学校生活

授業研究①

今年度最初の授業研究会を行いました。国語科『「分かった」から「できた」を実感させる授業づくり ~「言葉」に着目した国語科授業の改善をとおして~』というテーマで1年間授業実践を積み上げます。その1回目。複式学級において説明文の読み取りをどのように一人学びしていくのかということでした。「拡大コピーを提示」「前小単元で段落相互の関係を学ばせる」「電子黒板で教材分を提示」「ワークシートによる段落の要旨の確認」「異学年間の交流」などの手立てがありました。このようなことを通して子どもたちの、言葉にこだわって読み取る能力が向上できればと思っています。