新着
11月18日〜19日集団宿泊にいきました。この日のために今まで水俣病の事前学習や人権学習など、多くの学習を積み重ねてきました。一日目の水俣での学習は、資料館の一つ一つの展示を見て、大切なことを多くメモを取っていました。 一番印象に残った出来事は、水俣病患者の語り部、緒方正実さんのお話でした。子どもたちは真剣に緒方さんの話を聞き、たくさんメモを取り、緒方さんの話の一言一言を心に留めていました。緒方さんの話は、水俣病に関わらずこれから生きていくために必要な糧が言葉の一つ一つに感じられました。「うらみをもって生きていても幸せにならない。自分自身も水俣病に長い時間をかけて向き合えるようになった。うらみや憎しみも自分の努力でなくしていきたい」という話を聞きました。本当につらく、苦しい経験を心にとどめず乗り越えて行く姿は大変驚いたと同時に私も含め、子どもたちの生き方にも響くような内容でした。
重要なお知らせ

 文部科学省指定 教育課程特例校(英語教育) 

 研究発表会案内 

オンデマンド&オンライン型で開催

申し込み等、詳しくはチラシをご覧ください。

 

連絡先