学校生活

クラブ活動Part2

 10月19日(火)に3回目のクラブ活動がありました。今日は、「パソコンクラブ」と「イラストクラブ」「室内遊びクラブ」を紹介します。

 まず、パソコンクラブでは、パソコン室のパソコンやタブレットPCを使って、プログラミングをしたり、カレンダーなどを作成したりしています。今日はイラストなどを入れてカレンダーづくりをしていました。

 イラストクラブでは黙々と2時間をかけてイラストを描く姿が見られました。しーんとした教室で色鉛筆やマジックが動く音だけがしていました。今日は「食べ物」と「動物(擬人化したような・・)」を描いて広用紙に貼っていました。前回は「ハロウィン」のイラストでしたが、今回の分も含めて廊下に掲示されるそうです。どんな作品ができあがるのか楽しみです。

 室内遊びクラブでは「双六」と「人生ゲーム」に分かれて遊びを楽しんでいました。双六ではなかなか上がれない子どもが悔しがっていたり、早く上がれた子どもが勝ち誇ったようにしていたりする姿がありました。

 どのクラブ活動でも子どもたちが和気藹々と楽しんで活動する姿が見られました。次回も楽しみです。

3年生の理科

 10月15日(金)に3年生が理科の学習で太陽の動きを観察しました。この観察はいい天気の日でなければできない学習ですが、この日は秋晴れの晴天でしっかりと太陽の観察ができました。子どもたちは遮光板を使って時間ごとの太陽の位置も観察していました。

クラブ活動

 2学期に入り、4年生以上の学年対象にクラブ活動がスタートしました。回数は5回という少ない回数ですが、子どもたちは自分が好きな活動ができると言うことで、とても楽しみにしている学習です。

 全部で8つのクラブ活動がありますが、今回はそのうちの「サイエンスクラブ」「ハンドメイドクラブ」「写真クラブ」の3つを紹介します。その他のクラブについては随時ご紹介していきたいと思います。

 今回のサイエンスクラブでは、「空気砲づくり」をしました。紙コップとゴム風船を使って小さな空気砲を作って遊びました。小さい空気砲でしたが、けっこう威力のあるものができ、子どもたちは楽しく遊んでいました。

 ハンドメイドクラブでは小物づくりをしていました。5年生以上の子どもたちは、家庭科で裁縫をしたことがあるのですが、4年生の子どもたちは、全くの初体験ですので、ぎこちない感じで針を動かしていました。

 写真クラブは、「自然・生き物」というテーマでそれぞれが写真を撮り、プリントしたものを鑑賞しあっていました。同じテーマでもそれぞれのとらえ方が違っていておもしろい写真が撮られていました。

3年校外学習

 10月13日(水)に3年生が総合的な学習の時間の「ふるさと学習」で校外学習に出かけました。湯前町にある有名な施設を調べに行きました。

 まずは、里宮神社です。湯前町の北にあり、中心部を一望できる高台にある神社です。宮司の工藤さんに里宮神社の所縁や歴史などを教えていただきました。みんなで拝殿に上げていただき、お参りしてきました。

 もう一つは、下村婦人会の漬け物加工場です。下村婦人会の漬け物と言えば過去にいくつもの賞をいただいたことがあるとても有名な漬け物です。その加工場でどんなものを作っているのか、どんな歴史があるのかなどについて教えていただきました。

 そして、湯前まんが美術館にも行きました。湯前町は風刺漫画家の那須良輔さんが生まれ育った町です。その偉人を記念して建てられたのが湯前まんが美術館です。中にはたくさんの那須さんの作品や他の漫画家の方の作品が展示されています。

 3年生はそれぞれに分かれて調べてきました。どんなことをまとめていくのか楽しみです。

就学時健康診断

 10月12日(火)に令和4年度入学予定の子どもたちの就学時健康診断がありました。来年度は24人の子どもたちが入学予定です。その子どもたちの内科検診や眼科、歯科などの健康診断がありました。また、視力や聴力の測定も行われました。

 その間、保護者の方々には「くまもと『親の学び』プログラム」で様々な意見交換をしていただいたり、学校からの入学前のお願いや給食に関するお知らせなどの話を聞いていただいたりしました。

 あと半年したら来年度の入学式があります。また元気な子どもたちが入学してきてくれることを楽しみにしています。

6年ミシン学習

 運動会も終わり、各学年とも様々な学習に本格的に取りかかっています。6年生では家庭科の学習でミシンを使ったナップサックづくりを行っています。

 湯前町では昨年度、湯前町地域学校協働本部が立ち上げられ、学習を支援していただく体制が整ってきています。その地域学校協働本部を中心に学習サポーターの方々に小中学校で行われる学習のサポートをしていただいています。今回のミシン学習でも数回にわたってサポートをしていただきました。おかげで、予定した回数よりも1回少ない実習で全員がナップサックを作り上げることができました。たいへんありがとうございました。今後も校外学習の際の交通安全の見守りや家庭科などの実習のサポートをお願いすることになります。よろしくお願いしたいと思います。

学校訪問

 10月5日(火)湯前町教育委員会による学校訪問がありました。教育委員さん方や中村教育長はじめ教育委員会事務局の方々が子どもたちの学習の様子を参観されたり、学校の取組についての説明を受けられたりしました。子どもたちは緊張した様子で後ろを気にしながら学習に取り組んでいました。教育委員さん方からは子どもたちが集中して学習に取り組んでいる様子を大変褒めていただきました。これからも子どもたちの学力の向上に向けて頑張っていきたいと考えています。

運動会

 9月26日(日)さわやかな青空の下、運動会が開催されました。半日だけの開催でしたが、元気いっぱいに運動場を駆け回ったり、ダンスを表現したりする姿が見られ、保護者や地域の皆様に元気を送ることができました。

運動会総練習

 3連休明けの9月21日(火)は運動会前の総練習がありました。本当は先週金曜日に総練習を行う予定でしたが、先週は天候が不順で、子どもたちの練習が思うようにいかないのではないかと言うことで、21日に延期したのでした。

 秋晴れの中、2時間の総練習でしたが、子どもたちは係の仕事の確認や、自分たちの出番の時の集合隊形などを確認していました。短い時間でしたが、充実した総練習になったようでした。

 運動会本番の26日(日)も、子どもたちの練習の成果をしっかりと発揮できるように、写真のような秋晴れになるといいなぁと思ったところでした。

ランプシェードの国

 9月15日(水)の昼休みに自立活動の時間に制作した「ランプシェード」を教室に飾って、「ランプシェードの国」ができあがり、が低学年の子どもたちが招待されました。昼間でしたが、窓に暗幕をはって薄暗くした教室にほんのりと灯りがともり、何とも幻想的な雰囲気の部屋ができました。子どもたちは口々に「きれーい」「楽しい」と感想を言っていました。17日(金)の昼休みには高学年の子どもたちが招待されることになっています。今度はどんな感想が聞こえてくるのか楽しみです。

放課後活動

 9月13日(月)から運動会の全体練習が始まります。いよいよ本格的に運動会の練習に突入です。各学年の練習も応援団の練習もどんどん熱を帯びてくることだと思います。それに向けて高学年の子どもたちは放課後活動として、「運動会のスローガン作成」や「飾り花作成」「運動会のチラシ作成」などに取り組んでいます。特に活動がない子どもたちは運動場の草取りをしています。子どもたちみんなが運動会を成功させようと頑張っている様子が見られます。

4年まんが授業

 9月3日(金)の5・6時間目は湯前小学校恒例の「まんが授業」が4年生で実施されました。今年度は講師の先生が代わられ、熊本大学の鈴木寛之先生の授業がありました。

 鈴木先生からは「妖怪」についてのお話がありました。「妖怪」と「幽霊」の違いの一つとして、「妖怪」には出身地(?)があるそうです。近年有名になった「アマビエ」は熊本の海に出没する妖怪であること。「河童」は中国から海を渡って九州(八代)に上陸してきたこと。など興味深いお話がありました。

 また、球磨地方には「山ん太郎」や「川ん太郎」と呼ばれる「河童」と同じような妖怪がいることのお話がありました。「山ん太郎」は『ほいほい』という声を出すと言うことも教えていただきました。子どもたちは初めて知ることがたくさんあって興味深そうにお話を聞いていました。

 

応援団結団式

 9月26日に行われる運動会へ向けて9月3日(金)の朝に応援団の結団式がありました。本来ならば体育館に全児童が集まり、紅白に分かれてそれぞれの応援団ごとに結団式を行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染症対策として、今年度はリモートでの結団式を行いました。

 応援団リーダーは会議室に入り、ホストPCの前で自己紹介をしていきました。それを配信した学級で電子黒板に写してみる形でした。初めての形での実施でしたが、紅白それぞれの応援団リーダーさんたちは気迫のこもった自己紹介で「頑張るぞ!」という熱意は十分伝わったのではないかと思います。これからの練習も頑張ってほしいと思います。

人権の花(種の収穫)

 1学期に種をまいたヒマワリは、1学期の終わりに大きな花を咲かせました。花壇の近くからは見上げるように見ないといけないくらい背が高くなったヒマワリでした。夏休み中に学校に来られた方々からは「綺麗なヒマワリですね。」「大きいですね。」と驚きの声をいただきました。

 そんなヒマワリも2学期を迎える頃には、花が下を向き、種ができはじめてきました。そこで、9月1日(水)の昼休みに各学年の人権リーダーさんたちに種の収穫作業をしてもらうことにしました。種が実ったヒマワリの花を切り取って収穫しましたが、大きなものはとても重たくて、低学年の子どもたちは苦労しながらの収穫作業でした。

 収穫したヒマワリの種は、各学年で数を数えて「学年対抗ヒマワリの種の数ランキング」をすることになりました。さて、どの学年のヒマワリの種が一番多いでしょうか?楽しみです。収穫したヒマワリの種は、来年度の「人権の花実践校」に渡すことになります。

 

4年生いきいき交流

 8月30日(月)に地域のお年寄りの方々と4年生との「いきいき交流」がありました。学校の近くに借りている畑で大根の種まきをしました。涼しいうちに作業をしようと2時間目に設定していたのですが、とてもいい天気となり朝から日差しが強く、とても暑い中での種まき作業となりました。暑い中、交流に参加して頂いたお年寄りの方々ありがとうございました。

2学期始業式

 8月26日(木)いよいよ2学期が始まりました。子どもたちは心なしかいつもより早く登校していたように思います。久しぶりに担任の先生や友達に会えるのが嬉しかったのかもしれません。

 1時間目に始業式がありました。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、今回はオンラインでの始業式となりました。会議室に作文発表をする代表児童と上球磨小大連水泳大会の表彰を受ける代表児童だけを集め、パソコンをつないでの式典となりました。

 2年・4年・6年代表の児童からは2学期に頑張りたいことの発表がありました。いつもと違う発表で慣れない感じでしたが、しっかりと発表できました。続いて、

 校長先生からは東京オリンピックを観戦して、真剣な姿や相手を尊重する姿に感動したこと。湯前小の子どもたちもそれぞれ頑張っていたことを思い出したことなどの話がありました。また、新型コロナウイルス感染症の感染防止に努めながら、自分の力を精一杯発揮して2学期も頑張ってほしいとお願いされました。

 2学期は運動会などの大きな行事があります。湯前小の子どもたちの力をしっかりと見せてほしいと思います。

ワークキャンプ

8月6日(金)湯前町保健センターでワークキャンプが開催されました。昨年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止されましたので、2年ぶりのワークキャンプです。例年ならば福祉センター湯愛でお年寄りの方々とのふれあいなどを通したワークキャンプなのですが、やはり新型コロナウイルス感染症が収まっていない状況でもあるので、今年度は「防災」を視点とした介護について座学という形で研修に取り組みました。参加した子どもたちは「新型コロナウイルス予防」や近年多発している「水害・土砂災害」、「地震」といったことも考えながら学んでいました。とてもよい経験となったようでした。

1学期終業式

 7月20日(火)の2校時に1学期の終業式がありました。3人の児童代表から1学期に頑張ったことや夏休みに頑張りたいこと、楽しみなことなどの発表がありました。吉村校長先生からはそれぞれの学年の子どもたちが1学期の間に成長したところを褒めていただきました。また、夏休み中は「命を大切に」ということを特に意識して、交通事故に注意して生活してくださいとお話しされました。

 その後の時間は、各教室で担任の先生から通知表を渡されたり、夏休みのくらしについての注意などのお話があったりしました。1年生は初めての通知表を嬉しそうな顔で受け取っていました。

 どの学年の子どもたちも、元気に夏休みを過ごしてちょっぴり成長した姿で2学期の始業式の日に登校してきてほしいと思います。

未使用タオルの贈呈

7月14日(水)湯前町婦人会より、毎年いただいている未使用のタオルを今年もいただきました。

苗床会長と橋田前会長が来校され、校長先生に手渡されました。

保健室で衛生用に使ったり、体育などの時に使ったりしていきたいと思います。

湯前町婦人会の皆様ありがとうございました。

外部改修工事

 6月後半から、校舎の外部改修工事が始まりました。徐々に足場が組まれ、現在では校舎がメッシュシートに覆われてしまいました。昼間でも明かりをつけないと暗い監事がする状態です。

 夏休み期間中に外壁と昇降口の取替工事が予定されています。2学期以降も屋根の防水工事が行われる予定です。もうしばらくは、シートに囲われた状態が続きます。早く綺麗になった校舎がみたいですね。人権の花の「ヒマワリ」も咲き始め、夏本番を迎える感じです。