最新情報

最新情報をお知らせしていきます!

収穫の秋 ~生活科 1・2年生~

 実りの秋・収穫の秋を迎えました。

 写真は、10/17(木)、1・2年生が学級園で芋掘りをする様子です!芋掘りの経験は、家庭や幼稚園・保育園でも重ねてきた子どもたちですが、何度やってもワクワク!ドキドキ!楽しい時間だったようです!元々、火山灰土に育つサツマイモ、阿蘇では特産品の一つでもあります!収穫したサツマイモは、ふかし芋にしていただく予定だそうです!まだまだ1・2年生のワクワク・ドキドキは続きます!

高森町より火山灰用の傘をいただきました!

 最近の阿蘇!美しい阿蘇山が元気いっぱいで、高森町にも火山灰が降る日が多くあります。阿蘇に暮らす私たちにとって、阿蘇山の噴火やそれに伴う降灰は、暮らしの一部でもあります。しかし、そうは言っても、火山灰による呼吸器の疾患等が心配されるのも事実です。

 そんな中で、本日(10/25)高森町より、全校児童に火山灰用の傘(地元では、むかしから『よな傘』と呼んでいます)をいただきました。子どもたちをすっぽり包むシルエットは、なんともかわいらしく、いただいた子どもたちは嬉しそうに開いて見せてくれました。子どもたちを思い、早急に全校児童分用意していただいたことで、今後、子どもたちは安心して登校することができます。高森町に心から感謝いたします。本当に、ありがとうございました。

2学期の始業式を行いました! ~その3~校長先生のお話~

 10/17(木)、本日、5日間の秋休みを終え、2学期の始業式を行いました。写真は、校長先生が、手作りの資料を用いられ、『人と人の優しさ・心の美しさ』をテーマに話される様子です。

 5日間の秋休みを、先日のホームページの記事で「短い」と表現しましたが、この秋休みの5日間は、未曾有の災害に言葉を失ったり、日本ラグビーの勇姿に歓喜したり…歴史を揺るがすような大きな出来事に包まれた時間でした。校長先生は、校長先生自身の秋休みを振り返りながら、この期間の出来事についてそこに関わる人々の姿を伝えられました。「夢や希望を与える人は、どんな人だろう。それは、努力を続け、挑戦し続ける人だろうな。」校長先生の言葉に、子どもたちは引き込まれ、真剣で頼もしい表情を見せました。

 高森中央小学校の2学期は、学ぼうとする意欲に溢れる子どもたちと、熱く本気で子どもたちを思う職員とともにスタートしました!校長先生の子どもたちへの第一声、「先生方と一緒に頑張りましょう!」を、職員もいつも心に丁寧に教育活動に努めて参りたいと思います。

2学期の始業式を行いました!~その2~ 生徒指導

 10/17(木)、本日は、5日間の秋休みを終え、2学期の始業式を行いました。写真は、生徒指導担当より子どもたちへ、ラグビー日本代表の勇姿を用い、『2学期へトライ!』をテーマに指導を行った様子です。ラグビー日本代表が大活躍していますが、その勇姿を伝えるとき、キーワードとなる言葉があります。そのキーワードを、この高森中央小学校でも実行できたら、大成功の2学期になること間違いなしです。

『ワンチーム』…高森中央小学校の全員が、心を一つにあいさつや掃除に取り組めば、更に素晴らしい学校になるでしょう!

『オフロード』…あの素晴らしいプレーのために積み重ねられた練習のように、学習を積み重ねて確実に力をつけましょう!

『ノーサイド』…『たった一つの約束』を大切に、よくがんばったね!と、声を掛け合えば、更に絆を深めることができるでしょう!

 生徒指導担当から子どもたちへ最後の言葉は、「先生は、日本代表のことも応援しますが、みなさんのことも全力で応援します!」でした。温かく、熱い言葉だと思いました!

2学期始業式を行いました! ~その1~ 保健指導

 10/17(木)、本日は、5日間の秋休みを終え、2学期の始業式を行いました。写真は、養護教諭による保健指導の様子です。今月の保健目標『しせいを正しくしよう』をテーマに、実際に体を動かしながら指導を行いました。

 よい姿勢を保つことはおとなにとっても簡単なことではありません。リラックスすると、思わず姿勢が崩れる…と考えがちですが、実は!重い頭を支える筋肉にとっては、頭を背骨に対してまっすぐに乗せた状態のよい姿勢こそが、リラックスした体勢なのだそうです!

 実りの秋!高森中央小学校の子どもたちと職員は、よい姿勢で学習に取り組みます!

心を一つに ~高森町教育研究会~

 10/16(水)、秋休み最終日です。高森町の教職員は、高森中学校を会場に、全員研修を行いました。本日の研修では、来週金曜日(10/25)に高森中学校・高森中央小学校を会場に開催いたします『高森町「新たな学び」研究発表会』に向けて、高森町の教育研究の方向性を改めて確認する場となりました。

 高森東義務教育学校の研究主任より今回作成した研究紀要について説明を受け、全職員が、教育研究の指標となる内容を確認しました。課題解決型学習の共通実践スタイル「たかもり学習」、恵まれたICT環境と専門性を活かした新たな実践、遠隔教育システム導入実践研究等…「高森町新教育プラン」を推進してきたこれまでの歩みと重ねながら、高森町の教職員は、高森町からの信頼と大きな支えを受け、こんなに恵まれた環境の中で教育研究に携わっていることを感じました。

 10/25(金)、『熊本県高森町「新たな学び」研究発表会』では、高森町の教職員一同、心を一つに皆様のお越しをお待ちしおります。高森町に誇りを持ち、夢を抱く子どもたちが、輝く姿を多くの皆様にご覧いただけますことに、心から感謝いたします。

芸術の秋 ~学びの姿がここにあります! ひまわり3組~

 いつか紹介したいと温めておいた記事です!芸術の秋にピッタリ!ひまわり3組教室をお届けします。2年生児童が在籍するこの学級は、いつも季節の移り変わりを感じることのできる教室掲示と作品で溢れています。作品を見ると、楽しみながら作成したことがどんどん伝わってきます。また、この教室には、担任手作りの教具が溢れています。作業机ぴったりの遊び道具に教具!手間と時間を惜しまない取組を目にするたびに、(学びの姿がここにある!)と感じます!


芸術の秋 ~熊本市動植物園の思い出 2年生~

 秋を存分に感じる季節になりました。スポーツの秋・読書の秋・食欲の秋…たくさんありますが、秋休み中の高森中央小学校からは、芸術の秋をおすそ分けします。まずは、先日、低学年の子どもたちが見学旅行で訪れた熊本市動植物園の思い出を描いた作品です!2年生の子どもたちがお届けします!


お知らせ ~ぜひご覧ください~

 本日(10/13)付けの熊本日日新聞13面、小学生新聞「くまTOMO」に本校のプログラミング教育について紹介された記事が掲載されています!

 ぜひ、ご覧ください。

令和元年度1学期終業式

 10/11(金)3校時、二学期制の本校では、1学期の終業式を行いました。式の初めには、各学年の代表が、1学期にがんばったことと秋休みや2学期にがんばりたいことを発表しました。6年生の代表は、1学期に自主学習を丁寧にがんばったこと、秋休みには課題を確実に行って、学習の力をつけたいことを発表しました。

 甲斐校長先生からは、「今日はクイズです!」と、1学期中に校長講話で話された内容を問いかけられました。すると、子どもたちから次々に校長先生が話されたことが出され、職員からも思わず歓声が上がりました。校長先生からは、本校のテーマ『挑む』が達成された一学期だったと伝えられ、子どもたちは本当に嬉しそうな表情を見せました。

 1年生100日、2~6年生101日の1学期、本当に充実した素晴らしい時間を過ごしました。明日から、子どもたちは、5日間の秋休みに入ります。短い休みではありますが、リフレッシュして、来週木曜日に登校してくれる子どもたちを待っています!

 

 保護者の皆様、地域の皆様、ホームページをご覧の皆様、1学期本当にお世話になりました。本校の教育活動を支えていただいていますことに、心から感謝いたします。2学期も、職員一同、心を一つに『挑』んでまいりますので、よろしくお願いいたします。

令和元年度1学期終業式 ~初めての通知表 1年生~

 本日、10/11(金)、二学期制の本校では、1学期の終業式を迎えました。3校時に終業式を終えた子どもたちは、5校時に各学級で通知表を受け取りました。通知表には、子どもたちの頑張りがいっぱい詰まっています。そして、子どもたちの頑張りを傍で見て感じた担任の思いがこもっています。きっと、保護者の皆様も心待ちにされていることと思います。

 写真は、5校時の終わり…1年生の子どもたちが、初めての通知表を手にして間もない写真です。「みなさん、通知表をもらいましたか?」とたずねると、「はあい!」嬉しそうにこちらに見せてくれました。担任の先生方も嬉しそうです!入学から100日、よくがんばりました。本当に素晴らしい子どもたちです。

新聞を作ろう ~国語 4年生~ その3

 今、最も目が離せないのが、高森中央小学校の4年生【高森新聞社】の記者たちです!本日(10/10)も、インタビュー活動に勤しんでいました。昨日の熊本日日新聞社の方からのアドバイスを忠実に守り、自分の力で情報を集めています!本日インタビューしたのは、高森町役場の4名の方々です。高森町のことを新聞にまとめるには、高森町の専門家に聞くのが一番!と、子どもたちが選んだのは、役場の方々でした。本日は、ゲストティーチャーとして本校にお越しいただき、子どもたちの質問にお答えいただいたことで、子どもたちの取材活動は、大きく前進しました!

 多くの皆様に支えられ、学習が進んでいますことに、心から感謝いたします。今後も、多くのご助言をいただきますように、お願いいたします。

高森のふるさと教育 ~道徳『高森の心』~

 先週末の学校便り『いぶき』第19号に「故郷を知る」という記事がありました。いつも、お読みいただき、本当にありがとうございます。その中に、道徳副教材『高森の心』について触れられていました。この『高森の心』は、平成25~26年度の2年間をかけて、高森町教育委員会によって、高森町の教職員(ふるさと部会)と共に作成されたものです。高森町の歴史や自然、伝統文化、高森町の発展に寄与した人々…この『高森の心』に収容された内容は、貴重な高森町の歴史遺産でもあります。高森町の全戸に配布されたこの読み物を通して、高森町の素晴らしさを再確認しています。

 本校では、この『高森の心』を、道徳の副教材として活用するだけでなく、読み聞かせ等でも活用しています。また、小・中9年間を見通した『高森ふるさと学(総合的な学習の時間)』とも関連させながら、学習に活用しています。この『高森の心』を活用した学習を行うとき、子どもたちの高森町を誇りに思う心に触れることができます。ふるさと高森に誇りを持ち、夢を抱く子どもたちのために、今後も『高森の心』を大切に活用したいと思います。

本年度6回目の研究授業の様子です!~算数 1年生~

 「見方・考え方を働かせた深い学びの中で、主体的に思考・表現する児童の育成~資質・能力の定着を目指した言語活動の充実をもとに~」本校の研究テーマです!

 10/9(木)2校時は、研究主任の提案授業を含めて、6回目の研究授業でした。本日の研究授業は、1年生算数『たしざん』めあて「3+9のけいさんのしかたをかんがえよう」でした。半年前に入学したばかりの1年生、整った学習規律と学ぶ真剣な姿で参観する職員を驚かせました。具体物を活用することで、子どもたちの学習意欲を高めるための準備、学習リーダーの役割、実物投影機の活用等、学年の実態に応じた取組を観ることができました!

 1年生で定着したこの学びの姿が、本校の高学年の子どもたちの主体的に学ぶ姿につながることを、改めて実感しました。本日も、素晴らしい学びの時間となりました!

新聞をつくろう ~国語 4年生~

 4年生の国語の時間に作成している新聞!どんどん学習が進んでいるようです!取材のために校内をグループで行き来する4年生、大切そうに、手作りのアンケート用紙を持って、アンケートの依頼をしています!どんな新聞になるのだろう?期待が膨らみます。

 そんな4年生教室を10/9(木)2校時にのぞいてみました!【熊本日日新聞社】の本社とテレビ会議システムでつなぎ、遠隔授業で学習を進めていました。正に、タイムリーです!取材方法について教えていただいているようでした!「必ず自分で取材した内容を書くこと。接続詞の使い方が大切。」等、専門的でありながら、日頃の学びを活かすことができる内容で、ほんの少しの時間のぞいただけでも素晴らしい学びをしていることが伝わってきました!

 4年生【高森新聞社】!大きく成長中です!

『情報産業とわたしたちのくらし』 ~社会科 5年生~

 写真は、10/9(木)4校時、5年生社会科の学習の様子です。本日の学習は、同じ阿蘇郡市の小学校でありながら車で1時間以上かかる、市原(いちのはる)小学校との合同学習でした。本校では、テレビ会議システムを活用した遠隔授業が日常的になっていますが、初めての学習は、お互いに緊張するものです。そこで一工夫!学習の前にも、昼休みに交流を重ねて、本日の学習の日を迎えたのです!

 本日の学習では、単元の導入部分を交流し、一緒に学習問題を作りました。学習は、これからが本番!共に学びましょう!市原小学校のみなさん!これからもよろしくお願いいたします!

熊本県総務部長視察〜視察・訪問〜

 本日,熊本県より山本総務部長様を始め関係者の皆様,及び熊本県教育庁教育政策課の方々が本校を視察にいらっしゃいました。本町のICT整備状況の視察ということで,1時間の授業参観(英語・社会)をしていただき,その後情報交換会が実施されました。佐藤教育長から学力の向上につながるICT環境整備の必要性や積極的導入についての説明があり,山口総務部長からも質問をいただくなど貴重な時間となりました。

読書の秋 その3 ~図書委員会の発表(児童集会)~

 10/8(火)、朝の活動は、『ゆめいっぱい 図書委員会』からの発表でした。

 毎日の本の貸し出しや書架の整理等、読書に関わる多くの常時活動に取り組んでいる図書委員会の子どもたち。おすすめの本を紹介する掲示物でも、高森中央小学校の子どもたちの読書活動を支えてくれています!そんな図書委員会から、本日の発表では、よりよい学習センターの使い方について提案しました!

 読書の秋、学習センターを存分に活用し、図書委員会からのおすすめの本も、ぜひ手にとって秋の夜長を楽しんでほしいと思います!

読書の秋 その2 ~読書好きのための学校図書館 そして 読書が好きになる学校図書館~

 写真は、本校の学校図書館です!(子どもたちは、学習センターと呼んでいます!)この学習センター、ここ数年で、大きく変化しました。大きな変化は、書架の配置と読書スペースです。子どもたちが本を選びやすいことはもちろん、借りた本を返しやすい配慮や手に取りたくなる工夫、いすに腰掛けたりベンチでゆったり友だちと並んで読書をしたり、カーペットに座って読むこともできるようになりました!限られたスペースと蔵書が、存分に活かされています!読書好きにとっても、これから読書を始める子どもたちにとっても、魅力ある場所です!