児童会の活動

児童会の活動や取り組みについて紹介します!

お知らせ 大牟田市子どもサミットへ向けて

1月14日(土)に、福岡県大牟田市で開かれる「子どもサミット」に本校の児童会メンバーが招かれています。そこで、今年4月に起きた熊本大震災にともなう復興支援への感謝の思いと、本校児童の様々な取組・学びなどをステージで発表する予定で準備をしてきました。

今日は間近に迫った本番に向けて、全校のみんなに向けた発表練習を行いました。
写真資料をスライド提示しながら、用意した原稿を読んでいくのですが、メンバーのみんなは少々緊張気味でした。しかし、久しぶりに地震発生当時の写真を見たり、体験談の語りを聞いたりした全校のみんなにとっては、当時の生活や思いをふり返る場となり、通常の生活に戻りつつある“今”のありがたさを改めて感じることができました。

最後は、頑張って発表してくれた児童会メンバーへみんなから感想やアドバイスを送りました。きっと本番当日も宇城市、いえ熊本県の小中学校の代表として思いを伝えて来てくれることでしょう。メンバーのみんな、がんばってきてね!

大牟田市子どもサミットのパンフレットはこちらパンフ1_.jpg  パンフ2_.jpg

花丸 運動会スローガンが決定!

 今年も大運動会を盛り上げようと、児童会で運動会スローガンが作成されました。事前に、各学級で話し合いを行い、学級案を作成し、それを代表委員会に持ちよって代表の児童らが練り上げていきました。
 今年は、4月の熊本地震災害による被災者のみなさんにも元気と笑顔を届け、町や県内の人々を勇気づけようという子どもたちの思いが込められた素敵なスローガンが完成しました。

 平成28年度大運動会スローガン
 「地域を笑顔に 運動会 元気とパワーで走りこめ!」

 このスローガンを合い言葉に、今後の練習にも気合いが入ることでしょう。

お知らせ 書き損じはがきプロジェクト 


1月から、思いやり委員会が中心となって、書き損じはがきプロジェクトへ協力するための回収作業を行ってきました。このプロジェクトには、数種類の取り組み団体から呼びかけチラシが来るのですが、今年は児童会で話し合い、「カンボジア地雷撤去」の団体へ協力することにしました。
期間中、係の子たちが、登校後に各教室をまわり呼びかけましたが、たくさんの反応があり、終わってみれば、438枚も回収できました。さっそく、福岡の取り組み団体へ送付しました。
保護者のみなさま、ご協力ありがとうございました。

お知らせ 児童会役員選挙が行われました


 来年度の児童会役員(会長1名、副会長2名、書記2名)を決めるため、意見発表会・選挙が行われました。4、5年生からの立候補者は総勢14名。意見発表会では、これからの小川小をどんな学校にしたいのか、そのために何に取り組んでいきたいのかなどの思いをまとめて、全校に伝えてくれました。「みんながなかよし」「挨拶日本一」「メリハリのある学校」等々・・・立候補者の熱い思いが伝わってきました。

 その後、3~6年生による投票を実施。市役所からお借りしてきた本物の投票箱・記載台にちょっぴり緊張しながら、思い思いに「一票」を投じていました。

小川小の未来を考え合う貴重な時間となった児童会選挙でした。

赤い羽根共同募金

 11月末の一週間、企画委員会では、「赤い羽根共同募金運動」を行いました。
朝の登校時に、全校児童に協力を呼びかけながら、募金を集めて回りました。
「はい、これ、どうぞ。」と募金箱をにっこり笑顔で持ってきてくれた子どもたちが多く、
企画委員の子どもたちもとてもうれしそうでした。

 集まった募金を集計したところ、なんと8,951円もありました。さっそく、社会福祉法人「熊本県共同募金会」へ届け、役立ててもらうことにしました。ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!
トピックス
H29年度の「なかよし宣言」
 





  「明日も来たいと思える学校」にするために、
 全校のみんなの結びつきをさらに深めようと
 集会を開きました。

6月30日(金) 「心のきずなを深める集会」より 
  
















※本校の教育・取り組みのページに
 
小川小いじめ防止基本方針(H28.5.6改訂).pdfを載せています。