学校の沿革
 本校は、東経130°57′03′、北緯32°44′02′、標高485mに位置し、熊本市から山都町に至る国道445号沿いの高地にあります。この高地を中心として、各地域へ広がるゆるやかな高低の高原の中に校区があります。石橋の放水で有名な山都町の通潤橋は、中島小学校から車で20分ほどの場所にあります。
 <春の通潤橋>
 
<校舎上空からの写真>
 
  平成17年4月に旧中島地区の中島東部小学校、中島西部小学校、中島南部小学校の3校が統合し、旧中島中学校の校舎が現在の中島小学校となりました。中島小学校の校区の面積は7,461haで、山都町の13.7%を占めています。
 
 <中庭にある旧中島中学校碑>
 
  年間平均気温は、約13℃で熊本市より約3℃度低いと言われています。また、降水量は年間2,500mmと多く、そのうちの3分の2が梅雨期に降ります。降雪は12月から3月の約4ヵ月にかけてみられます。降雪量はそれほど多くありません。降霜期は12月から4月にかけての180日で、農作物に対する被害が見られることがあります。
 
春になると児童玄関前のコブシの木が花を咲かせます
 
 住民、保護者の学校教育への期待感は高く、教育活動や奉仕活動などに対して協力を惜しまれません。学校内には、「学びの森」や「花木友の森」といった自然豊かな学習環境が整えられています。これらは、保護者をはじめ、保護者OBなどの方の手でできたものです。日常的な環境整備や児童の安全確保、挨拶運動など熱心な取組がなされ、大きな力になっていただいています。
     平成17年、統合した際の児童数は120名でしたが、令和元年、現在の児童数は40名に減少してきています。
 <正門玄関の風景>
 
 中島小学校校歌
  校内には中島中学校時代の資料が残された「想い出歴史館」があり、中島中学校の卒業アルバム等、貴重な資料を知ることができます。
 
 
 
   夏休みには、駐車場に世代間交流で植えたいただいたマリーゴールドの花が、色鮮やかに咲きます。
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アクセス