新着
今日は、1年生が生活科の学習でグリーンピア南阿蘇に行きました。 「公園で遊ぼう」という学習なのですが、残念なことに学校の近くにそれらしい施設はありません(>_<) そこでグリーンピアの遊具のある広場まで行ったのです。 移動は当然スクールバスです。 きちんと整列して「よろしくお願いします!」と挨拶。 一人一人が乗るとき降りるときにもきちんと挨拶ができていました。 とっても礼儀正しい1年生です(^^) さて、公園に着くと早速遊びます。 ロープでできたジャングルジムや大きな迷路、ターザンロープ、滑り台…。 たくさんの遊具で汗びっしょり! 子どもたちの遊びにかけるパワーはすごいです(^o^) 遊んだ時間は30分ほどでしたが、大いに楽しんだ様子でした。   帰りにホテルのフロントに挨拶に行ったところ、 「今日は雷雨の予報だったのに、よかったですね」 と声をかけられました。 よっぽど1年生の行いがいいんでしょうね。 そう言えば、夕方の雷雨も1年生が帰ったあとだったような…(^_-) 1年生にとって初めての学校生活の1学期、立派に白水小の一員になれました(^_^)v
今日は、くらら学級で研究授業がありました。 テーマは「こんなときどうする?」。 日々の生活の中で、子どもたちはイライラしたり、カッとなったりすることがあります。 子どもたちだけじゃなく、大人もそうですね(^^;) どんなときにカッとなったりするのかを子どもたちに尋ねると、 「悪口を言われたとき」 「約束を守ってくれないとき」 「いやなことをされたとき」 などが出てきました。 では、そんなときどんな行動や気持ちになるのか、という質問には、 「口をききたくない」 「会いたくない」 「物を蹴る」 などという答えが。 まったく大人も同じです(^^;)   それで、今日の授業のメイン、どんな方法で「クールダウン」できるかな?ということを考えます。 「部屋にとじこもる」 「自由帳に絵を描く」 「マンガや本を読む」 「好きなテレビを観る」 などなど…。 自分のクールダウンの方法を自覚したり、友達の方法を知ったりできたこと、とてもいい時間になりました(^^)   大人も子どもも、誰もが心を落ち着ける方法を身に付けたいものです。 そうすれば、もっと穏やかな世の中になるのではないかな、と思います。 くらら学級の子どもたちが、一生懸命考えたり表...
ブログ
07/16
学校生活
家庭科室のドアを開けると、シソの何ともいい香りがします。 4年生が梅干しを作っていたのです。 シソを塩もみして、甕(かめ)の中に梅と交互に何重にも詰めていきます。 最後に重石を乗せて終わり。 子どもからは、 「重いのを乗せて梅はつぶれないんですか?」 と心配する声も。 いつもお世話になっているゲストティーチャーの方から、 「今までも耐えてきたから大丈夫だよ」 と、下漬けしていたことを思い出させるように優しい言葉をいただきました(^^) 本来の梅干しは、「土用干し」と言って晴れた時に干すそうですが、学校では干さずに漬けたままです。 だから、正確には梅漬けですね。   去年の4年生が漬けた梅が職員室にあります。 給食の際に時々いただくのですが、その梅1個でご飯1杯が食べられるほどおいしいです。 「塩分を控えなきゃ」 という声も耳に入りますが、シソと梅、素晴らしい日本の味です(^^)/ また今年もおいしい梅に漬かることを期待しています(^_-)