^)

一方、小学校の子どもたちも負けてはいません。
土曜日は、サッカーの大会が行われました。
チャンピオンシップの6年生主体チームは、2試合を勝ち抜き決勝戦へ。
雨が降ってグラウンドコンディションが悪い中、熱戦を繰り広げました。
最後には1点差で敗れてしまい、準優勝。
子どもたちは、涙々で悔しさを隠しきれない様子でした。
それでも、4年生を含めた7人で戦った子どもたちが精一杯頑張った姿は感動的でした。
よくやりました!準優勝おめでとう!!

また、5年生主体チームはフレンドシップの部に出場。
2試合ともすごくいい試合をしました(^^)/
0

学校 公開日!


今日は学校公開日でした。
4,5年生保護者の給食試食会から始まり、5時間目は授業参観。
今回は、全学級で「性に関する指導」の授業でした。
各学級の授業のめあては、
1年生は「からだをたいせつにするってどういうことだろう」、
2年生は「おへそのひみつを知ろう」、
3年生は「命のつながりについて考えよう」、
4,5年生は「思春期の体と心の変化について考えよう」、
6年生は「エイズについて正しく知ろう」。
子どもたちの発達段階に応じた学習になっています。
おうちでも親子で授業のことについて話ができるといいですね。

授業のあとは、PTA講演会。
講師は、NPO法人「大地といのちの会」理事長の吉田俊道先生。
講演題は、「4週間で体と心を変えるおなか畑の土作り」。
食の大切さ、野菜の大切さを、とても楽しい語り口調で教えてくださいました。一般的には正解と思われていることが、全然違ったという目から鱗の話もたくさんありました。
講演後の職員室でも、しばし食の話に花が咲きましたよ(^^)

保護者のみなさん、地域の方々、学校に来てくださってありがとうございました。
0

花丸 バスケ優勝!


3日(土)に郡市学童ミニバスケットボール大会が行われました。
本校バスケットボール部も6年生の部に出場し、2試合を戦いました。
小体連主催の大会は、地震の影響もあり、昨年度から1日で終わらせるように計画されているので、この2試合でブロック優勝を決めます。
白水チームはどうだったかというと、何と2試合とも完勝。
見事にブロック優勝を飾ったのです!

実は大会直前に他校と練習試合を行い、課題がたくさん見つかったとのこと。監督は、この練習試合が生かされたと語っていました。
本番では、シュートが「それまでの練習の倍の確率で入った」とも。
やっぱり、それまでのきつい練習と努力の成果ですよね。

優勝おめでとう(^^)/
0

花丸 中学校!


2月も中旬に差し掛かろうとしています。
それぞれの学年で1年間のまとめに入るところですが、その中でも6年生は卒業を控えて、いろいろと忙しい日々を送っています。
卒業をすると中学生。ということで、火曜日に6年生が南阿蘇中学校に体験入学に行ってきました。
寒い中、村内の6年生とその保護者が体育館に集まりました。
まず、校長先生から、
「中学校では、いろいろなことに挑戦して欲しい」「正しいことを判断できる人になって欲しい」
というあいさつがあり、他の先生方から授業や行事、生活面等についての説明がありました。
みんな緊張した様子です。それもそのはず、先生からの「中学校に来るのが楽しみな人」という質問に対して手を挙げたのが全体でたったの数人。ほとんどの子どもたちが不安に感じているようなのです(^^;)


先生方の話が終わると、子どもたちは生徒会役員に連れられて第2体育館へ。
そこでは、小学生の定番「貨物列車」などのレクリエーションが行われました。おかげで、他の小学校の子たちともずいぶん打ち解けた様子です。
その後、校舎内を見学し、再び体育館へ戻って、生徒会役員からの説明がありました。

この体験入学では、楽しい中学校の様子も垣間見られ、きっと子どもたちの不安もかなり解消されたのではないかと思います。
4月に南阿蘇中に入学する1年生は、72名の予定だそうです。
多くの仲間と切磋琢磨できる有意義な中学校生活を、子どもたちにはぜひ楽しみにして欲しいものです。

0

ニヒヒ 笑う門には福来たる!


子どもたちを元気づけようと、大阪から来てくださった4人の方々。
「チームお笑い国際便」と銘打って、時間が合うときに被災地や海外の避難民キャンプなどを訪問されているそうです。


まずは、お笑いではありません。戦場ジャーナリストの西谷文昭さんです。
西谷さんは、海外の戦場に行ってその現実を世界の人々に伝えてくださっています。今日は数年前のアフガニスタンの映像を見せてくださいました。
古舘伊知郎さんの「報道ステーション」で流された映像です。
そこからは、タリバンのひどい仕打ちや難民の苦しい生活、地雷の恐ろしさなどが伝わってきました。
また、ドイツ国際平和村でのアフガニスタンの子どもたちを救う活動も知ることができました。
戦争がどんなにむごいことなのか、子どもたちにも感じられたと思います。
6年生が感想で、
「敵をやっつけた大人の笑顔よりも、けがが治った子どもの笑顔の方が平和につながっていくと思った」
と言ってくれました。素晴らしい感性ですね。

西谷さんの次は、雰囲気ががらっと変わって楽しい時間です。
まずは、マジシャンの阪野登さん。
軽妙なおしゃべりとビミョウなマジックで子どもたちを引きつけます。
お楽しみ会のネタも教えてくださいました(^^)

続いては、落語家の桂三金さん。
大きな体で動物を体現したような動きもある「動物園」というお話を披露してくださいました。
また、風船で動物を作る特技もお持ちで、子どもたちのリクエストに応えて作ってくださいました。校長も飛び入り参加させられました(^^;)


トリは、落語家の笑福亭鶴笑さん。
小ネタをたくさん紹介してくださったあとに、「平林(たいらばやし)さん」というお話を。
とにかく表情豊かで、その表情も含めて子どもたちを爆笑の渦に巻き込んでいく話芸は、さすがでした。

みなさん一流の方々で、世界平和という志を持って活動されていることに感銘を受けました。6年生が言ったように、誰かを傷つける笑顔じゃなく、きれいな笑顔を広げて平和を築いていけたらいいですね。

たくさんの笑いをありがとうございました(^o^)
0

にっこり 工作!

4,5年生が図工室で工作をしていました。

4年生は、のこぎりで木を切り、かなづちでトントンしています。
自分で作りたい物を作るそうで、ペン立てが多かったかな。
中には、本当に家の犬が入る犬小屋を作るという子もいました!
出来上がりが楽しみです(^^)

5年生は、板に絵を描いています。
絵ができると、次は電動糸のこでその絵を切っていきます。
パズルを作るのです。
なかなか複雑な絵もあって、糸のこで切るのも技術が要りそうです。
出来上がったら、みんなで遊べますね。

同じ教室で、似たようなことをやっても、ちゃんと学年に応じた目的があります。
段階を踏んだ道具の扱い方など、きちんと学んでいくんですね。
0

給食・食事 たくあん&おにぎり!


くらら学級で12月に漬けたたくあんを食べました。
桶から出したたくあんに、「くさい!」とか言いながらのスタートでしたが、水で洗って包丁で切るころになると、切ることに夢中。
みんなでアドバイスをし合いながら切り、そして盛りつけました。
また、漬け物だけでは物足りないのではないかということで、炊飯器でごはんを炊いておにぎりに。
ラップを使ってのおにぎりは、簡単で上手にできました。

いよいよ、いただきます。
「漬け物はムリ~」
と言っていた子も、みんなが食べていると食べたくなります。
そんなことは言っていないかのようにして食べていました(^^;)
給食を食べていたにも関わらず、おにぎりをパクつく子どもたち。
やっぱり別腹ってあるんですね。

おいしくて、満足、満腹のたくあんパーティーでした(^o^)

0

雪 真っ白!


明け方から降り出したと聞きましたが、子どもたちが登校する時には白銀の世界。
傘をさして、雪を踏みしめながら登校する子どももいました。
車で送ってもらって、
「車のタイヤが滑りました!」
と話してくれた子もいました。
やっぱり雪は車の天敵です。


しかし、子どもたちにとっては天からの嬉しいプレゼント。
さっそく、外に飛び出して雪合戦や雪だるまづくりにいそしんでいました(^^)

靴や靴下、ズボンがびっしょりになりながら遊ぶ子どもたち。
また、具合が悪くならないかな、などと心配しながら見ていました。
靴下は替えを持ってくるといいかもしれませんね。


0