天草市立久玉小学校
         あまくさしりつ くたま しょうがっこう
    

天草市立久玉小学校は、平成29年3月31日をもって閉校します。
閉校式には多数出席いただき、143年の歴史の幕引きの瞬間を見届けていただいてありがとうございました。

ここまで、決定から閉校までの期日が短いにもかかわらず、寄付、閉校記念誌購入、閉校記念Tシャツ購入等、ご協力いただきありがとうございます。
すべての企画の締め切りを2/15としております。(寄付と記念誌購入申込も2/15へ延長しました)

引き続き、このホームページでお知らせしていることを、お知り合いにお伝えしていただきたいと考えております。

私たちが懸念するのは、「わあ、知らんやった~。記念誌ば、買おかて思とったとに・・・」という声です。
このホームページのURLを貼りつけていただいて構いません。
お手持ちのSNSツール(LINE、ツイッター、ショートメールなど)をお使いになって、閉校の情報を拡散していただけませんか?
閉校に伴い、次の4つの事業を計画しています。
①閉校記念式典の開催
②閉校記念誌の作成・販売
③寄付のお願い
④閉校記念Tシャツの作成・販売
詳細は、随時ここで案内をしていきます。
どうぞよろしくお願いします。


〒863-1902 熊本県天草市久玉町1963番地 ℡0969-72-3247 Fax0969-72-4055  e-mail:kutama@city-amakusa.ed.jp
  





 

学校生活2016

学校生活2016
12345
2017/03/31

大団円~ありがとう久玉小

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月31日(金)】

最後の更新は、31日の、すべての仕事を終えてからアップしようと思っていました。

朝、2時間ほどでアパートの荷物を車に詰め込んで、それから、書類の整理や荷物の整理をして・・・、と考えていたら甘かったです。
まず乗るはずだった荷物が車に乗らない・・・。
いったん、運んでの2往復・・・。
ここで2時間30分のロス。
それから、アパートを掃除して、学校の仕事に取り組み始めることができたのは、昼過ぎでした。
そして、とにかくバタバタとして、現在21時20分・・・。

長渕剛さんの「二人歩記」の歌詞ではないですが、
♪♪最後の荷物を車に積み込んだらいろんな思い出がふと通り過ぎた~♪♪
・・・そんな気持ちでした。

天草市立久玉小学校のカウントダウンです。
あと2時間と40分・・・。

喜びと笑顔と感動と苦労と、汗と涙と抱擁と、きっときっと143年の中にはいろいろなことがあったと思います。
それはもう私の想像のつくところではありません。
でも、143年間の久玉小での経験が、人生のプラスになったり、生きる糧となったりしたはずです。

ここ数年も、学校と地域と家庭が手をつなぎ、すべては子どもたちのため、とがんばってこられた日々が着実に子どもたちの成長のプラスとなっていました。
本当に気さくで明るい保護者の皆様は、本当に私たちの取組を信頼し、支えてくださいました。
子どもたちももちろん成長過程ですから順風満帆とはいかないですが、それが子育てであり、教育、すべては生きる力となるはずです。

私たち(保護者、職員、そして地域の皆様)は微力だったかもしれません。

でも、少しずつのがんばりが、子どもたちの歩を進め、そして、閉校という、貴重な経験を胸に刻むことができました。

私たちはこの重みをかみしめながら、新生牛深東小学校の一歩を踏み出さないといけませんね。

新しい友だち、新しい先生、新しい歴史が始まります。

新しい歴史を一緒に刻む人も、そうはならなかった私のような者も、場をちがえても、この久玉小での経験を大切に新しいステージでがんばっていくことが、また大切になっていくのだろうと思います。

言葉足らずですが、ここまで、このホームページを見てくださった皆様、本当にありがとうございました。
3年間で200000アクセス、有名人にブログではないですからね、学校HPでこれほどのアクセスはないと思います。
見てくださった皆様に感謝です。

それでは、最後の記事を閉じたいと思います。

ありがとう久玉小・・・。


21:14 | 投票する | 投票数(40) | コメント(0)
2017/03/24

友~旅立ちの時~

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月24日(金)】
先程、天草市立久玉小学校、最後の卒業証書授与式が終わりました。
今、6年生は教室で最後のホームルームを、5年生、4年生、3年生は、一気に式場の片付けを進めています。
在校生も、6年生のバトンを受け継ぎますよ・・・。
立派な動きです・・・。

教頭が卒業証書授与式で、カシャカシャと撮影するのはどうかなと考えて、画像なしです。
そうなることを予想して、誰もいない、始まる前の、式場や教室、控室の画像を撮り収めておりました。

6年生の歌う、「友」に合わせて、風景からご想像ください・・・。

友~旅立ちの時~

 

友 今きみが 見上げる空は

どんな色に 見えていますか?

友 ぼくたちに できることは

限りあるかも しれないけれど

確かな答えなんて 何ひとつない旅さ

心ゆれて 迷うときも

ためらう気持ち それでも

支えてくれる声が

 

気づけばいつもそばに

友 進むべき 道の先に

どんなことが 待っていても

友 この歌を 思い出して

ぼくらをつなぐ この歌を

明日の行方なんて 

だれにもわからないさ

風にゆれる花のように

確かめ合えた あの日の約束

胸に信じて 未来へ歩いてゆくよ

映像を入手したら、再度アップします・・・。



画像入りました・・・。

ラストイベント・・・
花道の様子・・・!

おめでとう・・・!

おめでとう・・・!

おめでとう・・・!

おめでとう・・・!

おめでとう・・・!

おめでとう・・・!

これから謝恩会です・・・!

ホームページに掲載できない画像かもしれない・・・。

シャオンカイノヨウスヲダイジェストデ・・・。
(途中職員室お留守番で退席したので説明できない画像も勝手に説明します・・・)

うたごえ・・・。

幼少時代・・・。

エビカニクス・・・。

イケベエ、ビカニクス・・・。

ブルゾンチエミ、アゲイン・・・。

ミワセンセ、スピーチ・・・。

ヤマダセンセ、スピーチ・・・。

ホゴシャノミナサマノダンス・・・。

ホゴシャノミナサマノダンス・・・。

ナンダロウ・・・。

セツメイフノウ・・・。

セツメイフヨウ・・・。

サカモトフコウ・・・。


オオガカリナジュンビモアリガトウゴザイマシタ・・・。

一気に怒濤の中で、久玉小の142年と357日目をアップしました・・・。

また改めて、来週、久玉小ホームページエンディングの記事をアップしたいと想います・・・。
11:58 | 投票する | 投票数(26) | コメント(0)
2017/03/23

アダム&イブ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月23日(木)】
アダム&イブ・・・?

だって、イブですよ。

明日は卒業式、久玉小のラストセレモニーです。

ということで、今夜はイブです・・・。
ついでにアダム&イブです。

今日は朝から、修了式の椅子並べを、5年生ががんばりました。
新6年生としての役割がスタートします。

そして、修了式では、まず、クラスの代表による修了証授与、そして、児童代表発表、そして、校長先生、坂本成志朗先生、濱田先生の話がありました。

代表児童の態度は立派でした。

坂本成志朗先生の話に、「ただしいおこない」ということがありました。
だれも見ていなくても、ただしいおこないをしましょうという呼びかけです。

そして、学級活動で通知表等をもらった後、卒業式練習、昼食をはさんで、4年生と5年生は、卒業式準備でした。

この卒業式準備がすごかった・・・。
新しく高学年となる4年生と5年生の初タッグでした。
まず、河原先生から、どんな態度で、どんな気持ちで準備をするのか、という話がありました。
こういうことはすごく大事です。

そして、一斉に準備が始まりました。

予定した時間より早く、そしてきれいに整いました。
6年生保護者の皆様、明日はいろいろなところにご注目ください。
すべて、「6年生のために」と4年生と5年生ががんばった結晶です。

それでは、明日、6年生が歌うこの今日に乗せて、今日の一日をふりかえります。


最後のチャイム

 



  

チャイムが鳴った

最後の授業の終わりを告げて

そうしていつもあいさつしたけれど

だれもがみんな

だまって顔見合わせた

ぼくたちの思い出が遠い空へとかえる

初めてとびこがとべた日のこと

雪の日真っ白にそまった校庭

ささいなことでけんかして

体育館のかげで泣いたこと

今卒業のとき

胸にこみ上げるものがあるけれど

まっすぐ顔を上げて

今卒業のとき

さよならの向こうには何かが

きっと待っている

チャイムは今も心を揺らして鳴り続けてる

今日の日をいつまで

とどめおきたいけれど

あだなで呼び合って笑いすぎた日

花壇のひまわりは青空高くに

机の隅のイニシャルは

消さずにおいていてもいいだろうか

卒業のとき

道は少しずつ分かれゆくけれど

勇気と希望もって 今 卒業のとき さみしさを乗り越えて 明日へ強く踏みだそう




6年生は明日、卒業式でこの歌を歌います・・・。





ところで、アダムとイブがリンゴを食べた時から、人類の歴史が始まったとよく言いますよね。

久玉小が始まったのも、誰かがリンゴを食べたから・・・?

久玉の子どもたちのために・・・とリンゴを食べたから・・・?」

なんて考えると、ロマンチックな気がしますね・・・。

そしてリンゴを食べた日から、143年・・・。

久玉小の学校行事のすべてが明日終わります・・・。

リンゴを食べた日から始まった歴史は、どうやって終わるのかなあ・・・?

アダムが静かに目を閉じるのかなあ・・・?

久玉小も、明日、目を閉じるのかなあ・・・?

目を閉じるというと、とても、悲しい気がしますが・・・、

それは、まぶたのうらに、思い出のすべてを刻み込むということかな・・・。

静かにまぶたを閉じるということは、

久玉小の思い出を永遠にするセレモニーなのかな・・・?





明日は忘れられないアニバーサリーになります・・・。
(BGMはユーミン・・・)







18:55 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
2017/03/22

ありがとう

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月22日(水)】
忙しいですよ・・・・・!

今日は卒業式予行練習がありました。

子どもたちのがんばりに拍手!

先生たちのがんばりに拍手!

私はこーちゃんの歩く姿を眺めているだけで涙が出そうになります・・・。

では、集中力ハナマル、たくさんの子どもたちの表情をご覧ください。

では、卒業生入場・・・!
(曲を口ずさんでください・・・)


“ありがとう”って伝えたくて

あなたを見つめるけど

つながれた右手はだれよりも優しく

ほら この声を受け止めてる

 

まぶしい朝に 苦笑いしてさ

あなたが窓を開ける

 

舞い込んだ未来が

始まりを教えて

またいつもの街へ出かけるよ

 

でこぼこなまま積み上げてきた

ふたりの淡い日々は

 

こぼれたひかりを大事にあつめて

今輝いているんだ

 

“あなたの夢”がいつからか

“ふたりの夢”に変わっていった

 

今日だって いつか

大切な 瞬間(おもいで)

あおぞらも泣き空も晴れわたるように

 

“ありがとう”って伝えたくて

あなたを見つめるけど

 

つながれた右手がまっすぐな想いを

不器用に伝えている

 

いつまでもただいつまでもあなたと笑っていたいから

 

信じたこの道を確かめていくように

今 ゆっくりと歩いていこう


久玉小のラスト2日間を応援してください・・・。
(やっぱりギャグはなしでしょう・・・)
18:23 | 投票する | 投票数(23) | コメント(0)
2017/03/21

一期一会とクッキー

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月21日(火)】
先週17日金曜日に、更新はあと5回、とか書いたのですが、余りの忙しさに・・・。
朝からバタぐるっております。
業間から3時間目の卒業式練習を見ることもできず・・・。
パソコンに向かって、カシャカシャカシャと、ただひたすらに打ち続け・・・。
給食を5分で食べ終え・・・。





写真も写せなかったし・・・、
もう今日は、更新は無理だなあ、と思っていた私は、午後、洗面所で、こんなステキなものを目にしました。









はっとしました。






私は、今日、自分の忙しさで、心がいっぱいになって・・・、
周りの人たちへの心遣いとか、できていなかったんじゃないか・・・?
話しかけられても、話半分で・・・、
いや、むしろ、「話しかけないで」オーラとか出していたんじゃないか・・・?





そして、もう一度さっきの詩をかみしめます・・・。


「一生という限られた期間を過ごす中、
たった一度だけでもあなたと出会えて本当によかった」


私は、ステキな今日という日を、まったく意味のない、悲しいものにするところでした。
「ああ、51にもなって、だめだなあ・・・」
反省でした・・・。

自分で今日をステキにすると決めないと、今日はステキにならないんです。







さらに、ある学年の子が、クラスで、クッキーを焼いて、そのひとつを私にところにプレゼントに来てくれました。
これまでのお礼を口にすると、メッセージカードと一緒に渡してくれました・・・。



はっとしました。

私は大切な大切な二度と来ない今日という日を悲しい日にするところでした。


今を大事にしないと、ステキな明日は来ませんよね。






そう思えば、こんなことがありました。
掃除時間に木の幹のコケを草取り鎌ではがそうとしているのをみて、「枯れる!」とすぐ注意に行ってくれた先生がいます。すぐ行動に移してくれる先生がステキです・・・。
あとで、私が子どもたちのところに、二重の指導に行くと・・・素直な反省の言葉を口にしました。
ちょっと前までは「だって・・・」と言い訳していたかもです。
大事ですよね。素直な反省は人を成長させます・・・。
家庭では、どうですか?












こんなこともありました。
廊下をぱたぱたと走る音、次の瞬間、私と目が合いました。
目が合った瞬間、大きな目をさらに大きくして、
「しまった・・・!」を表情で表現する子・・・。
そんな子に怒鳴る必要はないですよね。
呼び止めて、いやその必要もなく、その子たちは呼び止められるのを予測して待っていました。
「もう少し早く気づくと100点やったね」と声をかけました。
ちょっと前やったら、大声で教室まで追いかけて注意していましたよ・・・。








そして、こんなこともありました。
開校式と入学式案内を「来賓の皆様に持って行く子ども2017」が決定し、今日昼休みに多目的室に集めました。
説明の前に、早く集まった子どもたちに、「実は今夜PTAの会議があるんだけど、いすを63個並べてくれないかなあ」と問いかけると、すぐ行動を始める5年生と4年生と3年生と2年生と1年生の子どもたち・・・。
あっというまに、準備が整いました。






私は、忙しくてバタバタしていたにもかかわらず、こんなステキなシーンがいくつもありました・・・。
いや、洗面所の「一期一会」がなかったら、今日こんなステキなことがあったにもかかわらず、「あ~忙しい日やった・・・」で終わらせていたかもしれません。


自宅のトイレに「幸せとは、幸せに気づく心を身につけることだ」というメッセージカードをはっています。
まさにそれと一緒です。






今日は、ささくれだった51の心のかさぶたを、一期一会のメッセージカードとクッキーがいやしてくれました。





あ・・・、そういえば・・・?
先週の6年生のパンケーキとメッセージカードも最高でしたよ・・・。
メッセージは、何回も読み直しましたよ・・・。
16:00 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2017/03/17

「できる」ということ

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月17日(金)】

昨日、更新できませんでしたが、ニワトリたちは無事、旅立っていきました。

きっと、新しい新天地(?)で、羽ばたいてくれると思います。

Bon voyage・・・!

今日は「昨夜の卒業式練習の光景」と「今日の無言掃除の光景」です。

「できるということ」について、文章をつづりながら、画像を並べていきます。

来週発行の久玉小最後の学校通信「つなぐ」36号の左下に掲載する予定の記事とリンクさせた形になるかと思います。
2つとも読んでなるほど…みたいな・・・。
よろしくお願いします。
だって、久玉小のホームページと学校通信で、こんなことを書けるのも、今日入れて、あと5日だけなんです。
もっともっと書きたいことあるのに・・・。
しかも、ハードな日々になるので、更新できないことも考えると、今日書かなくっちゃ、と思い立ちました。

では始めます。


「できる」ということは、学校では大きな意味を持ちます。
「できるようになる」ということは私たちの目標でもあります。



もちろん、「私たちが・・・」ではなく、「子どもたちが・・・」ですが・・・。



では「できる」というのは、何を持って「できる」というのでしょうか・・・?



「お風呂掃除して!」→掃除した→これは、できた?



「宿題しなさい!」→宿題した→これは、できた?



これらは「できた」でしょうか・・・?



これは、よく言われる、次のことと同じです。

いきます、「学校あるある」・・・。

学校あるあるその1「『忘れ物と宿題忘れ』は2年生か3年生で急増する・・・。」

どういうことかというと、1年生の時は、保護者の方が心配して声をかけたり、見てあげたり、寄り添ってあげたりするので、「忘れ物と宿題忘れ」はすごく少ないのです。
ですが、2年生か3年生で急増するのは、なぜか・・・?
「もう大丈夫だろう」と保護者が手を離すからです・・・。
じゃあ、ずっと見続けてあげるのか・・・?
それは保護者の労力が増えるだけでなく、子どものためにもなりません。
ダブルマイナスです・・・。
笑い話のような高学年の本当の話「もう、お母さんが入れんやったけん、忘れ物すんなって、先生に怒られたやっか~」ですかあ?はあ?(マチャ〇チャさん風に・・・)

だから、子どもの様子を見て、出来具合を見て、手を離してやることも大切です。
逆に「どかんと全部任せてさせてみてできぐあいを確かめる」のもいいですね。



「できた」というのは、学年でもちがいますが、最終的にはできるようになる、ということです。



つまり、心が入ります。子どもの意思が入ります。子ども自らの判断力が入ります。



自分で考えて、判断して、言われなくてもできるということが、「できた」「できるようになった」ということです。



「8時になったな、テレビを消して宿題に取りかかろう」→宿題した→これが「できた」です。



「ええっと、今日は帰ってすることは・・・?」→「あっ、お風呂掃除と宿題だ」→「宿題多いから、ゲームする前にお風呂掃除を済ませよう」→これが「できた」です。
「観たいテレビがある・・・」→「今のうちに宿題やっとこ・・・」→これが「できた」です。



ここをめざしましょう・・・!
あっ、でも、1年生でここまでじゃないですよ・・・。
子どもさんの様子を見て、少しずつハードルを上げていく、ということです。
「あんた今日から自分で考えて自分で行動せろ」で、できたら、私たち教師の仕事はなくなります・・・。
そうはいかないのが、子どもであり、子育てです。



あといくつか並べると・・・。

学校あるあるその2「約束をして、約束を守れたか守れないかで褒めたり怒ったりしてあげると効果あるある・・・」
約束が守れなかったら、それをやってほしい意味を教えてあげましょう。
できなかった理由(言い訳)を聞いてそれが〇か✕か判断してあげましょう。



学校あるあるその3「なかなかできないことは、とりあえず紙に書いてテレビの横の壁に貼ると効果あるある」
耳からの情報って、意外と抜けます。
視覚的に長期的に印象づけてあげましょう。
できたらはがしましょう。



学校あるあるその4「言ってもできなかったときは、言い続けてあげると効果あるあるかも?」
算数の問題もドリルプリントを繰り返すことでできるようになります。
「何回も言わんでうるさか・・・」とか言い返してきたら、一人分、晩ご飯をつくるのを放棄しましょう。
育ててもらっている、というのは常に自覚させましょう。
これは親の権利です。
親の権利は放棄しない・・・!
「育ててやってる」「食べさせてやってる」「住まわせてやってる」「風呂使わせてやってる」ですよ!
「毎食ありがとうって言え!」って話ですよ・・・!



なんか、今日は過激に走りました・・・。
もう時間があまり残っていないからかなあ・・・。
この過激さ、まさに教育界の尾〇豊さんか・・・?
「♪ヨルノコウシャマドガラスコワシテマワッタ・・・♪」
あっだめだ・・・、壊した窓の修理は私の仕事だ・・・。
嗚呼、それが現実・・・。



でも、子育ては力強さでがんばりましょう・・・!
大切にしよう、「子育てのプライド!」


どうでもいいけれど・・・。

夜の校舎窓ガラス・・・え?ヨルノズク?ヤミカラス?
14:22 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2017/03/15

卒業の日よおめでとう

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月15日(水)】

今日は、2回目の卒業式全体練習でした。
効率よく進めるため、6年生と1~5年生で分かれて練習です。

今日は在校生の練習を見ていました。
ちゃんと5年生(新最高学年)がはじめとまとめをします。


河原先生の明快な指示で練習が進みます。



ではこの詩に乗せて・・・。


卒業の日よおめでとう


力を合わせた思い出を

忘れないでね 忘れないでね お兄さん

「仲よくみんなで伸びよう」と

あなたの残した このきまり

きっと守って育てます

おめでとう おめでとう お兄さん



 

楽しく過ぎた思い出を

忘れないでね 忘れないでね お姉さん

「手をとりあって考えた」

あなたの足あと ふみしめて

明るい学校築きます

おめでとう おめでとう お姉さん

 

卒業の日よ おめでとう



もうすぐ、牛深東小PTA運営委員会準備会が始まるので、詳しく書けませんが、こんなこともありました・・・。














さあ、ノーコメントで、何の写真か、わかりますか?

今夜は時間がないので、正解は明日・・・!

あっ、明日は術後の経過観察だ・・・!
アップできないかも・・・!
いや、がんばります!


ひとつだけ、書かせてください。

ニワトリ、明日お別れなんです・・・。
飼育担当の4年生が今日は最後だから、いっぱい来て賑わう飼育小屋・・・。
だっこされて、だっこされて、ちやほや状態・・・。
私「はい、もうだっこせんよ、ストレスになるよ」
子「教頭先生、なでるのはいいですか?」
私「いいよ。」
子「先生、最後だから、黒と白のニワトリ、全部同じ部屋に入れませんか?」
(う~ん、子どもらしい発想・・・!でも即答!)
私「やめて、それもストレスやん。」

子どもらしい質問とそれに答える私・・・。
ニワトリQ&A・・・。

時代の流れ・・・ですかね・・・。
一桁だけ残る、ニワトリ保有学校がまたひとつ、姿を消します・・・。




 


18:46 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/03/14

You're King of King

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月14日(火)】
池邊先生が初任と言うことで、田口先生には週1回、初任者研修拠点教員として、来校いただきました。
接点は主に、3年生でしたが、地元と言うこともあり、広く子どもたちに接してくださいました。

業間の時間に、田口先生のお別れの式をしました。

田口先生ありがとうございました。



文集「あまくさ」の表彰もありました。

おめでとうございました。

その後、私の方で少し時間をいただき、今月の詩を特にがんばった人を「シーキング」、久玉版Sasukeをがんばった人を「サスケキング」に認定しました。



子どもたちにこんな話をしました。
(私って、あんまり子どもたちの前で話す機会ってないんですよ・・・だから貴重な時間・・・)

なぜ、たくさんの人を認定したのかというと、「がんばっておぼえる」とか「きついことにも挑戦する」ということを大切にしてほしいからです。

やっぱりきついこと、めんどうなこと、こつこつがんばることってなんか、大変そうでいやですよね。

でも、きついこと、めんどうなこと、コツコツがんばることに挑戦しないと成長できないんですよ。
無言掃除や宿題や部活動もそれと同じです。

きついこと、めんどうなこと、こつこつとがんばることに挑戦する人はやっぱいカッコいいんです。

みなさんには、カッコいい小学生になってほしいと思って、今日は認定しました。

認定された人はもっともっとがんばってほしいし、認定されなかった人は次のチャンス、もちろん他のことでもいいんです、がんばれる人になってほしいと思います。

だれにでも優しい言葉をかけられる、いいですね、カッコいいですね。
昨日の給食放送であったふわふわ言葉もいいですね。

最後にもう一度言います。
カッコいい、牛深東小の子どもになってください。以上。





さあ、今日のタイトル、「ザ・昭和」です。
♪わずかばかりの意識の中で~君は何を考えたのか~You're King of King♪
♪たちあがれ~もう一度その足で~ライラライラライラライ~♪
私、中学生だ・・・。
「アリ〇さんのチャンピ〇ン」です。

シーキング、サスケキングから、の、チャンピオン、です。

シーキングと言えば、初めて、シーチキンが発売されて、食べた時って、感動しませんでした?
小学生だったかなあ・・・?
「うわあ、おいしい!」と我が家では毎日晩ご飯がシーチキンになりました。
シーチキンのマヨネーズ和え、シーチキンご飯、シーチキンの醤油煮・・・。
今考えるとちょっとおかしい・・・。
そんな経験ありませんでした・・・?

今日はここまで・・・。
17:22 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2017/03/13

BEST FRIEND

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月13日(月)】

今日から、卒業式練習が始まりました。

すばらしい初日でした。

椅子を持って入場という難しいシチュエーションなのに、音がしない・・・!

どういうことか・・・?

『わけその1』担任の先生がそのことを教室で伝えているから・・・。
『わけその2』子どもたちがそのことをちゃんと守っているから・・・。

教育って、シンプルにはそういうことです・・・。
子育てって、シンプルにはそういうことです・・・。

約束をする→約束を守る。
約束のわけを知る=人の願いを理解する=思いやり

では、そのがんばりを、今日のタイトルの詩に載せて・・・。




♪もう大丈夫心配ないと♪

♪泣きそうな私の側で♪

♪いつも変わらない笑顔で♪

♪ささやいてくれた♪

♪まだまだやれるよ♪

♪だっていつでも輝いてる♪

♪時には急ぎすぎて♪

♪見失う事もあるよ 仕方ない♪

♪ずっと見守っているからって笑顔で♪

♪いつものように抱きしめた♪

♪あなたの笑顔に♪
(体育館から帰るときまで静か・・・)



(ここから1年生のぐんぐんたいむと今月の詩の写真で・・・)

♪何度助けられただろう♪

♪ありがとう♪

♪ありがとう♪


(難易度の高い百人一首の暗唱クリア、おめでとう・・・)
♪BEST FRIEND♪




卒業まで、2週間・・・。

進級まで、2週間・・・。

閉校まで、2週間・・・。

一緒に過ごした先生とのお別れまで、2週間・・・。

6年生とのお別れまで、2週間・・・。



どんな2週間を過ごしたらいいのか、子どもさんに聞いてみてください・・・。
17:19 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/03/10

ひまわりの約束

Tweet ThisSend to Facebook | by 学校サイト管理者
【3月10日(金)】



今日はお別れ遠足でした。



出発前に6年生に向けてのありがとうセレモニーを体育館で実施しました。



どの学年もナイスな演技力とキレキレの踊りは学習発表会を超えたか・・・?
というところでした。



ではこの詩にあわせて・・・。







どうして君が泣くの



まだ僕も泣いていないのに



自分より悲しむから



つらいのがどっちか



わからなくなるよ



ガラクタだったはずの今日が



ふたりなら宝物になる



そばにいたいよ



君のためにできることが



僕にあるかな



いつも君にずっと君に



笑っていてほしくて



ひまわりのような



まっすがなそのやさしさを



ぬくもりを全部



これからは僕も届けていきたい



ここにある幸せに気づいたから






遠くでともる未来



もしも僕らが離れても



それぞれ歩いていく



その先でまた出会えると信じて



ちぐはぐだったはずの歩幅



ひとつのように今重なる



そばにいること



なにげないこの瞬間も



忘れはしないよ



旅立ちの日 手を振るとき



笑顔でいられるように



ひまわりのような



まっすぐなやさしさを



ぬくもりを全部



返したいけれど
君のことだから
もう充分だよって
きっと言うかな


今日の遠足、片道5.5km、往復11km
なかなかの距離をみんながんばりました。

私は、こーちゃんと歩きましたが、すごい成長ですね。
すべて歩きました。
帰りは少々きつそうで、座り込む場面もありましたが、最後まで歩きました。

ひまわり学級は、彼女の卒業でなくなることになります。

彼女の歩みがひまわりの歩み・・・。


ラスト2週間・・・。

久玉小の最後の9日間です・・・。

※お知らせです。
「こども宇宙プロジェクト」
覚えておられますか?
夢を書いたボードを手にした集合写真が花の種と一緒に宇宙を旅するプロジェクトです。
久玉っ子の写真は、5月中旬に打ち上げられるファルコン9ロケット・ドラゴンCRX11号機で宇宙へ出発します・・・。ときどき、国際宇宙企画のHPも覗いてみてください。
15:15 | 投票する | 投票数(13) | コメント(0)
12345