美咲野小学校 校訓<美咲野小学校校訓>夢を持ち 世界へ羽ばたく

新着
学校から、清正公道(せいしょこどう)を通って、高尾野に行きました。高尾野公民館の前も通りました。 高尾野にある樋口畜産に見学に行きました。 片道2.4キロ、がんばって歩きました。 干し草のロールに描かれている可愛い牛さんが出迎えてくれました。 「なでたり、おしゃべりしたりするのはいいけど、おどかさないでね。」と、樋口さんのお話を聞き、牛舎へ入りました。   牛の大きさに驚いて、初めは遠くから見ていました。 だんだん慣れて、なでたり干し草のえさをやったりしました。 馬(ポニー)もいました。   山羊もいました。 ウサギもいました。 発見したことを「はっけんメモ」に書きました。 赤ちゃんの牛が、体温を測ったり、注射をしたりしていました。牛のお医者さんもきていました。人間とおんなじだなあと思いました。 ネックウォーマーをはめている牛もいました。理由を聞いたら寒いからだそうです。今、親子合わせて100頭くらいの牛がいるといっしゃってました。おしっこをしているところもみました。じゃ~といっぱいでたのでびっくりしました。 「2年生になったら、『お家の人の仕事』の学習で、また行くよ。」と先生が言っていまし...
朝夕めっきり涼しくなり始めました。 中央公園に秋探しにでかけました。 黄色く色づくイチョウの葉やどんぐりなどをみつけました。拾った葉やどんぐりを使って「どんなたのしいことをしようかな」と考えています。  
9月16日(金)、5年生は菊池少年自然の家で校外学習を行いました。 自然の家では、2つの活動が予定されていました。 1つ目の活動は、少年自然の家の広~い広~い敷地内に準備されているクイズを見つけながらハイキングをするQハンティングです。高ポイントの問題を狙ってグループで山道を歩きました。クラスによって、時間内に回りやすい箇所を手堅くおさえてポイントを集めていくグループが多かったり、山の上の高ポイントを狙いにかけるグループが多かったりと、なかなか個性があって興味深かったです。   2つ目の活動は、ニジマスつかみです。自然の家から歩いて30分のところにある川でニジマスをつかまえ、自分でさばき、塩焼きにして食べました。 川の深さは、足首くらいまでなのですが、なぜか全身ずぶ濡れで帰ることになる人も多く、この後険しい道を無言で歩いて帰ることになります。 本当は、1泊2日の予定でしたが、感染防止対策のため日帰りになってしまった校外学習でしたが、たっぷり自然とふれあう体験をすることができました。
9月9日(金)に、不審者対応避難訓練を実施しました。今年度は、先生方も子どもたちもどこから不審者が入ってくるのかわからないという想定で訓練を行いました。 不審者役の方が、職員駐車場側の渡り廊下から侵入し、2階まで移動したのですが、その間も子どもたちは先生の指示に従って教室で待機ができていました。また、バリケードもつくり、身を守る行動ができていました。 警察署の國武さんからは、「『安心して過ごすための5つの約束』として、【い・か・の・お・す・し】を自分の命を守るためにしっかり守ってください。」とお話がありました。子どもたちが真剣に訓練に取り組んでいた様子を、國武さんからも大変ほめていただきました。 最後のお礼の言葉では、児童企画委員会6年生五十嵐さんが、「國武さんのお話を聞いて、みんなで協力していくことが大切だと思いました。これからの生活にいかしていきたいです。」と発表してくれました。美咲野小学校では、今日学習したことを生かして、一人一人が協力して生活をしていきたいです。