2021年12月の記事一覧

人権の花修了式

 12月7日(火)の2時間目に、湯前町の長谷町長様を始め、法務局や各町村の人権擁護委員の方々、湯前町役場の方々のご参列をいただき、「人権の花修了式」がありました。今年度は湯前小学校は「人権の花実践校」としてヒマワリやジニアなどの人権の花を育ててきました。その種を収穫し、次の学校へと引き継ぐための修了式が行われました。「人権の花実践校」として1年間取り組んできた湯前小学校の子どもたちの心の中には美しい人権の花が咲いているはずです。来年の夏は次の学校でも大きくて、美しい人権の花が咲いてくれることを期待したいと思います。

新聞コンテスト

 湯前小学校初の取組として、今年度は「新聞コンテスト」を行います。校長先生の発案で、1年生から6年生まで全ての子どもたちが、これまで学習したり、見学しに行ったり、体験したりしたことをB4判用紙の新聞にまとめました。写真を貼ったり、絵を描いたりしてまとめてあります。中にはパソコンを使って作った新聞もあって、どの新聞も力作ぞろいです。「新聞コンテスト」というくらいですから、審査があります。子どもたちや先生方、保護者や地域の方々からの投票によって、最優秀作品が決定します。

 保護者の皆様も12月7日(火)から9日(木)まで、授業参観がありますので、参観に来られた際に「いいなぁ。」「頑張ってるなぁ。」と思われる作品に投票していってください。

 低学年は1階東側(体育館側)、中学年は2階西側(図書室前)、高学年は2東側(理科室前)に掲示してあり、それぞれの場所に投票用紙があります。ぜひ、1票を投じてください。

芸術鑑賞(人形劇「あらしのよるに」)

 12月3日(金)5・6時間目に芸術鑑賞がありました。今年は人形劇団クラルテさんによる「あらしのよるに」でした。絵本で有名な作品で、子どもたちも図書室の本などで知っているお話でしたが、目の前で演じられる人形劇にどんどん引き込まれ、あっという間の90分間でした。

 子どもたちの感想からも「オオカミのガブが死んでしまったのが悲しかったです。」「自分も友達を大切にしたいと思います。」などお話の内容に関するものが出されていました。

 実は、劇の冒頭に6年生も自作の人形を使って登場するというサプライズもあって、6年生にとってもいい思い出になったのではないかと思います。劇が終わってからも人形を触らせてもらったり、人形の操作の仕方を質問したりして名残惜しそうにしていました。

 とても心が豊かになった芸術鑑賞の時間となりました。人形劇団クラルテの皆さん、ありがとうございました。