学校生活

学校の様子

児童会総会

第3回児童会総会。議題はみんなで遊ぶ日スペシャルについて。どんな遊びをしたらみんなが楽しめるか。それぞれ発表し合いました。運動場改修工事が始まる前、11月6日にみんなでとことん遊びます。これをきっかけに子どもたちが外遊びを充実させてくれればと思います。

高学年2学期野菜部発足

高学年は年間通して野菜作りに取り組んでいます。自然への感謝の気持ちを育む、収穫の喜びを味わうなど様々な目的のもとに行っています。
2学期は大根、ニンジンなどを植えました。毎朝、交代で水をあげています。収穫後はもちろんおでんづくりです。

人吉海軍航空隊跡地見学

「人吉球磨にも戦争はあったのか?」その疑問を解決するために、錦町役場の手柴さん、平本さんにおいでいただいて人吉海軍航空隊跡地見学を行いました。調べたことの発表はきたっこ秋祭りで紹介する予定です。

3,4年生社会科見学

社会科見学に行ってきました。

相良南小のお友達と一緒に、人吉球磨クリーンプラザでごみ処理の学習をしてきました。消防署では、訓練や消防車を間近に見ることができ、とても勉強になりました。

2学期始業式

9月1日平成29年度2学期が始まりました。夏休み中の様々なな頑張りの表彰のあと校長先生のお話、代表児童発表が行われました。ハッピーな2学期になりますように。

球磨郡水泳選手権

球磨郡水泳選手権にここ5年ほど出ています。子どもたちの部活動の成果、水泳学習の成果を発揮するよい機会です。入賞した子もそうでない子もとても頑張りました。リレーは惜しくも入賞できませんでしたが、全力を出すことができました。

童話発表会での健闘

人吉球磨童話発表会に、本校代表として出場したのは2年生児童です。しかも2年連続。学級童話発表会のうちから非常に意欲的に練習、発表していました。本番でも昨年よりも慣れた様子で力を出すことができました。 

みんなで遊ぶ日

毎週みんなで遊ぶ日を設定して全校遊びをしています。今回はドッジボールです。全学年が楽しく遊べるようにキャンディボールでの遊びです。大量の汗をかきながら遊びました。

水俣に学ぶ肥後っ子教室

本県では全小学校の5年生が水俣に学ぶ肥後っ子教室に参加します。水俣病についての学習を通して、人権感覚を磨き、環境問題を身近に捉えこれからに役立てていくのがねらいです。本校の5年生も南小の5年生とともに学びました。相良の子どもたちは互いを思いやるいい子どもたちばかりだなあと感じた1日でした。

室町文化体験

6年生社会科は歴史学習です。室町時代学習の一環として室町文化体験をしました。講師には、元本校職員と現職員の合計3名。茶道体験、水墨画体験、華道体験です。茶道意外は初めての体験でしたが、教わるうちに慣れてきて、すてきな作品を作ることができました。室町の頃は貴族や武将のものだった茶道が、今は私たち一般も楽しむことができるとういうことにも気付いた子どもたちもいました。このような体験を通して社会の楽しさを味わって欲しいです。


3回の修学旅行事前学習会

6月2日(金)、6月6日(火)、6月12日(月)の3回、相良南小との修学旅行事前学習会に臨みました。本校の子どもたちは相良中学校で南小の子どもたちと一緒になります。そこで、芸術鑑賞、集団宿泊、修学旅行などをはじめ様々な形で合同学習を行っています。修学旅行は仲良くなるまたとないチャンス。3回の合同学習で、修学旅行の意義から始まり、平和学習、グループづくりなどいろいろな学習をしました。南小の温かい受け入れ態勢もあって子どもたちは徐々に打ち解けてきました。現在、子どもたちは修学旅行に向けて最後の確認を行っています。



児童会総会

9日に行われたのは児童会総会。今回は「返事・挨拶がなぜ大切なのか考えよう」がテーマです。縦割り班で話し合いを行い、意見を出し合いました。「相手意識」「コミュケーション」などのキーワードが出てきました。今後、挨拶運動や各クラスの取組で行動化を図ります。

6年ブックトーク大会

司書の先生からブックトークのコツを学んだあと自分の発表原稿を作りました。それをタブレットを使って練習し、とうとう本番です。相手の目を見る、はっきり言う、少しだけ見せる、あらすじを述べて結末は言わないなどいろいろなテクニックを使って相手に伝えました。全員が紹介された本を読みたいといっていました。これからも図書館活用を積極的に図っていきたいと思っています。

6年国語「私と本」

国語「本と私」では司書の先生をGTに、ブックトークを通しての読みの学習を行いました。自分のおすすめ本についてブックトークをする際に、どのようにすれば相手によりつたわるかGTから学びました。タブレットで自撮りしながら練習を重ねました。子どもたち曰く「とても楽しかった!」


6年家庭科調理実習(朝食づくり)

朝食づくりの調理実習を2回行いました。彩り炒めを教科書通りに作る。それが1回目。そして2回目はオリジナル彩り炒めづくりです。野菜や加工食品をほかのものに変えて自分なりの朝食づくりをするというものです。子どもたちは彩り、栄養価、地元のものなどいろんな視点で計画を立て実習を行いました。熊本県の朝食キャンペーンに応募する予定です。

4月 お姉さんたちらしく2年生学校探検

4月28日(金)の3・4校時に1年生と学校探検を行いました。生活科の学習で1年生を迎えて、1年生に学校を案内しようと、たくさん1年生のことを考えて、計画を練ったり、案内のお手紙を丁寧に書いたりと準備を進めてきました。

 毎朝みんなで考える「今日のめあて」も、「1年生に喜んでもらえるように、学校探検をがんばろう」と決め、自分がペアになった1年生を連れて、このお部屋がどんなお部屋か、何と言って入るか、などをお話しながら、上手に1年生を連れて学校探検をすることができました。1年生もとても楽しかったようでした。さすがは、新しい1年生が入学し、お姉さんになった2年生です。

3,4年生茶摘み&釜炒り茶体験!!


8日は、みんなで茶つみをしました。かごがいっぱいになるまで、頑張ってつみました。

3・4年生は、そのあと「釜炒り茶づくり」を体験しました。
学校応援団の方々から、一生懸命やり方を教わっていました。

釜炒り茶づくりにご協力いただいた学校応援団の皆さん方と、できたてのお茶をおいしくいただきました。

みんな大好き!生活科の学習 大きくなあれ 夏野菜

11日(木)の生活科の時間に、夏野菜を植えました!

青いプランターに、ミニトマト、2年生の学級の畑に、なす、

トマト、きゅうり、ピーマン‼まず、畑の草をむしるところからスタートし、その後、土をほぐし、うねを作りました。なかなか、うねらしいうねができず、できあがった頃にはみんなへとへとでした。

 夏野菜のなえあてクイズをしましたが、なかなか、どの野菜がどの苗かわかった子が少なかったです。なんとか野菜を植え終え、野菜を植える大変さを実感した2年生でした。

 夏休み前に、サラダにして食べるのをとても楽しみにしています。大切に育てます。

古墳時代学習のまとめ


6年生の社会科では古墳時代のまとめとして古墳見学に出かけました。
古墳時代、人吉球磨の様子はどうだったのかということを考えることが目的です。
相良村の石坂鍋野古墳、錦町の京ヶ峰装飾古墳、亀塚古墳群(前方後円墳)を見学。
古墳など人々の生活圏は川の傍にあること、古墳時代の人吉球磨は豪族(リーダー)の力はそれほど強大ではなかったけれども美術感覚に優れていたこと、前方後円墳があるということは大和朝廷の力が及んでいたことを考えました。さらにグーグルアースでそれを確かめました。人間は基本的に大昔から川の傍に住み、魚介類を捕ったり米作りをしたりしながら暮らしてきました。5年生の時に学んだ農業の学習とリンクしました。学びはつながっています。

縄文・弥生・古墳時代の相良村について学ぶ


相良村役場の出合宏光さんから相良村の歴史について学びました。相良村の遺跡から出土した各時代の土器、石器、鉄器などを実際に手にし、話を聞くと子どもたちは「かたい!」「へ~!」などといろんな反応を示しました。歴史の面白さを感じたようです。

6年生調理実習


6年生では家庭科で1食分の食事を作りました。オムレツ、ジャーマンポテトなどを作りました。献立作りでの観点は「栄養のバランス」「旬のものを使う」「地産地消」ということです。栄養教諭の先生にもアドバイスをいただき、がんばって調理しました。少々歯応えのある食事になりましたが、とてもおいしくいただきました。

心に残る四浦の風景



5,6年生はあと4カ月で進級、卒業します。年が改まる前にみんなが大好きな相良北小学校の校舎、そして自分の大好きな花などの植物を画用紙に残しました。最後まで丁寧に描きこみましたのでぜひ見てください。

水中考古学の大家、池田先生から学ぶ


去る9月18日のこと。琉球大学の池田先生から考古学や歴史のおもしろさについてお話を聞く機会を得ました。6年生を対象にに45分間、貴重な話をしてくださいました。池田先生はちょうど相良村に発掘調査に来られており、村内の子どもたちにもぜひ話をしたいということで実現しました。池田先生は社会科の教科書(東京書籍)にも掲載されている、元寇につかわれた船の発掘も行われています。そのことを知った子どもたちはびっくり。まさか教科書に出るような先生の話を聞けるなんて・・・。池田先生は水中考古学のおもしろさ、球磨郡の遺跡発掘の様子などをパワーポイントで詳しく子どもたちに分かるように教えて下さいました。子どもたちもとても面白かったと喜んでいました。来年度また来られるという話なので、ぜひまた話を伺いたいと5年生が期待しているところです。

5年社会科見学で米作りについて学ぶ

1学期最後の社会科見学です。村内の米農家の方にそのお仕事の様子、工夫や努力について、村内の農家の方にお話を聞きに行きました。人なつっこい山羊のももちゃんの出迎えを受け、インタビューが始まりました。「工夫や努力はどんなことをされていますか」という基本的な質問に答えていただき、その答えに対して更に質問するなど子どもたちは積極的に質問をしていました。また、ブルーベリーをはじめ果実も栽培されていたり、様々な野菜もたくさん栽培されていました。収量が多いもの、高く売れるもの、人気の高いものなどを選んで栽培されているということも知りました。ビニルハウスの中に入ってからは気付いたことをどんどん質問するなど更に積極的に活動していました。最後はご厚意で旬のブルーベリー狩りを体験しました。

あざみ園交流

あざみ園と毎年交流をしています。今年は紙飛行機作り、宝探し、自由遊びを計画して交流しました。保育士の皆さんは「おおきくなったね~。」と迎えてくださいました。自分の担当した遊びや活動を、園児の立場になって行っていきました。子どもたちは園児の名前を覚えたり、園児から「遊んで」と言われて喜んだりと、思い出深い交流になったようです。