天草市立久玉小学校
         あまくさしりつ くたま しょうがっこう
    

天草市立久玉小学校は、平成29年3月31日をもって閉校します。
閉校式には多数出席いただき、143年の歴史の幕引きの瞬間を見届けていただいてありがとうございました。

ここまで、決定から閉校までの期日が短いにもかかわらず、寄付、閉校記念誌購入、閉校記念Tシャツ購入等、ご協力いただきありがとうございます。
すべての企画の締め切りを2/15としております。(寄付と記念誌購入申込も2/15へ延長しました)

引き続き、このホームページでお知らせしていることを、お知り合いにお伝えしていただきたいと考えております。

私たちが懸念するのは、「わあ、知らんやった~。記念誌ば、買おかて思とったとに・・・」という声です。
このホームページのURLを貼りつけていただいて構いません。
お手持ちのSNSツール(LINE、ツイッター、ショートメールなど)をお使いになって、閉校の情報を拡散していただけませんか?
閉校に伴い、次の4つの事業を計画しています。
①閉校記念式典の開催
②閉校記念誌の作成・販売
③寄付のお願い
④閉校記念Tシャツの作成・販売
詳細は、随時ここで案内をしていきます。
どうぞよろしくお願いします。


〒863-1902 熊本県天草市久玉町1963番地 ℡0969-72-3247 Fax0969-72-4055  e-mail:kutama@city-amakusa.ed.jp
  





 

学校生活2016

学校生活2016 >> 記事詳細

2017/03/17

「できる」ということ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月17日(金)】

昨日、更新できませんでしたが、ニワトリたちは無事、旅立っていきました。

きっと、新しい新天地(?)で、羽ばたいてくれると思います。

Bon voyage・・・!

今日は「昨夜の卒業式練習の光景」と「今日の無言掃除の光景」です。

「できるということ」について、文章をつづりながら、画像を並べていきます。

来週発行の久玉小最後の学校通信「つなぐ」36号の左下に掲載する予定の記事とリンクさせた形になるかと思います。
2つとも読んでなるほど…みたいな・・・。
よろしくお願いします。
だって、久玉小のホームページと学校通信で、こんなことを書けるのも、今日入れて、あと5日だけなんです。
もっともっと書きたいことあるのに・・・。
しかも、ハードな日々になるので、更新できないことも考えると、今日書かなくっちゃ、と思い立ちました。

では始めます。


「できる」ということは、学校では大きな意味を持ちます。
「できるようになる」ということは私たちの目標でもあります。



もちろん、「私たちが・・・」ではなく、「子どもたちが・・・」ですが・・・。



では「できる」というのは、何を持って「できる」というのでしょうか・・・?



「お風呂掃除して!」→掃除した→これは、できた?



「宿題しなさい!」→宿題した→これは、できた?



これらは「できた」でしょうか・・・?



これは、よく言われる、次のことと同じです。

いきます、「学校あるある」・・・。

学校あるあるその1「『忘れ物と宿題忘れ』は2年生か3年生で急増する・・・。」

どういうことかというと、1年生の時は、保護者の方が心配して声をかけたり、見てあげたり、寄り添ってあげたりするので、「忘れ物と宿題忘れ」はすごく少ないのです。
ですが、2年生か3年生で急増するのは、なぜか・・・?
「もう大丈夫だろう」と保護者が手を離すからです・・・。
じゃあ、ずっと見続けてあげるのか・・・?
それは保護者の労力が増えるだけでなく、子どものためにもなりません。
ダブルマイナスです・・・。
笑い話のような高学年の本当の話「もう、お母さんが入れんやったけん、忘れ物すんなって、先生に怒られたやっか~」ですかあ?はあ?(マチャ〇チャさん風に・・・)

だから、子どもの様子を見て、出来具合を見て、手を離してやることも大切です。
逆に「どかんと全部任せてさせてみてできぐあいを確かめる」のもいいですね。



「できた」というのは、学年でもちがいますが、最終的にはできるようになる、ということです。



つまり、心が入ります。子どもの意思が入ります。子ども自らの判断力が入ります。



自分で考えて、判断して、言われなくてもできるということが、「できた」「できるようになった」ということです。



「8時になったな、テレビを消して宿題に取りかかろう」→宿題した→これが「できた」です。



「ええっと、今日は帰ってすることは・・・?」→「あっ、お風呂掃除と宿題だ」→「宿題多いから、ゲームする前にお風呂掃除を済ませよう」→これが「できた」です。
「観たいテレビがある・・・」→「今のうちに宿題やっとこ・・・」→これが「できた」です。



ここをめざしましょう・・・!
あっ、でも、1年生でここまでじゃないですよ・・・。
子どもさんの様子を見て、少しずつハードルを上げていく、ということです。
「あんた今日から自分で考えて自分で行動せろ」で、できたら、私たち教師の仕事はなくなります・・・。
そうはいかないのが、子どもであり、子育てです。



あといくつか並べると・・・。

学校あるあるその2「約束をして、約束を守れたか守れないかで褒めたり怒ったりしてあげると効果あるある・・・」
約束が守れなかったら、それをやってほしい意味を教えてあげましょう。
できなかった理由(言い訳)を聞いてそれが〇か✕か判断してあげましょう。



学校あるあるその3「なかなかできないことは、とりあえず紙に書いてテレビの横の壁に貼ると効果あるある」
耳からの情報って、意外と抜けます。
視覚的に長期的に印象づけてあげましょう。
できたらはがしましょう。



学校あるあるその4「言ってもできなかったときは、言い続けてあげると効果あるあるかも?」
算数の問題もドリルプリントを繰り返すことでできるようになります。
「何回も言わんでうるさか・・・」とか言い返してきたら、一人分、晩ご飯をつくるのを放棄しましょう。
育ててもらっている、というのは常に自覚させましょう。
これは親の権利です。
親の権利は放棄しない・・・!
「育ててやってる」「食べさせてやってる」「住まわせてやってる」「風呂使わせてやってる」ですよ!
「毎食ありがとうって言え!」って話ですよ・・・!



なんか、今日は過激に走りました・・・。
もう時間があまり残っていないからかなあ・・・。
この過激さ、まさに教育界の尾〇豊さんか・・・?
「♪ヨルノコウシャマドガラスコワシテマワッタ・・・♪」
あっだめだ・・・、壊した窓の修理は私の仕事だ・・・。
嗚呼、それが現実・・・。



でも、子育ては力強さでがんばりましょう・・・!
大切にしよう、「子育てのプライド!」


どうでもいいけれど・・・。

夜の校舎窓ガラス・・・え?ヨルノズク?ヤミカラス?
14:22 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)