学校の沿革

明治7年 二見村大字二見字南 二見尋常小学校として創設
明治25年 校舎移転(大字下大野字諏訪2428)
明治27年 田子崎、小薮に分校あり
大正 3年 高等科併設 二見尋常高等小学校に校名変更
昭和16年 二見国民学校と改称
昭和22年 葦北郡二見村立二見小学校と改称し高等科廃止、新制中学校発足
昭和32年 八代市に編入
昭和34年 小薮分校新築移転
昭和37年 運動場落成
昭和39年 プール落成式
昭和39年 給食開始
昭和42年 八代市教育委員会委嘱 国語研究発表会(2年継続)
昭和43年 講堂兼体育館竣工
昭和45年 県指定統計教育研究発表会
昭和46年 校舎新築完成
昭和48年 創立百周年記念行事実施
昭和50年 八代市教育委員会委嘱 図工研究発表会
昭和51年 八代市教育委員会委嘱 図工研究発表会
昭和55年 改築校舎落成式
昭和55年 八代市教育委員会委嘱「自主性を伸ばす学習活動」
昭和56年 運動場拡張工事
昭和56年 八代市教育委員会委嘱研究発表会「自主性を伸ばす学習活動」
昭和57年 バックネット完成、夜間照明灯点灯式
昭和57年 田子崎、小薮両分校廃校式、スクールバス運行
昭和58年 スポーツクラブ後援会制度発足
昭和58年 校歌掲額
昭和59年 八代市総合文化祭に「サンドリヨン」上演
昭和61年 センター方式給食開始
昭和62年 八代市教育委員会より研究委嘱「健康教育」
昭和63年 運動場南中央部に放送小屋完成(窪田正治氏寄贈)
昭和63年 八代市教育委員会委嘱「健康教育」研究発表会
平成元年 卒業記念「竪穴住居」落成式
平成 2年 郵便ポストを日奈久郵便局より寄贈
平成 3年 八代市教育委員会より研究委嘱「特殊教育」
平成 4年 市社会福祉協議会より「ボランティアモデル校」(2年間)指定
平成 5年 二見の昔「シルバーエイジとの交歓会」実施
平成 5年 平成5年度「優良子ども郵便局」表彰
平成 6年 広報新聞「ふたみ」熊日新聞PTA新聞コンクールで優勝賞を受賞
平成 7年 平成7・8年度八代市教育委員会研究指定校の委嘱を受ける。「道徳教育」
平成 8年 八代市教育委員会委嘱「道徳教育」研究発表会
平成10年 PTA簡易保険よりステージ用幕の寄贈を受ける
平成11年 卒業記念竪穴住居解体
平成11年 国体大会旗・炬火リレー引継式及び炬火リレー参加(6年児童)
平成12年 ひまわり学級新設
平成13年 パソコン室竣工
平成13年 第1回卒業生 運動会に参加
平成13年 熊本県道徳教育研究大会(八代大会)で公開授業
平成14年 ゴミ焼却炉撤去完了
平成14年 運動場ナイター照明工事完了
平成14年 5年環境教育植樹祭、クロマツ3本植樹する。
平成15年 低学年棟トイレ工事完了 引き渡し
平成15年 優良PTA文部科学大臣表彰
平成16年 平成16・17年度八代市教育委員会研究指定校に委嘱される。
平成17年 八代市教育委員会委嘱「健康教育」研究発表会
平成19年 平成19年度食育体験活動育成事業「食育推進校」に委嘱される。
平成19年 潮干狩り体験学習を洲口海岸で行う
平成20年 二見小・中合同運動会実行委員会設立
平成21年 第1回二見小・中学校合同運動会実施(以降運動会は小中合同で実施)
平成21年 第2回ふたみ風土フェスタ本校運動場で開催 (以降二見小運動場で毎年実施)

平成22年

平成23年

平成25年

平成26年

平成28年

平成29年

令和元年

令和元年

令和2年

令和2年

令和2年

子どもたちによる耕作放棄地再生モデル事業

各教室に扇風機設置

「人権の花」種子伝達式

体育館耐震工事完了

「熊本地震」のため、4/15~4/26休校

くまもと子ども芸術祭「雨乞い踊り」参加

プールフェンス設置工事完了

熊本県版コミュニティスクール(二見CS)正式発足

電気エアコン・ガスエアコン設置工事完了

新型コロナ感染症拡大防止のため、3/2~3/15、3/16~3/25臨時休校(臨時休業)

新型コロナ感染症拡大防止のため、4/15~5/6、5/7~5/31臨時休業

   
   
   
校歌
作詞 山口 白陽
作曲 橋本 正憲
1 緑の山を めぐらせる
     ひざし明るき 平和郷
  そのふところに いだかれて
     感謝は厚し おおわれら
  たたえん 二見 二見校

2 不知火の海 二見川
     赤松太郎 君が淵
  輝く史跡 名勝を
     めぐみは深し おおわれら
  たたえん 二見 二見校

3 松吟庵の奥城に
     武士公を弔えば
  大義つらぬく 信念の
     血潮はおどる おおわれら
  たたえん 二見 二見校