更新情報

湯島中学校ホームページ ← 中学校のホームページもできました!

★ゆしま教育会議(NEW)9月25日 更新

★トップページ(NEW)「租税教室」 9月24日 更新

★学校給食(NEW)9月24日 更新

(トップページに掲載した記事は、「学校生活」にも掲載しています。)

~家庭学習支援サイトのご紹介~

 家庭学習支援サイトをご紹介しています。ぜひ、ご活用ください。

 新しく「くまもと元気アップ体操」を追加しました!

 更に、eラーニングが無料でできるサイトを学習コンテンツにてご紹介しています。PC・タブレット・スマートフォンからの利用が可能です。

 

 

★くまもと元気アップ体操(動画)

→ https://www.higo.ed.jp/colas/healthup-gymnastics

 

★無料オンライン教材(日本教育新聞)

→ https://www.kyoiku-press.com/post-213719/

 

★おすすめ学習サイト10プラス(熊本市教育センター)

→ http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/osusume.html

 

★保護者児童生徒向け 臨時休業(休校)期間中の家庭学習支援

→ http://kyouiku.higo.ed.jp/page10802/page10883/

租税教室

 

  9月18日(金)に、天草税務署から2名の講師を招き、租税教室を行いました。小学校1年生から中学校3年生までの全員が参加しました。「税金」って何?どこで使われているの?と、子どもたちなりの疑問に、講師の方々は分かりやすく丁寧に説明してくださいました。

 「税金」の説明の後、『もし島の市長になったら税金をどのように使うか』という課題に対して、2グループに分かれ、話し合いました。学校を建てるには2コイン分の税金が必要など、小学校低学年にも分かりやすい工夫があり、全員が意欲的に活動することができました。

 グループ学習の後は、見本の1億円を持つなどして、お金の重さや大切さを学びました。

 

 

 

 

湯島全景


 大矢野島と島原半島の間に浮かぶテーブル状の島が湯島です。またの名を「談合島」と呼ばれ、天草島原の乱の一揆軍が合議を巡らせた場所としても知られています。
 湯島の上半分は約82万年前に活動した流れやすい玄武岩の溶岩流によってできているため平たい形をしています。
 総面積は0.52k㎡、人口328人(H29.3.31)の小さな島です。

「湯島」の名の2つの由来
1 島の周囲4kmすべて岩石によって囲まれ、この石の間にあるという意味で「石間」と言われるようになった。
2 島全体が石だらけということで「石島」というようになった。後に転化し、「湯島」と表記されるようになった。