トップページ

元気と笑顔を届けたい

写真:3枚 更新:01/20 学校サイト管理者

 私たちは、「熊本地震を経験したけれど、今ではこんなに元気になりました。支えてくださった方、心配してくださった方、本当にありがとうございました。」という感謝の思いをご覧になる方々に届けたいと体育館の窓に絵をかきました。この絵は、これから、卒業する私たちのこれまでの1年を考えながら、かきました。また、左から、夏、秋、冬、春をえがいたり、熊本の有名な物をいろいろ入れたりして「熊本がより早くもとの姿にもどってほしい。また、もっといいところにしたい。」という思いもこめています。  出来上がった絵を最初に見たとき、私たちがこの絵をかいたと思うと、すごくうれしかったし、達成感がありました。6年生全員でかいた絵をたくさんの人に見てもらって、元気や笑顔が一つでも増えてほしいと強く思います。少しでも、未来へつないでほしい、また、6年生みんなでつくりあげた復幸へ、未来へ、つなげる一つの絵だと思います。ぜひ、体育館の外からもこの絵を見てください。復幸に向けてこれからもみんなでがんばっていきましょう。 6年生代表2名によるメッセージ

復幸のバトン広西から全国へ

写真:8枚 更新:2018/12/27 学校サイト管理者

私たち広安西小学校6年生114名は、たくさんの支援への感謝の気持ちと大阪北部地震と西日本豪雨の「復幸」を願って、体育館に絵とメッセージをかきました。熊本地震の時に、暗い気持ちでいた私たちに全国各地からたくさんの人が温かい言葉や支援物資を届けてくれました。とてもうれしかったです。おかげで、気持ちが明るくなりました。今度は自分たちの番です。「たくさんの笑顔をありがとう 復幸への思いをつなげよう。」