2021年10月の記事一覧

6年修学旅行

 10月26日(火)、27日(水)の2日間、6年生は長崎と佐賀へ修学旅行に出かけました。

 1日目は、長崎市の平和記念公園や原爆資料館などを巡る平和学習が中心でした。平和記念公園では平和集会を行い、2度と戦争を起こさないことを誓い、千羽鶴を納めてきました。爆心地に近い山里小学校ではガイドの方にいろいろと教えていただきながら原爆や戦争当時のことを学びました。原爆資料館では改めて原子爆弾の恐ろしさを知ることができました。

 その後、ハウステンボス内のホテルへ行き、楽しい夜を迎えました。

 2日目はハウステンボス内で班別行動です。あらかじめ計画していたアトラクションを巡ったり、買い物を楽しんだりしました。

 それから、バスで吉野ヶ里に移動して遺跡を見学しました。

 あっという間の2日間でしたが、コロナ禍の中で心配された修学旅行でしたが、コロナウイルスの感染もやや収まり、無事に修学旅行に行けたことが何よりでした。6年生にとっては、たくさんの学びと一生の思い出ができた2日間でした。

4年社会科見学

 10月27日(水)絶好の秋晴れの中、4年生が社会科見学に出かけました。

 人吉クリーンプラザでは、人吉・球磨のゴミが集められ、分別して処理されたり、燃えるゴミが燃やされたりするところを見学しました。中央司令室では中の焼却炉の温度や燃えている様子も見ることができました。

 昼食を石野公園でとりました。ぽかぽか陽気の中、公園の遊具で元気に遊ぶ子どもたちでした。

 その後、錦町の球磨川上流浄化センターに行き、汚水を浄化する過程を見学しました。汚水を処理するときに使われる微生物のことも教えていただき、興味が湧いた子どももいたようでした。

 少々くたびれたのか、帰りのバスに揺られて夢の中にいた子どももいました。秋の1日、楽しく見学ができたようでした。

5年稲刈り体験

 10月26日(火)は、深い霧が出て、少々寒く感じる朝でしたが、午後になると一転、秋らしい清々しい青空が広がり、絶好の稲刈り日和となりました。5年生は前日の雨の影響も考えて、長靴に長袖、長ズボンの出で立ちで稲刈りに向かいました。

 田んぼではJA青壮年部の方々がすでに準備をされており、子どもたちは一人ずつ鎌を手にとって稲の刈り方を教わり、田んぼの稲を刈り始めました。最初はぎこちない手つきで、「切れません。」と言っていた子どもたちでしたが、徐々に鎌の使い方を覚え、手際よく刈っていきました。

 刈り取った稲を束ねて、今度は「竿がけ」です。稲を一束ずつ竿に架けていきました。昔は竹竿に稲を架けていましたが、今はアルミの三脚に鉄パイプとなっていました。(竿がけされる農家さんも少なくなっていますが・・)ここまでで今日の稲刈りは完了です。

 最後に「よけまん」代わりのおやつをJA婦人部の方にいただいて帰ってきました。今日は、気持ちのいい汗を流して、いい顔の5年生の姿が見られました。

 来週は、今日、刈り取った稲を脱穀する作業があります。再び、JA青壮年部の方々にお世話になります。

チューリップの球根植え

 10月26日(火)1年生が来年の春に咲かせるためのチューリップの球根を植えました。1学期に種をまき、夏休みまでアサガオを育てていた植木鉢にいっぱいの土を入れて、球根を1つ植えました。何色の花が咲くのか分かりませんが、来年の1年生が入学してくる頃には赤や白、黄色のかわいいチューリップが咲いてくれることだと思います。楽しみに育ててほしいと思います。

クラブ活動Part2

 10月19日(火)に3回目のクラブ活動がありました。今日は、「パソコンクラブ」と「イラストクラブ」「室内遊びクラブ」を紹介します。

 まず、パソコンクラブでは、パソコン室のパソコンやタブレットPCを使って、プログラミングをしたり、カレンダーなどを作成したりしています。今日はイラストなどを入れてカレンダーづくりをしていました。

 イラストクラブでは黙々と2時間をかけてイラストを描く姿が見られました。しーんとした教室で色鉛筆やマジックが動く音だけがしていました。今日は「食べ物」と「動物(擬人化したような・・)」を描いて広用紙に貼っていました。前回は「ハロウィン」のイラストでしたが、今回の分も含めて廊下に掲示されるそうです。どんな作品ができあがるのか楽しみです。

 室内遊びクラブでは「双六」と「人生ゲーム」に分かれて遊びを楽しんでいました。双六ではなかなか上がれない子どもが悔しがっていたり、早く上がれた子どもが勝ち誇ったようにしていたりする姿がありました。

 どのクラブ活動でも子どもたちが和気藹々と楽しんで活動する姿が見られました。次回も楽しみです。