学校の沿革

◯ 本校の沿革   ※平成26年4月学校統合(旧牛深小、二浦小、魚貫小、天附小)

旧牛深小学校

 

二浦小学校

 

魚貫小学校

 

天附小学校

 

明治 8年 寺子屋教育として発足

明治15年 学校分立し、旧校を潮東小学校、      新校を潮西小学校と称して潮東      小学校の分校を須口、天附に、      潮西小学校の分校を茂串におく

明治20年 両校とも修業年限4年の尋常小      学校となる

明治24年 両校が統合し、尋常牛深小学校      と改称

明治33年 大島仮分教室、茂串分教室設置

明治39年 牛深尋常小学校と改称

明治41年 尋常科2年、高等科2年となり      牛深尋常高等小学校と改称

大正 3年 高等科3年に延長

大正14年 牛深実科女学校を併置

昭和16年 牛深国民学校と改称

昭和22年 牛深町立牛深小学校と改称、天      附分校が独立し、天附小学校と

   なる

昭和29年 牛深市立牛深小学校と改称

昭和38年 茂串分校、大島分校が独立し、      茂串小学校、大島小学校となる

昭和50年 大島小学校を統合

平成17年 茂串小学校を統合

平成18年 天草市立牛深小学校と改称

 

明治 8年 早浦小学校、亀浦小学校独立

明治19年 両校とも小学校簡易教場となる

明治25年 両校とも尋常小学校となる

大正11年 両校が合併し白石尋常小学校と      なる

大正12年 白石尋常高等小学校と改称

昭和15年 白石国民学校と改称

昭和22年 二浦村立白石小学校と改称

昭和29年 牛深市立二浦小学校と改称

平成16年 天草町立大江小学校向辺田分校      を統合

平成18年 天草市立二浦小学校と改称 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治 6年 民家を借りて授業開始

明治 9年 公立魚貫小学校創立

明治20年 尋常魚貫小学校と改称

明治31年 池田分教場設置

明治38年 魚貫尋常小学校と改称

大正10年 農業補習学校付設

昭和16年 魚貫国民学校と改称

昭和22年 魚貫村立魚貫小学校と改称

昭和29年 牛深市立魚貫小学校と改称

昭和38年 池田小学校が独立し、池田小学      校となる。

平成16年 池田小学校を統合

平成18年 天草市立魚貫小学校と改称

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治15年 潮東小学校天附分教場設置

明治20年 潮東尋常小学校天附分教場と改      称

明治39年 牛深尋常小学校天附分教場と改      称

明治41年 牛深尋常高等小学校天附分教場      と改称

昭和16年 牛深国民学校天附分教場と改称昭和22年 牛深小学校から独立した牛深町      立天附小学校となる

昭和29年 牛深市立天附小学校と改称

平成18年 天草市立天附小学校と改称 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  年   月

 

事        項

 

 児童数

 

<2014年>

平成26年 4月





平成26年11月

平成27年 1月

平成27年 4月


平成28年 4月




平成29年 4月
       5月   

 

 

 

 

 

 

 

 

 平成26年4月1日、天草市立旧牛深小学校、二浦小学校、魚貫小学校、天附小学校の4校が統合し、新設の天草市立牛深小学校が開校した。

 旧牛深小学校(平成24年3月完成)を校舎とする。

 児童数377人(男子195人、女子182人)、17学級編制(通常学級1~6年2学級、特別支援学級5学級<知的障害1、病弱虚弱1、難聴1、自閉症・情緒障害2>)である。
 教職員は、33人(県費負担教職員27人、市費非常勤職員6人)の配置である。

 フッ化物洗口事業開始(天草市小中学校一斉)

 天草市教育委員会指定「学力充実」 研究発表会開催(22日)

 統合2年目の牛深小学校入学式(入学児童61人)(9日)

 
  統合3年目の牛深小学校入学式(入学児童52人)(11日)
 「人権の花」運動指定校

  統合4年目の牛深小学校入学式(入学児童45人)(11日)
 児童民生委員委嘱状交付式(2日)

377名