学校生活

学校の様子

休み時間 と 給食時間

薫風のなか運動場に子供たちのさわやかな声が響き渡りました。

全校集まったので、遊具の正しい使い方について指導しました。

給食の時間には毎回必ず調理場からのお便りを紹介しています。

チキンの照り焼きは子供たちの大好きなメニュー。

最後にゆっくり食べるために残している子がたくさんいました。

照り焼きソースを最後まで集めた跡、ぐるぐる回したあとが

あまりのチキンをめぐってのじゃんけん大会。本当なら切り分けてあげたいです。

激しい戦いを勝ち抜きゲットできた喜びはひとしおかと思います。

 

給食再開 2日目

※給食準備の際の感染防止策として、ご飯ではなくパンの個別包装となっています。

セルフドックですが、ウインナーが好きで最後に残して味わって食べる子もいました。

苦手な野菜も一口分ずつ分けて食べる子、並べた大豆を箸を上手に使い一気に食べる子。

給食も子供の多様性を知るには貴重な機会となっています。

 

 

 

給食再開しました

 4月14日からの臨時休業(休校)で止まっていた給食が再開されました。
 学校の再開は6月1日からですが、登校日の目的である「体ならし」「心のならし」の期間に早くリズムを取り戻るために実施しています。調理場の皆様お世話になります。
 (※食べ物で遊ぶことはよいことではありませんが、無意識に再開を喜ぶこともたちの素直な表現と感じましたので掲載しました。)

茶摘み(きたっこ元気会)

 例年なら子ども達の茶摘みがあるはずでしたが

今年は臨時休業のため、元気会の皆さんが茶摘みを

してくださいました。(5月1日は八十八夜です)

*人吉新聞の取材がありました。

  2020年(令和2年)5月6日 水曜日掲載(許諾済)

プランターのイチゴを守る

西側バルコニー、イチゴのプランター横に

甘い先端の方だけ食べたイチゴを発見!

すぐに対策としてネットをかけ、侵入されないよう

花のプランターを重しにして、ブロックしました。

断定はできませんが、野生の仕業と考えています。

 

給食ができるまで

2月18日(火)に1・2年生では、「給食ができるまでのことを知って、給食に感謝する心をふくらまそう」というめあての学活の授業を行いました。

栄養教諭の山口先生に来ていただき、給食ができるまでのことについて詳しく教えていただきました。

作っていてうれしかったこと、普段気を付けていることなど、給食センターの方々の思いに触れ、いろいろなことに感謝して残さずたべようという感想を子どもたちは持ったようです。

人権集会

2月14日(金)に人権集会を行いました。

最初に熊本県人権子ども集会に参加した3人の感想発表です。

それぞれが学んだことをしっかりと発表しました。

また、その発表に対しての感想や考えたことなど、たくさんのお返しがありました。

次に1学期に各学級で話し合って決めた人権宣言のふり返りです。

それぞれの学級で話し合い、これからまたどう行動していくのか発表しました。

自分たちの生活を見直し、これからもっとみんなが仲良く生活していく方法を考える良い機会になりました。

朝から体力アップ!

北小の子どもたちのスタートは7:30。

月・水・金曜日はボランティア活動活動後に5分間走。

火・木曜日は体育館で雑巾がけをして、その後にアップアップ体操をしています。

朝から元気に体力アップに取り組んでいます。

パウエル先生ありがとうございました!

12月17日(火)、ALTとして外国語の授業でお世話になったパウエル先生に、相良北小学校での最後の授業をしていただきました。

いつも元気に楽しく授業を進めてくださり、子どもたちはパウエル先生の授業が大好きでした。

またお会いするのを楽しみにしています。

See you again!

にっこり 門松づくり

12月15日(日)、お正月に向けて「門松づくり」がありました。

すばらしい門松が出来上がりました。

いよいよ2019年も終わりに近づいています。

保護者の皆様、日曜日の午前中にも関わらずご協力いただき大変ありがとうございました。