学校生活

学校生活

宇城市ちびっこトライアスロンinとよの

 8月18日(日)に「第23回宇城市ちびっこトライアスロンinとよの」が開催されました。主催は宇城市スポーツ推進委員協議会です。種目は、Aクラス(小学校1・2年生)、Bクラス(小学校3・4年生)、Cクラス(小学校5・6年生)、リレークラス(小学生3人チーム)の4つがありました。旧豊野小学校の周辺をコースとして、スイム・バイク(Aクラスは無し)・ランの3つの競技にがんばっていました。本校からはAクラスに2人、Bクラスに1人、Cクラスに1人、リレークラスに18人が出場しました。 

 開会式が旧豊野小学校体育館で行われ、本校児童(代表3人)が元気よく選手宣誓を行いました。

 当日は曇り空で、あまり暑くなくちょうどいいコンディションでの大会となりました。子どもたちは、保護者や関係者の応援を受け精一杯競技していました。各クラスのコースは以下のとおりです。

 Aクラス(小学校1・2年生) スイム50m→バイクなし→ラン1㎞

 Bクラス(小学校3・4年生) スイム100m→バイク3.4㎞→ラン1㎞

 Cクラス(小学校5・6年生) スイム150m→バイク5㎞→ラン1㎞

 リレークラス(小学生3人チーム) スイム200m→バイク6.5㎞→ラン2㎞

 

8月21日の熊日新聞の記事です。

 

台風10号接近

7月15日(木)、大型で強い台風10号が広島県に上陸しました。

台風の中心が豊野からかなり離れていたため、本校の施設などには被害はありませんでしたが、中国・四国地方には大きな被害を与えたようです。常に危機意識をもって対応することの重要性を感じました。

特別教室・中学校保健室のエアコン設置工事

 普通教室にはすでにエアコンが設置されていますが、理科室や音楽室などの特別教室にはエアコンが設置されていませんでした。また、中学校の保健室のエアコンが故障して使用できませんでした。子どもたちが教室を使用しない夏休みの期間に、これらの教室にエアコンを設置するための工事がされています。

 夏休み明けには、いい環境で学習ができると期待しています。

台風8号、九州南部上陸

 8月6日(火)の早朝、台風8号が九州南部(宮崎県)に上陸しました。台風に備えて、中学校の部活動と小学校のプール開放は前日に中止の決定をしていました。

 朝のうちは、雨や風が少し強かったのですが、昼頃にはほとんどおさまりました。昼過ぎには青空も見られるようになり、大事に至らずに安心しました。

 校舎や運動場などへの被害はありませんでした。(午後3時頃撮影)

夏休みの陸上練習・部活動(中学校)

 梅雨が明けて非常にいい天気が続いています。気温もとても高くなっていますが、中学校の子どもたちは朝からの陸上練習や部活動にがんばっています。

 陸上練習は、7時10分から始めています。

 陸上練習のあと部活動となります。

【野球部】

【サッカー部】

【バレー部】

 

 暑い中大変ですが、体力はもちろんのこと、気力・精神力が更に向上することを期待します。熱中症にならないよう十分気をつけて練習をがんばってほしいと思います。

宇城市中学生による子ども議会

 7月31日(火)午後1時30分から、宇城市役所で開催されました。宇城市内の5つの中学校の代表(21人)が子ども議員として参加し一般質問を行いました。本校からも2年生の4人が本校代表として参加しました。

 質問内容は、以下の2つでした。

①「選ばれる」まちづくりに関して、宇城市の観光推進と経済への効果について

②新しい給食センターの目的と、それによってどのようなことが変わるのか

緊張した雰囲気の中でしたが、4人とも立派に質問することができました。

 最後に、参加者全員で記念写真を撮りました。

  8月4日(日)の熊日新聞にも記事として載っていました。

 

地区懇談会総括会

 7月30日(火)午後7時から、今年度の地区懇談会の総括会を多目的ホールで行いました。

 今年度の地区懇談会は、各地区ごとに同和問題について「あなたに伝えたいこと~インターネット時代における同和問題~」のDVDを視聴したあと、意見交換しました。総括会では、それぞれの地区委員さんから主な意見等を報告していただきました。主な意見としては、以下のものがありました。

・地区懇談会に参加することでとても勉強になっている。

・正しい知識を伝えることが大切である。そのためにも、自分が(大人が)正しいことを知っておかなくてはならない。継続して学習しなければならない。

・ネットには様々な情報があふれており、親として非常に心配である。

・友だち同士でも「それは違うんじゃない」と言える関係が大切である。差別のおかしさにきちんと反論できるようにしたい。

・「部落差別の解消の推進に関する法律」が出された意味を考え、未だに部落差別が残っているという現実を一人一人がしっかり認識しなければならない。

 進行役のPTA地区委員長のお二人には大変お世話になりました。ありがとうございました。

夏休みのプール開放

 今日(7月29日 月)からプール開放が始まりました。今年は、8日間(7月29・30・31、8月1・2・5・6・7)の開放です。午前(10:30~12:00)と午後(13:00~14:30)の2回の開放となっています。

 今日はプール開放の初日と言うこともあり、たくさんの子どもたち(午前中 約40人)が泳ぎに来ていました。午後は残念ながら雷のため、開放中止となってしまいましたが、怪我や熱中症、事故などに十分に気をつけてプール開放を楽しんでもらいたいと思います。

 準備運動をしっかり行い、シャワーで体をきれいにします。

 みんな気持ちよく、楽しく泳いでいました。

 監視員の方や監視の保護者の皆様、非常に暑い中大変ですが、よろしくお願いします。

薬物乱用防止教室

7月18日(木)の午後から学校薬剤師の坂本先生を講師として薬物乱用防止教室を実施しました。テーマは「薬物乱用と酒・タバコ~なぜ、薬物を手にしてしまうのか~」でした。

小学校は5・6年生を対象に5時間目に、中学校は全学年を対象に6時間目に行いました。

クイズ形式(○×ゲーム)で、薬物乱用に関する学習を楽しく進められました。

薬物乱用に関する学習のあと、タバコの害についてミミズを使った実験の結果を示したり、やタバコに誘われたときの断り方についても話したりしていただきました。

最後に、「薬物に手を出してしまう大きな理由は『寂しさや孤独』であること。そのため、お互いのつながりを大切にして行きましょう。」とまとめられました。

 

スマホ・ケータイ安全教室(小学校3~6年)

 7月17日(水)5時間目、小学校の3年生から6年生を対象に多目的室でスマホ・ケータイ安全教室を実施しました。講師は、ライン株式会社の山本インストラクターで、「インターネットを使うときに気をつけること、考えること ~『新しいコミュニケーション』を考えよう!」について話をしていただきました。

 コミュニケーションの基本は、「自分と相手との違いを考えること」と話されました。クラスの友だちから言われていやだなと感じる5つの言葉(①まじめだね ②おとなしいね ③一生懸命だね ④個性的だね ⑤マイペースだね)について、グループで話し合いました。

 また、友だちからされたらいやなこと(①すぐに返事がない ②なかなか会話が終わらない ③知らないところで自分の話題が出ている ④話をしているときにケータイやスマホをさわっている ⑤自分が一緒に写っている写真を公開される)についてもグルーで話し合いました。自分と相手の違いをしっかり意識することが大切であるとまとめられました。

 最後のまとめとして、以下のことを話されました。

①「いやな言葉」や「いやなこと」は、人によって違う。

②文字だけで伝えると、感情が伝わらないので誤解が生じやすい。

③ネット上では相手の表情や雰囲気がわからないので、相手がいやがっていることに気づきにくい。

④ネット上のコミュニケーションでは、「相手がどう感じるか」を想像しながら、自分の気持ちを上手に伝えよう。

  6年生の代表児童が「お礼の言葉」を述べて、安全教室を終了しました。