2021年1月の記事一覧

今週の学級だよりから 1/29(金)

【1年生】「思いやり」相手の気持ちを考えよう
・今日は、学級活動の時間に、コロナウイルスに感染した人への偏見や誹謗中傷について低学年の児童に合わせた学習をしました。話の内容は、コロナウイルスに感染した児童が回復し、学校に登校できるようになったが、学校に行くのが怖いと担任の先生に相談をします。先生から大丈夫と言われて登校したが、友だちのAさんから近づくな、ばい菌がうつると言われます。Bさんからは、かわいそうと声をかけられ、先生に相談をします。近づくな、ばい菌と言われたときの気持ちを自分のこととして考えさせました。

 コロナウイルスがうつると言われ、悲しんでいる人がいます。
 ①コロナウイルスに感染してしまった。

 ②お医者さん達が一生懸命なおしてくれた。

 ③元気になって家族も喜んでくれた。  

 ところが「コロナがうつる」と、いじめられた。 
 なぜ、このようなことが起きるのでしょうか。

 わたしたちは、どうすればいいのでしょうか。差別はぜったいに、いけないことです。


【2年生】マナーを守って食べよう!
 26日(火)の学級活動の時間に、栄養教諭の志水先生に来ていただき、食べ物や作ってくださった人への感謝を伝えるためには、マナーを守って食べることも大切ということを教えていただきました。特にその日は、正しい箸の持ち方について学習し、正しい箸の持ち方をすると、つまむ、くるむ、切るなどの、様々な使い方ができ、食べた後の食器もきれいになることを知ることができました。
 授業の後半では、実際に豆つかみのキットを使ってはしの練習をしました。一度目は他の班と競争形式、二度目はじっくり自分のペースで練習をしたことで、焦って早く食べようとすると、正しい箸の持ち方を意識するのを忘れてしまうということにも気付くことができました。
 学習後子どもたちは、「給食のとき、5分ずつでも正しい箸の持ち方をやってみる。」「給食だけじゃなくて、おうちでも練習をがんばる。」など、今後の目標を立てました。
 正しい箸の持ち方が身につくよう、是非ご家庭でもお声かけをおねがいします。
 


【3年生】マット運動をがんばっています
 体育では、体育館でマットを使って、前転や後転、倒立の動きができるように取り組んでいるところです。それぞれの動きにつながるような練習の場を、鬼滅の刃になぞらえて、「水の呼吸」「雷の呼吸」「炎の呼吸」と名前を付けて、主題歌に合わせながら、練習しています。まずは、きれいに前転の動きができるようにがんばっているところです。(再来週、9日(火)の体育の時間に、他校から、数名の先生方が、5時間目の授業の見学にいらっしゃる予定です。検温や、消毒、マスク、子どもたちとの距離を十分に空ける等、感染対策を十分に行った上で、実施を行います。)

 

【5年生】給食について考えました!
 今週は給食週間ということで、26日(火)に全校一斉の給食指導がありました。今回は「給食センターの仕事を知る」ということで、センター内が洗浄室、配膳室など目的に合わせた部屋に仕切られていることや、調理をするまでに材料を3回水洗いすることなどを学びました。特に、全校児童が食べ終わった後のお皿を一枚一枚冷たい水で手洗いしていることを初めて知った子が多く、たくさんの手間がかかった給食を感謝して食べようという意識が高まったようです。今後も残菜ゼロを続けていきます。

今週の学級だよりから 1/22(金)

【1年生】今週の学習の様子 
・音楽の授業でわらべうたを学習しています。1学期に、「ひらいひらいた」「なべなべ」「げんこつ山のたぬきさん」「おちゃらかほい」を学習しました。3学期は、「ずいずいずっころばし」「ちゃつぼ」「大なみ小こなみ」「さんちゃんがの絵描き歌」を学習します。今週は、「ずいずいずっころばし」と「ちゃつぼ」をみんなでやってみました。「ずいずいずっころばし」は、歌を覚えながら遊びました。「ちゃつぼ」は、両手の動作がうまくいかず、子どもたちは、四苦八苦していました。家でも家族で楽しめる遊びですので、休日に一緒にやってみられるといいですね。
・生活の授業で、冬について学習してます。先週は、「冬は、どんな季節でしょうか。」「冬の校庭の様子を観察しよう。」「冬の遊びを楽しもう。(冬のできる遊び)」を考えたり、見つけたりしました。今週は、子どもたちから出された「竹とんぼ遊び」と「とんとんずもう」をしました。竹とんぼは、地域の方からプレゼントしていただいたものを子どもたちに持ち帰らせています。安全な場所で遊んでほしいと思います。子どもたちからは、「お父さんは、竹とんぼを高く飛すことができてました。すごかったです。」「家で遊んで楽しかったです。」「休み時間に、また学校で遊びたいです。」と感想を教えてくれました。
・国語は、2時間授業があるときは、1時間を物語文や説明文を読んで問いに答える問題に取り組んでいます。宿題も、今学期は、文章を読んで答える問題を出しています。「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」「どんなようす」など、文章のどこに書かれているかを見つけて答えを書きます。文章を読む力、読んで理解する力が試されます。また、言葉の意味が理解できていないと難しいと感じるでしょう。いつも思うことですが、読む力をつける、語彙量を増やすためには、やはり読書がおすすめです。勉強のための読書ではありませんが、自分が読みたい本をたくさん読んでほしいと思います。
 
【2年生】思い出を伝え合おう
 今週より、国語科で「楽しかったよ2年生」という題材で学習を行っています。2年生を振り返って、楽しかったことや、嬉しかったことなどの心に残ったことを、相手に伝わるように発表するという内容です。子どもたちは自分の発表する内容を決めるために、学校での出来事や行事、学習のことなどを思い出し、カードに書き出して、どの内容なら詳しく話せそうかを考えました。どんな出来事が子どもたちの心に残っているのか、また、そのときどんなことを感じたのか、わたしも今から発表が楽しみです。来週の水曜日に発表を行う予定ですので、どんなことを発表したのか、是非ご家庭でも聞いてあげてください。
 様々な行事が中止になってしまった本年度でしたが、子どもたちの中に楽しい思い出が少しでも多くできていたらと思います。また、あと2ヶ月ほどですが、思い出を更に増やすことができるようにしていきたいと思います。


【3年生】のこぎりひいてザクザクザク、なわとび名人になろう
 先週から、図工ではのこぎりを使って作品づくりを行っています。
 「初めてのこぎりを使いました。」という子どもたちも多くおり、「なかなか切れません。」と苦戦しながら、学習を進めていました。
 回数を重ねる度に少しずつ、のこぎりの角度や、リズムを掴んで、だんだんと上達しているところです。
 上達といえば、なわとび名人が増えています。
 授業中だけでなく、休み時間にも、二重跳びやあやとびに挑戦したり、ダンスをしながら跳んでみたりと、楽しみながらできています。「なわを持ち帰って家でも練習します。」という積極的な子どもたちもいました。この前まで二重跳びができなかった子どもが、10回以上跳べるようになることもあり、子どもたちの上達の早さに驚いています。
 

【5年生】プログラミングで作図しました!

 今週の算数の授業では「円と正多角形」の学習をしました。正多角形を作図するときには、普通コンパスで描いた円を分度器で区切って作図していきますが、今回はプログラミングアプリを使った作図に挑戦しました。
 子どもたちは、角度は何度曲げればよいのか、曲がる回数は何回になるのか等を考えながら、正多角形を作図するためのプログラムを組み、様々な正多角形を作図することができました。
 これから子どもたちが生きていく未来では、問題を試行錯誤しながら解決していくプログラミング的思考が重要だといわれています。今後もプログラミングや、文字を入力するタイピングの練習などを行っていきます。

 

今週の学級だよりから 1/15(金)

【1年生】今年 はじめの 一週間 
・3連休をはさみましたが、3学期がはじまって、1週間がたちました。休み明けで、少しだらだらする場面があるのではと心配しましたが、時間を意識した行動ができているようです。特に、朝起きがつらいこの季節、子どもたちの登校時刻が遅くなるのではと思っていましたが、午前7時50分頃までには全員が登校し、外で元気よく縄跳びをしたり鬼遊びをしたりして遊んでいる姿には感心します。この様子で、元気よく3学期も頑張ってほしいです。
 さて、今学期は、2月12日に新1年生体験入学があります。それに伴って、発表練習やクイズ、お店屋さんごっこの準備を少しずつ進めていきます。昨年は、園児だった子どもたちが、今年は、湯前小学校1年生としてかっこいい姿を見せることができるよう支援していきます。
 家庭では、コロナウイルス感染拡大予防に努めていただき、マスク着用、手洗い、うがいの励行をよろしくお願いします。

 

【2年生】大切な命

 13日(水)道徳の時間に、命について考える学習を行いました。
 今回は、熊本県の教育委員会が発行している「つなぐ」という熊本地震を題材とした教材の中にあるお話を使いました。学習した「大切な命」という教材文は、熊本地震で被災した女の子が書いた作文がもとになっていました。地震が起こった際、お父さんの指示によってけがをすることなく避難できたことや、家族が無事だったことへの安堵感、被災した建物をみた際に感じた自然の恐ろしさなどから、「自分の命やまわりの人の命を大切にしたいと思った」という感想が書かれていました。
 子どもたちは、その女の子が命を大切にしようと思った理由について考え、「もし家族が亡くなってしまったら、悲しいと思ったから、命を大切にしようと思ったと思います。」「地震でたくさんの人が亡くなってしまったから、自分だけじゃなくてまわりの人の命も大切にしなきゃと思ったんだと思います。」と、女の子の気持ちを想像しながら命について考えることができました。授業の後半では、自分の命を大切にするためにできることを考え、「危ない遊びをしない」「地震が起こっても慌てないように、避難訓練を真剣にがんばる」など、自分にできることを考えていました。本日は地震対応の避難訓練を行っています。道徳の時間に学習したことを考えて訓練に臨めたかどうか、是非ご家庭でもお話を聞いてあげてください。

 

【3年生】今週の子どもたちの様子
 先週、3学期の始業式があり、今週は4日間の授業日がありました。
 子どもたちは、学校での生活リズムを取り戻しながら、元気いっぱいに学校生活を送っています。
 国語「詩のくふうを楽しもう」では様々な詩と出会い、自分で詩を作る学習をしました。算数「三角形」では、辺が3つとも同じ長さの三角形が「正三角形」、辺の長さが2つ同じ三角形を「二等辺三角形」であることを学びました。
 体育では、「なわとび」の学習を行い、チャレンジカードでいろんな技に挑戦しています。休み時間になると、外になわをもって行き、「前跳び」「後ろ跳び」「二重跳び」「あや跳び」などを跳ぶ姿が見られました。寒い日々が続きますが、外でも元気に体を動かして、たくさん運動に親しんでほしいです。

 

【5年生】地震避難訓練がありました!

 今から26年前の1月17日は阪神淡路大震災が発生した日ということで、それにあわせて本日学校でも地震の避難訓練が行われました。今回の避難訓練は実際の地震発生を想定し、子どもたちにいつ訓練が実施されるかを知らせな
い状況での訓練でした。

 子どもたちは放送をよく聞き、まず机の下に一時避難をした後に、頭を守りながら運動場へと真剣に避難することができました。本番はいつ、どこで起こるか分かりません。自分の命を守る力をつけてほしいと思います。
 

今週の学級だよりから 1/8(金)

【1年生】明けましておめでとうございます

 ご家族そろって、楽しいお正月を過ごされたことと思います。また、子どもたちは、新しい希望を抱いて、新年を迎えたことでしょう。今年も保護者の皆様には、いろいろとお世話になることと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、今日からいよいよ3学期がスタートしました。3学期は、「学習の総まとめの学期」です。今までの学習が、確実に身に付いているかを確かめ、理解できていないところは、もう一度指導をします。また、「ひらがな、カタカナ、漢字」や「繰り上がりなし、ありのたし算、繰り下がりなし、ありのひき算」など反復練習が必要な内容は、朝の自習や宿題、ミニテスト、個別指導にて定着させたいと考えています。2月には、国語と算数の学力テストを実施します。それに向けての問題にも取り組みます。
 生活面では、4月に入学してくる1年生の手本となるべく、けじめのある態度や行動ができるよう導いていきたいと思います。今日は、1月の勉強及び生活のめあてを決め、プリントに書きました。3学期は、自分のめあてを意識しながら生活をしてほしいものです。

 

【2年生】謹賀新年

 あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年も本校教育へのご協力、どうぞよろしくお願い致します。 

 さて、年も明けていよいよ3学期、この3ヶ月は、1年間のまとめの期間であるとともに、来年度へ向けた準備の期間でもあります。4月からは低学年ではなく、中学年。新しい教科の学習も始まり、よりいっそうお兄さん、お姉さんとしての姿が求められます。立派な3年生として新年度をスタートできるように、この3学期を準備の期間として、しっかり頑張ってほしいと思います。

 

【3年生】第3学年 最後の学期がスタートしました!

 あけましておめでとうございます。昨年は、教育活動に対して、保護者の皆様のたくさんのご理解とご協力をありがとうございました。
 3学期は、49日間の登校日があります。昨年よりも2日間少なくなっています。また、今年は今まで以上に、コロナウイルスに対しての危機感も高まる年になりそうです。
 どのように世の中の状況がかわっていくのか不安な面もありますが、登校できる一日一日を大切に過ごしていくことが大事だと思います。
 毎日の学校生活を楽しみながら、一つ一つの学習に対して意欲をもって取り組むことができるように指導していきます。

 

【5年生】明けましておめでとうございます!

 新年明けましておめでとうございます。2021年がスタートしました。

 今年は丑年ということで、5年生のほとんどのお子さんが年男年女の節目の年に当たると思います。この丑年には「新しい芽が出ている状態への移り変わり」という意味があり、さまざまな意味での「転換期」になる年と言われています。

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まる気配がなく、首都圏では緊急事態宣言が出されている状況ではありますが、この一年がそんな世の中から明るい未来への「転換期」になることを切に願いつつ、4月からは最上級生として湯前小学校を引っ張り、小学校生活の総まとめをする素晴らしい一年にしてほしいと思います。そのためにも、残りの3ヶ月間5年生のまとめや6年生としての意識づけを頑張っていきます。引き続きよろしくお願い致します。