最終更新日 平成29年2月13日 科学の祭典in鹿本をアップ!

 
山鹿市立稲田小学校 Inada Elementary School     
 
      
           
稲田小学校児童会スローガン              日の岡山探検(生活科)       サイエンスタイム                  2017あいさつマスコット   
                                                                                   「あいさつペンちゃん」
   2014・2015・2016年度 ソニー子ども科学教育プログラム 3年連続優秀校 2015年度 審査委員特別賞 受賞
  2017年度 ソニー子ども科学教育論文「奨励校」受賞  4年連続入賞                      
   
  平成27・28年度 国立教育政策研究所 教育課程研究指定校事業(理科)  
 平成29年度も理科の研究を推進しています! (視察もお受けいたします)
 (6月28日 鳥取県鳥取市の稲葉山小学校から視察に来ていただきました!)
 
 ※メニューの理科研究に、これまでの実践例をアップしていますので、ご覧ください
 
 
バナー
熊本県教育情報システム
登録機関

管理責任者 校長 川野 富士夫
運用担当者 教諭 山下 政司
         教頭 牛﨑 巽


子どもの人権110番
 「いじめ」やインターネット・LINEなど困ったことがあったら相談しましょう。
0120-007-110(無料)
法務局の職員又は人権擁護員が お受けします。秘密厳守
 

カウンタ

70906
連絡先
山鹿市立稲田小学校
〒861‐0303 
熊本県山鹿市鹿本町高橋638 
TEL 0968-46-2162  FAX 0968-42-3915
E-mail  y-inadaes@educet03.plala.or.jp
稲田小までのアクセス.pdf
 

お知らせ

科学の祭典in鹿本
 2月10日(土) お世話になりました
   
 今年も山鹿の小中学校理科部会を主体に、鹿本中、山鹿中、鹿本農業高校、
鹿本商工高校、城北高校、鹿本高校の生徒さんをはじめ、現職・退職の先生
方、御船恐竜博物館、県立教育センターの皆様のご協力により開催すること
ができました。雨模様でしたが、多くの幼児、小中学生、保護者の皆様のご
参加により、各ブースとも大盛況でした。科学することやものづくりの楽し
さを感じた子どもたちだったと思います。 今年は、中嶋山鹿市長様もご多
用な中にお立ち寄りいただき、稲田小の子どもたちのブースにも参加してく
ださいました。
 山鹿ロータリークラブ、山鹿ライオンズクラブの皆様方の予算面のご支援
により実施できましたこと、心からお礼申し上げます。
                          (by kawano) 

学習発表会お世話になりました! 
                                                2月4日(日)
    
 
 全校合唱        2年 劇        1年 発表 
 「スマイルアゲイン」    「ないた赤おに」  「できるようになったよ                 
                           むかしあそび」
                           
     

  5年「ラストメッセージ」 3・4年発表        6年 英語劇
 ~私たちの伝えたいこと~ 「今年も豊作 豊年太鼓」  「MOMOTARO」
                          「The Giant Turnip」  

 寒い1日でしたが、稲田っ子が私たちの心を「ほっかほっか」にしてくれました!
全員合唱:スマイルアゲインは、寒い中、笑顔を会場の皆さん方に届けようと、爽やか
     で、元気一杯の歌声を響かせてくれました。ピアノ伴奏の先生も手が冷たく
     大変だったかと思います。(会場の皆さんに、歌声が届きましたよ!)
2年生 :「ないた赤おに」、先生の読み聞かせを涙を浮かべながら聞いたことで、こ
     の劇に取り組みました。2年生は国語の物語文の役割音読もとても上手で、
     役になりきっての表現力は抜群です。赤おにと青おに、村の人達の心の動き、
     素晴らしい表現力でした。ものおじせじ、伸び伸びと演技できるのが2年生
     の良さですよね、日頃の授業もそんな感じです。
1年生 :「できるようになったよ!むかしあそび」では、地域の老人会の皆さんから
     教えていただいた、竹とんぼや竹馬、お手玉、折り紙など、何度も何度も練
     習をしてできるようになりました。1年生らしく、とてもかわいらしく、参
     観に来ていただいた老人会の皆さんにもお返しができたようです。1年生の
     この1年の成長を実感します。     
5年生 :総合での「水俣病の学習」をはじめ「水俣に学ぶ肥後っ子教室」で学んだこ
     とをメッセージとして伝えてくれました。語り部の方のお話は、5年生の心
     に深く刻まれたようです。病気の症状、原因、社会で起きた事柄、そして患
     者さんたちを苦しめていたこと、など学びを発信してくれました。命の尊さ
     大切さとともに人権という視点から考えを深めた5年生でした。
3年生 :音楽会やふる里子ども自慢祭りで演奏した「豊年太鼓」の演奏です。今回は、
4年生  豊作を祝う祭りをテーマにして、」「お囃子」や「村祭り」をリコーダーで
     演奏し、最後の「豊年太鼓」の演奏につなげていたので、すごいなあと思い
     ました。「お囃子」も自分たちで工夫してあり聞き応えもありました。テー
     マをもって構成されているのが良かった!先生たちのアイデアですね。
     「豊年太鼓」は、いつ聞いても素晴らしいです!3・4年最高!
6年生 :5年生から、外国語の学習がはじまり2年目となりました。せっかく学習し
     ているので英語劇をとなったことと思います。「ももたろう」と「大きなか
     ぶ」のお話でしたが、英語で表現しながら、演技も必要なので苦労もしたよ
     うです。英語でのリフレインの響きは良かったですね。6年生も頑張って、
     英語で表現できていました。会場からの笑いもありましたね。中学校の英語
     暗唱の小学生版のようで、よい雰囲気でした。

 ※ 今年1年の子どもたちの成長を感じた発表会でした。本当に体育館も冷え込んで
  いましたが、保護者・祖父母の皆様、地域の皆様、稲光園の先生方、ご来場ありが
  とうございました。皆さん、子どもたちの発表に感激されていました。地域の方に
  も「昔の学芸会を思い出しました。子どもたちから元気をいただきました。」との
  言葉をいただきました。また、稲光園の先生方も「楽しかった~。」と笑顔で話さ
  れていました。皆さん、寒い中、ありがとうございました。 (by kawano) 


   
※ 閲覧ありがとうございます。 
 3月までの閲覧を9万件を目指します!
 
日誌
学校行事・PTA行事の様子
12345
2018/02/05

2年道徳 講師招聘研究授業 1月31日

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
2年道徳 講師招聘研究授業1月31日(水)
  主題名 みんなのものを大切に (規則の尊重)   
    
教材「黄色いベンチ」 (わたしたちの道徳)
 
  
 
  道徳の研究授業を行いました。来年度からの「特別の教科 道徳」の実施
に向けて、授業づくりや評価について考えていかなければなりません。
 今日は、県立教育センターの安武指導主事をお招きして、これからの道徳
について学ばせていただくことにしました。
 2年生の授業については、模擬授業を行ったり、低学年部で何度も授業づ
くりについて検討をされたりしました。子どもたちは学習意欲満々、集中し
て教材に向かい、自分の言葉でいろいろな考えを発言することができていま
した。日頃の教科指導でも見られる子どもたちの姿でした。のびのびとして
自分の考えをはっきり伝えられる子どもたちです。
 さて、協議で話題になったことは、中心発問での子どもたちの考えを仲間
分けしながら板書していけば、整理されて考えやすく、価値に迫りやすくな
ったのではないか?また、「おこられるかもしれない。逃げよう。」などの
子どもの素直な考えも取り上げ、そこから深めていけば、本時の価値に迫っ
ていけたのではないか? ・・・ などの意見も出されました。
 
 指導主事の安武先生からは、中心発問での子どもたちの意見の出させ方の
工夫、価値の類型化、中心発問での選択肢を用いる例など、なるほどと感じ
るお話をいただきました。また、「2つの価値を追ってはいけない」との指
導がなされてきましたが、それもあり得ること。板書なども右から左へ流れ
るように書くだけではないこと(多面的・多角的に考える)など、目から鱗
のお話を伺いました。
 「特別の教科 道徳」が求めるものについて、具体的で分かりやすい資料
で説明をいただき、全職員で学ぶことができました。ご多用な中に、指導に
来ていただき本当にありがたかったです。

 先ずは、来年度の年間計画作成に全職員で取り組まなければなりません。

08:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/31

ソニー論文贈呈式 1月26日(金)

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
ソニー子ども科学教育プログラム
 4年連続受賞 「奨励校」贈呈式
~表彰に来校していただきました~ 1月26日
    
 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)熊本テクノロジーセンター
の可沼総務部長様と西塔渉外担当課長様にご来校いただき、「奨励校」の表彰を
受けました。
 本校の理科教育の実践が評価され、とても嬉しく思っております。
本年度は、「優秀校」ではありませんでしたが、講評としていただいた中に、
来年度取り組むべき課題も示唆されておりました。もう一度、「自然大好き、
科学大好きな子ども」を目指して、取り組んでいきたいと考えております。
 可沼部長様、西塔課長様、ご多用な中に現地贈呈にお越しいただき、大変
ありがとうございました。

21:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/31

1年生活科「きたかぜとあそぼう」 1月24日(水)

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
「きたかぜとあそぼう」 1月24日(水)
 ~どうやって かざぐるまを まわすのかな? ~
  
 1月24日(水)は、1年生の生活科の研究授業でした。
きたかぜと遊ぼうの単元で、今日は、「かざぐるま」で遊びます。子どもたちが
作った「かざぐるま」、よく回るように工夫がなされ、冷たいきたかぜに向かっ
て力いっぱい走って回していました。
 かぜが強かったので、勢いよく回り、子どもたちも満足感たっぷり、いろいろ
な気付きもありました。
 ○かぜの向きのこと ○走ること ○かざぐるまのもようのこと
また、ゲストティーチャーの先生のお話や実験も、とても興味をひくものでした。
「空気とかぜ」「空気砲の実験」「かざぐるまの回り方」「羽の工夫」「竹とん
ぼ」など、生活科から理科につながるお話でした。
 最後の子どもたちの感想も素晴らしかったです。
「くもからかぜがくると思っていたら、空気がかぜになることが分かりました。」 
   (ゲストティーチャーの先生の話から)
「いろいろなところにかぜがあることが分かりました」
   (体験しての気付き)

■ 教材や環境の準備が良かったです。
■ 単元を通して、「季節を感じる」取組であった。(自然とかかわる)
  老人会を招いての「昔遊び」… 意図的な学習が仕組まれていた。
                 身近な人々とのかかわり
■ ねらいに沿って、「しっかりと体験させてあった」
  → いろいろ体験させると、いろいろな気付きが …
■ 「見る、聞く、ふれる、作る、探す、育てる、遊ぶ」などの具体的
  な活動や体験を通すことの大切さに気付かされました。

21:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/25

1年生活科 1月18日(木)

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
「昔遊びをしよう」1年生活科
             
1月18日(木)
   
 老人会の方々の協力により、「昔遊び」の学習ができました。事前に老人会
の方々と一緒に竹を切り出しに行き、今日の日を楽しみにしていました。
外では、「竹馬」「竹とんぼ」つくり、老人会の皆様もご苦労があったようで
す。なかなか思ったように作り上げるのは大変ですよね。
 また、部屋の中では、老人会の女性の方々が「折り紙」「お手玉」をいろい
ろと教えてくださいました。
 それぞれに作り上げたあと、「竹馬」「竹とんぼ」「折り紙」「お手玉」遊
びに夢中になっていた子どもたちでした。
 老人会の9人の皆さん、お忙しい中に大変お世話になりました。

12:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/25

サイエンスタイム 1月12日(金)

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
サイエンスタイム 1月12日(金)
   
霜や氷の観察
  
  今週は、気温が低く、雪が降ったり、氷が張ったり、霜が降りたりと
寒い1週間でした。12日(金)も朝から冷え込んでいたので、サイエン
スタイムの時間に「氷」や「霜」の観察をしました。
 寒い冬だからこそ、「学べる」ことがあります。霜を簡単な顕微鏡や
ルーペで観察をしました。また、運動場で発見した「厚い氷」を持って
きた子どもたちもいました。
 自然を実感することは、大事なことですね。

12:02 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/17

2018年のスタートです!

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
2018年 平成30年のスタートです!
 3学期がいよいよ始まりました。お正月気分をもっと味わいたかったかも知れませんが、
始まりです。
 始業式では、代表の子どもたちが、冬休みやお正月に楽しかったことや3学期の目標
について発表してくれました。3学期、「ドッジボールやかけっこなど外で元気に遊ぶ」「
進んで勉強を頑張る、縄跳びが上手になる」「学習やボランティアを頑張る」「勉強を楽し
む→ 何のためにするのか? →学習後をイメージする」「最高学年になる年」「意見を
相手に伝える」「学習内容をきちんと理解する」「部活動を最後まで」「友達と仲良くなる」
「胸を張って卒業したい」 … などなど自分の言葉で伝えてくれました。
 また、児童会からは、しめくくる学期、「あいさつ運動→進んで参加、低学年へも広げる」
「立ち止まってあいさつに挑戦しましょう」「ボランティアを頑張りましょう」「モーニングダッ
シュ後、かけ足でもどりましょう(きびきび行動)」と、児童会全員で頑張ることを具体的に
発表してくれました。
 3学期は、あっという間です。まとめの学期であるとともに、「つなぐ学期」です。
「後輩につなぐ・心をつなぐ・学習をつなぐ」、一日一日を大切に過ごしましょう。

 転入生が来ました。

13:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/17

あけまして おめでとう ございます 

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
あけまして
  おめでとう ございます
        
 2018年がスタートしました。
今日は、仕事始め、企画委員会を行いました。明日は、3学期始めの
職員会議です。
 稲田っ子学童クラブは、今日から始まっています。今日は、9人の
子どもたちが来ていました。支援員の先生方への年の始めの挨拶がて
ら学童の様子を見に行きました。みんな元気で頑張っていました。
将棋盤に向かっていた子どもたちもいました。いいですね~。
 明日の職員会議を受けて、3学期のスタートに向けて準備をしてい
きます。
 インフルエンザやかぜが流行っているようですね。私も年末年始と
咳が止まらず苦しかったです。
 皆さん、健康に留意して頑張りましょう!

13:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/01/04

門松登場!

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
2018年へ向けて
     「門松登場」
        
 用務員の先生方が、職員玄関に「門松」を作ってくださいました。
毎年、いち早く玄関が正月を迎えています。ありがたいことです。
自分たちで竹を切り出してきてくださって、上手に門松を作られま
す。2時間半くらいで完成したのではないかと思います。
 子どもたちも、それぞれ用務員の先生方に「門松、ありがとう
ございました。」とお礼を言っていたようです。
 年末にする大事な仕事がいくつかありますが、28日には校長室
もきれいに片付けて、「仕事納め」としたいと思います。
 来年もよろしくお願いいたします。

13:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/26

校内持久走大会 12月15日

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
「校内持久走大会」
       12月15日(金) 
  
 ~応援ありがとうございました~
 
この日に向けて、朝からのモーニングダッシュ、体育の時間の持久走の練習と子ども
たちは日々努力を積み重ねてきました。
  今日は、絶好の持久走大会日和(少し、温かかったかな?)でした。自分のペースで
精一杯走る子どもたちに感激しました。粘り強く最後まで、立ち止まることなく頑張る姿
は素晴らしいなあと思ったところです。今日が一番良い記録が出たのではないかと思い
ます。 
 稲田小には、先輩をはじめ歴代の学年一位の記録が掲示されています。その記録を
破りたいとねらっている子どもたちもいます。今日は、3人の子どもたちが新記録を出し
ました。すごいですね。毎年、記録を更新していく「稲田っ子」がすごいです!
 今日は、沿道に保護者の皆様、祖父母の皆様、稲光園の園児の皆さんが応援にかけ
つけていただきました。沢山、応援に来ていただき「びっくり」しました。応援の皆さんが
子どもたちの背中を押していただけたのだろうと思います。
 お世話になりました。 

15:41 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/12/07

6年生理科研究授業 12月6日

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校サイト管理者
6年生理科研究授業 「土地のつくりと変化」
   
 6年生は、「土地のつくりと変化」の研究授業でした。
なかなか近くに地層がみられるところがなく、写真などの画像や映像に頼らざるを得なく
実感としてイメージすることが難しい単元です。
 本時は、「丸いれきや化石が入っている地層は、どのようにしてできたのだろうか。」
という問題に向けての検証実験です。「流れる水のはたらき」により、地層ができたの
だろうという予想のもと、市販されている堆積実験装置を使って実験を行いました。
白い粒(れき)、緑の粒(砂)、オレンジの粒(泥)に見立てた粒を使って行い、地層が
できることが確認できました。
 その結果から、考察に結び付けるときに、子どもたちはとても苦労していました。
堆積実験装置が実際には、「河口から海底につながっている部分」であることや、
「この実験をしたら、どのようになっていくのかという結果の見通しを持たせていない
といけなかったのでは?」 
 また、「問題が漠然としている。もっと本時にかかわる具体的な問題まで掘り下げて
いないといけなかったのでは?」 などの意見も出ました。
  確かに本時は、もう少し地層ができるところにつっこんで、結果の見通しまでやって
おくことが必要だったようです。
 難しいところですが、6年で身につける問題解決能力は「推論」になっています。
●地層には、「丸いれき(川原で見られるような)が入っている」
●地層には、「貝」の化石など、海に住んでいた生物の化石が見られる。
 → だから、川があり「流れる水のはたらき」で「れきや砂・泥」が運ばれて、地層に
  なったのではないか?また、海に住んでいた生物の化石も見られることがあるか
  ら、川や海でできたと思われる。
以上の様な、「予想や仮説」を作りだす思考が →「推論」
 また、以上のことを基に、実験結果から、「いくつからの前提をから結論を導きだす」
ことが →「推論」
 このことを深く掘り下げていて、本時での具体的な地層づくりを検証する実験へとす
すめると良かったように思います。
 なので、児童の実態からすると難しそうですが、以上のような力を付けなければなら
ないと思います。となると、近隣で見られる地層があれば、具体的な観察活動をさせる
とか、現地にいけなくても近くで見られる地層の写真やそこで採集した「れき」などを準
備するなど、子どもが実感してイメージできる工夫がいるのでしょうね。
 … 提案性のある授業でした。                       

10:01 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

稲田小安心メールへの登録

  PTA活動や学校からのお知らせなどで、
安心メールで送信することがあります。
登録をお願いします。
登録については、下記のファイルをクリック
してください。
 稲田小安心メール登録の仕方.pdf
 

非常変災時の対応について

豪雨・台風・積雪等対応について
1 通学が危険と予想される場合
  臨時休校または登校を遅らせる等の連絡
 
前日または当日の午前6時30分までに
 (連絡方法)
  ①安心メール
   
 (登録されていない方には、直接連絡します。)
  ②防災無線(山鹿市全体で判断した時)

2 下校が危険と予想される場合
  児童を学校に待機させます
                 
(安全確保を優先)
 (連絡方法)
  ①安心メール
    (登録されていない方には、直接連絡します。) 

※学校から連絡が入りそうな時には、
 安心メール等にご注意ください。

 

フォトアルバム:写真をクリック後、スライドショーをクリック

新規フォトアルバム

作成されているアルバムがありません。